fc2ブログ

チワワドラのテレビドラマ愛好世界

オハコンバンチワ~「おはよう~こんにちわ~こんばんわ~おやすなさい~」のチワワドラがドラマや映画の明るい未来のため、愛好世界の精神で盛り立てる「新世界ブログ」

今だから「怪談モノ」に親しむ。何度でも見れる深き味わい。

怪談ものの味わい。


去年から1972年製作の怪談モノドラマを見ています。
今前でも怪談モノのドラマシリーズいくつか見ています。

たとえば、1971年の「日本怪談劇場」と、この「怪談(1972)」以前も見ています。「恐怖劇場アンバランス」という円谷プロ製作のホラーモノもハイビジョン版で数年前に見ました。「怪談(1972)」は以前では、9話の「新撰組 呪いの血しぶき」という回が一番印象に残ります。創作で新撰組と怪談を絡めた話数で、怪談映画の巨匠・中川信夫が監督を担当しまさに名作の回です。終盤のどうしようもなさが今でも覚えています。1960年代ドラマではトップクラスの活躍をした大瀬康一がストーリーテラーを勤めています。

今回10年ぶりくらいに観ています。以前見たものをなぜ・・・。なぜかというとハイビジョン版で最近放送されたからです。ブルーレイに録画したモノを観ています。DVDだと画質が悪いですからね。以前は9話と最終回の印象しかありませんでしたが、ドラマってまた見直すと面白いです。内容は、今のドラマでは作り出せない域に達っしる回が数話あります。今回は1話と2話ですね。今回1話と2話を見直してみて、以前の記憶が消えていたのがわかり衝撃でした。

1話は天知茂で四谷怪談、2話は高田美和で牡丹燈籠。1話は天知茂の空気感を軸の形成された内容。脇役の名優・殿山泰司がすばらしい機能を果たしていました。2話は田村亮がどちらかといえば主役で進行していくのですが味わいはなく、高田美和へ寄りで、内容の空気感を形成しています。2話の脚本は映画監督の冬島泰三(松竹や大映などで長谷川一夫(林長二郎時代もあり)高田浩吉、尾上菊太郎など、大スター主演の映画や脚本を手がけた名監督に近い方です)


田村亮に田村正和と阪妻感じちゃいました。(阪東妻三郎)声がところどころ田村正和のようで阪妻の面影も感じつつ、田村高広にも似てるような不思議な感覚。
DVDはわかりやすくするためか、怪談シリーズ扱いされています。ちなみにDVDはハイビジョン版ではありません

怪談というのはホラーよりも好きです。ホラーはエンタメだからです。視聴者を驚かせるを主に作られてるのがホラー。仕掛けや一時的衝撃など、怪談はというと、幽霊や人間の基にある精神的部分に踏み込み、不透明な美学を追求する明確にしすぎず考えさせ、なおかつ満足させ、さらに時代に左右されない普遍的である。。世界に誇る作品群が怪談だと思います。ホラーで満足してる人は、失礼ながらお子ちゃまなわけです。

高田美和がすばらしいです。芝居の気持ちの入れ具合や感情の投入指し加減、なおかつ姿が定着する。今の女優では無理なレベルです。ドラマでは久々に感動しちゃいました。とあるドラマの杉村春子以来です。今の女優とは数段レベルが違います。

2話は恨みで主人公を殺す内容ではない。生前に恋焦がれた男に会う寸前に辱めを受け命を自ら落としたお露に悲恋を描く。主人公は死んでしまいます。もう未来永劫世に生まれ変わることができないせつなさを伝えられ幽霊だとわかり、拒んだ気持ちも薄くなり、仕舞には共にお盆の最後の日に互いにあちらへ旅立つのです。
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  
関連記事
スポンサーサイト



[ 2014/03/29 21:46 ] レアドラマ探検隊 | TB(0) | CM(1)

日本のテレビドラマを”ナンバーワン”で背負った大俳優の死。

衝撃です。日本のテレビドラマの歴史において、視聴率などの数字においても印象においても、

かなり大きい・・いや、テレビドラマの歴史上、ナンバーワンとも言える候補の俳優さんが亡くなりました。
その人の名前は宇津井健!!・・頭がからっぽになるとはまさに、

こういうことをいうんですね。

あの人はドラにも数多くの感動や衝撃を教えてくれた人です。数多くの作品の記憶が蘇り頭を苦しめます。
数多くの名作に、大ヒット作。

徐々に落ち着いたら痕跡や実積をドラなりな視点で書いていきたいと思います。もちろん映画時代から活躍はしていたのですが、映画スターとしては、数いる中のただ一人。

しかしドラマへと出演し始め60年中盤から70年代、80年代前半において、特に現代劇においてはこの人は石立鉄男と共にナンバーワンだと思う部分が多くあります。

本当のドラマファンならわかると思いますが、宇津井健。この人はほんとにすごい人でした。心からのご冥福願います!今も心で号泣中です。


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  
関連記事
[ 2014/03/14 23:25 ] ドラマ自体 | TB(0) | CM(0)

テレビドラマを形成した”二人の父親”に迫る①初期のドラマと映画

テレビドラマを形成した”二人の父親”に迫る。と題してたまにやっていこうと思います。


2012のドラマランキングなるものをちょくちょく書いていますが、簡単に済ますのが苦手です。なのでじっくり時間かけながらになります。たまにしか更新で来ていないのもつらい。だからしばらくお休みしていたんですが、映画の方でドラマのこと書くのも良くないですよね。ドラこと映画愛子の映画ブログです⇒映画道を極める一直線女子

歴代レベルでドラマを見る。これは大事なことです。今の作品だけ見てもドラマは理解できないからです。ドラマと映画というのは兄弟のようなものかもしれません・いえ、親戚でしょうか!そう思われます。血のつながりがある媒体であると自負しています。だからドラマのことを書くと映画のことに触れるのは必然と言えば必然です。

昔からドラマが当たると映画も作られてきました。でも、なんでも作られたわけでもないです。たとえば例を出しますと、1962年からの「穏密剣士」というドラマが大ヒット。これは一言で書くと江戸時代に忍者要素のある敵と戦う秘密の命を受けた剣士の話で、あくまで敵側が忍者なのです。全10部で128話以上作られました。1964年に「穏密剣士」「続・隠密剣士」 は東映で映画化されました。CSで放送されたこともありDVDに録画してあります。月光仮面も大ヒットしましたが「穏密剣士」よりも少し前です。「穏密剣士」よりも前の1858年からテレビ放映された「月光仮面」も大村文武主演で、映画版「月光仮面」シリーズが(1958~1959年)計6作に渡り製作させています。同じく東映です。

船床定男という監督がいてこの人が「月光仮面」「怪傑ハリマオ」そして「穏密剣士」などの1960年代を代表する大ヒット作のメイン監督を勤めていました。3本とも30分ドラマです。3本に主演した人物は大瀬康一です。テレビドラマ大スターを生み出しました。どちらかといえば子供向けドラマですが、大人が見ても面白いです。純粋な面白さの探求をしてるんです。今のドラマのような変なかっこうつけや変なエンタメもない、テレビ局や事務所やタレントにこびたつくりもしていない。

少し前に製作会社の産みの親だった宣弘社プロダクションの西村俊一やプロデューサーや社長だった小林利雄も亡くなったようです。船床定男という人は映画監督ではない人でした。初期のテレビ時代劇ドラマは特に多くが映画の巨匠監督が担当していたのです。特にTBSは映画に関係がないドラマ演出家が黎明期活躍していた例外は強くあります。

CSチャンネルのファミリー劇場で穏密剣士のHDマスター版がここ数年、今も放送されています。これも映画化されています。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  
関連記事
[ 2014/03/10 23:12 ] レアドラマ探検隊 | TB(0) | CM(0)
AD
チワワドラのタグクラウド

チワワドラの過去ログ +
ドラのすべてを↓でご覧ください

2024年 03月 【1件】
2024年 02月 【1件】
2024年 01月 【1件】
2023年 12月 【1件】
2023年 11月 【1件】
2023年 10月 【1件】
2023年 09月 【1件】
2023年 08月 【1件】
2023年 07月 【1件】
2023年 06月 【1件】
2023年 05月 【1件】
2023年 04月 【1件】
2023年 03月 【1件】
2023年 02月 【1件】
2023年 01月 【1件】
2022年 12月 【1件】
2022年 11月 【1件】
2022年 10月 【1件】
2022年 09月 【1件】
2022年 08月 【1件】
2022年 07月 【1件】
2022年 06月 【1件】
2022年 05月 【1件】
2022年 04月 【1件】
2022年 03月 【1件】
2022年 02月 【1件】
2022年 01月 【1件】
2021年 12月 【1件】
2021年 11月 【1件】
2021年 10月 【1件】
2021年 09月 【1件】
2021年 08月 【1件】
2021年 07月 【1件】
2021年 06月 【1件】
2021年 05月 【1件】
2021年 04月 【1件】
2021年 03月 【1件】
2021年 02月 【1件】
2021年 01月 【1件】
2020年 12月 【1件】
2020年 11月 【1件】
2020年 10月 【1件】
2020年 09月 【1件】
2020年 08月 【1件】
2020年 07月 【1件】
2020年 06月 【1件】
2020年 05月 【1件】
2020年 04月 【1件】
2020年 03月 【1件】
2020年 02月 【1件】
2020年 01月 【1件】
2019年 12月 【1件】
2019年 11月 【1件】
2019年 10月 【1件】
2019年 09月 【1件】
2019年 08月 【1件】
2019年 07月 【1件】
2019年 06月 【1件】
2019年 05月 【1件】
2019年 04月 【1件】
2019年 03月 【1件】
2019年 02月 【1件】
2019年 01月 【1件】
2018年 12月 【1件】
2018年 11月 【1件】
2018年 10月 【1件】
2018年 09月 【1件】
2018年 08月 【1件】
2018年 07月 【1件】
2018年 06月 【1件】
2018年 05月 【1件】
2018年 04月 【1件】
2018年 03月 【1件】
2018年 02月 【1件】
2018年 01月 【1件】
2017年 12月 【1件】
2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【1件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【1件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【4件】
2012年 02月 【1件】
2011年 12月 【7件】
2011年 11月 【29件】
2011年 10月 【32件】
2011年 09月 【32件】
2011年 08月 【32件】
2011年 07月 【32件】
2011年 06月 【27件】

チワワドラ最近記事
AD
チワワドラ生き様(全記事)
「七剣聖」 映画・テレビドラマ・芸能史に輝く世界の金字塔 世界1位の日本を誇れ

  • 世の中に多様な映像スター(主演俳優)の概念を定着させ、映画だけではなくテレビドラマ、時代劇映画、時代劇のテレビドラマ、映像芸能の世界に大きな足跡と幅広い影響を与え続ける世界の金字塔


  • 7名の総主演映画数は最低でも1600作、総出演数は2400作に上り、これは世界歴代に前人未到の功績


  • 片岡千恵蔵 市川右太衛門 長谷川一夫 嵐寛寿郎 阪東妻三郎 大河内傳次郎 月形龍之介を歴代トップ7と称して『七剣聖』と呼ぶ(左から主演数順)

  • 七剣聖のほかに、片岡千恵蔵 市川右太衛門 長谷川一夫 嵐寛寿郎 阪東妻三郎 大河内傳次郎を『時代劇六大スター』(時代劇形成の戦前1920年代後半から1940年代かけてトップ6の意味と大きな活躍、その黄金期から戦後にかけて)と呼ぶこともあり
  •  
  • 特に観客動員1の東映は片岡千恵蔵と市川右太衛門のトップ、長谷川一夫は大映のトップとして戦後の映画黄金期(特に7年連続観客動員8億人の1955~1961)のいわゆる”黄金の7年”に多大な貢献と功績をもたらす、膨大な後輩たちやテレビドラマに大きく影響

  • これらは未来や海外に伝えるべき重要な事実

  • AD 生き生き旅立ち
    日本のために「ゲンジツ」知ろーよ(# ゚Д゚)
      【ゆっくり解説】韓国韓流映画、人気なさ過ぎて観客数水増しして大量書類送検

    <ブラボーコメント>

    ・そもそもK国やC国が出す数字なんて、信じる人いるの?

    >騙される数パーセントの韓国馬鹿信者がいる。ほんとコロっと騙されるのだ。韓国はマスコミとグルになり「頭の悪い若い女性や若年層」を狙い打ちしている捏造オンパレードの罠。韓国関連に日本経済のためにぜったいお金を流すな!!自分で自分たちの首を絞めるな!

     

    韓国、BTSのビルボードチャート不正対策でやらかしばれる【ゆっくり解説】

       

    <ブラボーコメント>

    ・複数買いを除外できるビルボードの技術力すげえな

    ・流石に正式な数を掴もうとする世界のビルボードは流石ですね。民放のカウントダウン番組、日本のオリコンとかは普通に複数買いを認めたりしてますよね。昔のラジオ番組とかは、ハガキ1000枚送れば1000ptにされていて、10週連続とかもありえたもんだけどな~。そういう身内のノリでヌルいことは許さんの精神、流石ですわ。

    ・何であんなのが売れてるのかサッパリわからなかったけど納得しましたわ

    ・日本の場合はKに乗っ取られたメディアが買ってるんでしょう 一定のファンはいるでしょうけどコラボ商品が捨て値で投げ売りされてても残ってるんだから人気はないと思う

      【朗報】韓流がごり押しされていたNetflix、ランキング仕様変更した結果韓国ドラマが完全消滅【ゆっくり解説】

    <ブラボーコメント>

    ・やっと対策したのか。ずーーーっと前から言われてて韓国ドラマとか韓国映画とかがTOP10で表示されるから邪魔だったし不愉快だったからもうネトフリ解約しちゃったんだよね。

      【海外の反応】韓国「不正だらけ…」Netflixが韓流ゴリ押しを禁止にした結果➜韓国全ランク外!日本アニメが上位を独占www 韓流ブー

    <ブラボーコメント>

    ・稚拙なごり押しを許している日本のTVメディアがもっと情けない。

      【K-POP再生回数、ねつ造】韓国音楽協会が声明!「不正行為が常態化」米ビルボードも集計基準変更。K-POPの不正を牽制。   【韓流の嘘】AppleMusicの統計でもK-POPよりJ-POPのほうが人気があることが判明してしまう【ゆっくり解説】

    <ブラボーコメント>

    ・それでもK-POPをゴリ押しをする紅白歌合戦とレコード大賞

     
    (TДT)―サ・イ・ナ・ラ・中国―(TДT) 定期更新
     

    2024.4追加 

    【ゆっくり解説】中国政府の隠蔽に人民大激怒!とんでもない量の放射能検出で2000万人以上が犠牲になるも一切報道しないワケ。

    >テレビマズゴミたちが無視する有能動画です。他国の侵略、放射能被害者たちの隠蔽、歴史や現在の捏造、大ウソ、威圧、数字の改ざん、支那(シナ)という大きな赤ん坊の現実の一端、日本政府はただちに中華系食品類や中華系アプリをすべて停止させよ。大人以上に日本を担う子供たちの未来が危険だ。

    <ブラボーコメント>

    ・マスコミは ここの報道しないし 黄沙の放射能汚染レベルも 追求もしない 最低な対応

    >マスコミ=マズゴミ、まず~いごみです

       

    ・C国からの食料品輸入、マジで止めて欲しい 自炊なら避けられるが、外食だと素材や調味料の原産地分からん

    ・これが黄砂で日本に飛んでくるの、ほんと勘弁してくれって思う

    ・世界一、がん患者の割合が多いのが中国であることは周知の事実ですが、更に増えるかも…

       

    2024.4追加 

    【危険アプリ!】もしスマホにこのアプリが入っていたら即削除!【i phone Android 共に紹介】

    上記の動画の14:06から「TikTokも同様に危険!」のパートです

    >中国系(=韓国系)のアプリは全て削除しましょう、2024年4月に宣伝が強靭な「Temu」もです。無料でも中国国内の在庫ばかりで処分したいだけのドローンなんざほしくねえよ!当然ながら「原神」、「ブルーアーカイブ」、「勝利の女神:NIKKE」などの中韓ゲームアプリも同様です。仮想敵国の中国や、中国とつながりの強い反日国の韓国に金を流す馬鹿過ぎるファンは困ったものだ

    <ブラボーコメント>

    グット1330越えのブラコメ↓

    ・TikTokも海外じゃストアから削除依頼してますからねぇ、日本じゃ政府が利用してる始末

    ・TVでも「人気のTikTokで…」とか、やたら推してきますよね。

       

    >推す理由は、テレビが韓国系同様に中国系からお金をもらっているからです。2024年3月に「〇貞〇ね!消えろ!カスなど」の男性差別や膨大過ぎる暴言を配信サイトの生放送で話し、さらに炎上の極フェミタレントの「あの」(26歳ってwこいつにちゃんなんて付けるな)が、テレビ東京(中国を常に宣伝の親中過ぎる放送局、2024年4月~6月に中国アニメ「ブルーアーカイブ」も堂々と放送中)の自身の深夜TV番組で何度もTikTokやTikTok LIVEを宣伝しています。2024年4月現在のTikTok LIVEは配信者そのものが超激減中(な~んと、22時台で4人もありました)

       

    ・中華アプリは全部ヤバいで あとLINEを公共機関や政府自治体が使うのはまじ狂ってる

    ・TikTokは死んでもインストールしない。本当はLINEも嫌だけど仕事でも使わなくちゃいけないから入れてる( ; ; )いっそ、中華アプリと朝鮮アプリは法律で禁止して欲しいです。iPhoneもそのうちStore以外からもダウンロード出来るようになるみたいなので気を付けたいですね。

    >まさに皆様正論

          【中国】若者失業率が60%を超えた!?もう隠せない経済崩壊【ゆっくり解説】

    <ブラボーコメント>

    ・仕事探しに、日本に来るな!!

    ・GDPは宛にならないランキングです。経済ランキングなら中国はかなり下の方。ちなハントーは最下位

    >デマだらけのテレビマスコミは10~20と伝えるがそれは嘘だと言われている。専門家によると40以上とされ、現実は40~60の範囲か?

    ・衰退の仕方が、三国志時代前から同じで、全く歴史から学ばない国でww

    ・破滅へ全力疾走😂🎉

      【ミヤネ屋独自】中国の元”スター記者”激白!中国共産党『言論弾圧』の実態 伝えられない不都合な真実「もう中国には戻れない」

    <ブラボーコメント>

    ・中国にもこの様に勇気ある行動、言論を貫く人がいることに、希望を見ました。頑張って下さい。

    >ミヤネ屋で数少ない評価内容、NHKとつながりのあるCCTVに言論統制された男性 果たしてこの人は本当に信じられるのだろうか?

    日本のマスコミが隠す中国の軽く、1京を越す債務?

        中国の債務が「1京3000兆円」という驚愕事実が発覚し、誤魔化してきた経済崩壊が決定的に!【ゆっくり解説】

    <ブラボーコメント>

    ・日本に入国する中国人にはさらに注意が必要。日本の福祉が食い荒らされます。

    ・3年前のコロナ禍で帰国をしました。その頃既に北京でさえ、自給自足をして生活する市民を見てびっくり。川は汚染物質で臭いのにその水で野菜を作り食べていました。もちろん私の工場も立ち行かなくなったので、その前に畳んだのです。考えてみれば、もう5年も前に中国はダメになってたんだね。❤

     

    ・素晴らしく良く纏められた動画だった。自称ではない「神回」。