fc2ブログ

チワワドラのテレビドラマ愛好世界

オハコンバンチワ~「おはよう~こんにちわ~こんばんわ~おやすなさい~」のチワワドラがドラマや映画の明るい未来のため、愛好世界の精神で盛り立てる「新世界ブログ」
カテゴリー  [ レアドラマ探検隊 ]

29つの歴代『紫頭巾』101年 県指定遺跡「重ねた剣が相手の心をみる」 謎数3000の戸賀崎熊太郎を最大名優が語る





29つの歴代『紫頭巾』101年 県指定遺跡「重ねた剣が相手の心をみる」 謎数3000の戸賀崎熊太郎を最大名優が語る





今回の記事は1月25日公開の


生誕101年目の二大千両役者「朝寝ー朝酒ー大好きでー」「右手に怒りを左に愛を」腐ったテレビドラマ界に国民の怒りと不満と爆発させよ!!

生誕101年目の二大千両役者「朝寝ー朝酒ー大好きでー」「右手に怒りを左に愛を」腐ったテレビドラマ界に国民の怒りと不満と爆発させよ!!

の流れや関連の記事です。


これでひとまずは紫頭巾系の完結記事となります。





日本人に魂を刻んだ歴代『紫頭巾』テレビドラマ 民放時代劇で30パーセントお化け番組の奇跡





紫頭巾の映像化の題材は1923年に1本目の映画が公開されて、それがヒットを記録、1982年のテレビドラマに至るまでの映像化の映画40年近く20本近くに及び映画、テレビドラマは視聴率30パーセントの国民的な大ヒットを含む「江戸を斬るシリーズ」を含めると10本ほどが確認できます。


映画史を代表する大スターや名匠が制作に携わってきた事実上の国民的題材はテレビドラマ(テレビ時代劇)へも引き継がれています。


前回の記事
史上稀にみる歴史的降板劇 「石」に隠された「宝」が埋まる「浜」 大河ドラマ「渡」って降り「松」残る 彼女無ければ『ブギウギ』笠置シヅ子はいなかった





歴代『紫頭巾』の映画作品たち





歴代『紫頭巾』の映画作品たち 確認できる19本40年の正規作と派生作

1923 『紫頭巾浮世絵師』 製作=マキノ映画製作所 *当時として大ヒットの名作
 監督=牧野省三、金森万象 原作、脚本=寿々喜多呂九平 出演=市川幡谷、勝川又蔵(3役)
1926 『佐平次捕物帖 新釈紫頭巾 前篇』 製作=マキノプロダクション 
 総監督=マキノ省三、監督=沼田紅緑 原作、脚本=寿々喜多呂九平 出演=市川右太衛門、武井龍三
1926 『佐平次捕物帖 新釈紫頭巾』 後篇 製作=マキノプロダクション 
 総監督=マキノ省三、監督=沼田紅緑 原作、脚本=寿々喜多呂九平 出演=市川右太衛門、武井龍三
1926 『佐平次捕物帳 紫頭巾(総集篇)』   製作=マキノプロダクション *96分尺で国立映画アーカイブ所蔵
 総監督=マキノ省三、監督=沼田紅緑 原作、脚本=寿々喜多呂九平 出演=市川右太衛門、武井龍三
1931 『紫頭巾(1931)』  *原作表記なし、寿々喜多自身が監督
 製作=帝国キネマ 監督、原作、脚本=寿々喜多呂九平 出演=雲井竜之助、望月礼子 

1933 『江戸姿紫頭巾』 製作=宝塚キネマ 
 監督=後藤岱山 原作、脚本=伽羅三平 出演=原駒子、水原洋一
1935 『密使紫頭巾 前篇』 製作=大都映画
 監督=勝見正義、益田晴夫 原作、脚本=桐沢清子 出演=琴糸路、尾上英次郎
1935 『密使紫頭巾 後編』 製作=大都映画*記録はないが、前編があるため、後篇も公開されたと考えられる
 監督=勝見正義、益田晴夫 原作、脚本=桐沢清子 出演=琴糸路、尾上英次郎
1936 『紫頭巾(1936)』 製作=全勝キネマ 
監督=山口哲平、山田兼則 原作、脚本=那智朱次郎 出演=市川松之助 松本栄三郎
1938 『御存じ紫頭巾』 製作=新興キネマ(京都) 
監督=木藤茂 脚本(事実原作も)=原健一郎 出演=羅門光三郎、高山広子
10
1939 『謎の紫頭巾』  製作=大都映画   *駅前シリーズの佐伯幸三の監督
監督=佐伯幸三 原作、脚本=青戸隆幸 出演=松山宗三郎、東竜子
1939 『紫頭巾(1939)』  製作=極東キネマ  *末崎精二の3役
監督=末崎精二 原作、脚本=蒲原十郎(末崎のペンネーム) 出演=中野伝次郎 小浜美代子
1949 『佐平次捕物帖 紫頭巾』 製作=C・A・C、配給=東宝  *国民巨星・阪妻と大河内の唯一の共演作、オールスターキャスト
製作と監督=マキノ正博  脚本=八尋不二 原作=寿々喜多呂九平 出演=阪東妻三郎、大河内傳次郎
1949 『佐平次捕物帖 紫頭巾 解決篇』  製作=C・A・C、配給=東宝 
製作と監督=マキノ正博  脚本=八尋不二 原作=寿々喜多呂九平 出演=阪東妻三郎、大河内傳次郎
1949 『怪傑紫頭巾 総集版』  製作=C・A・C、配給=東宝  *佐平次捕物帖 紫頭巾とその解決篇の総集編
製作と監督=マキノ正博 脚本=八尋不二  原作=寿々喜多呂九平 出演=阪東妻三郎、大河内傳次郎
15
1957 『姫君剣法 謎の紫頭巾』 製作=新東宝 
監督=毛利正樹 脚本=岸松雄 原案=浜田裕輔 出演=宇治みさ子、若山富三郎
1957 『謎の紫頭巾 姫君花吹雪』 製作=新東宝  『姫君剣法 謎の紫頭巾』から4カ月後公開の後編
監督=毛利正樹 脚本=岸松雄 原案=浜田裕輔 出演=宇治みさ子、若山富三郎
1958 『紫頭巾(1958)』 東映(京都)  *秀作または名作か、比較的多くの観客を動員、ほぼオールスターキャスト
監督=大西秀明 企画(制作)=玉木潤一郎 脚本=西川清之、高岩肇  原作=寿々喜多呂九平 出演=片岡千恵蔵、大河内傳次郎
1963 『変幻紫頭巾』 東映(京都)  *秀作、名作か 豪華キャスト 巨匠・加藤泰による千恵蔵、大友の先輩後輩主要の独自解釈を実現
監督=工藤栄一 脚本=加藤泰  原作=寿々喜多呂九平 出演=大友柳太朗片岡千恵蔵
19

*出演は上位2選のみ







歴代『紫頭巾』のテレビドラマたち







<歴代『紫頭巾』のテレビドラマ 確認できるもののみ>

『紫頭巾』 1954~1958年の間、制作な年数不明 出演=尾上鯉三郎 放映=TBS系「KR」とあるため 尾上は紫頭巾なのか不明 あいまいなデータだが映像化の記録があるため記載 分数不明
『紫頭巾(1961)』 1961年 全15回 30分枠 出演=夏目俊二   制作=宝塚映画 放映=フジテレビ系
『紫頭巾(1972)』 1972年 全26回  出演=浜畑賢吉、新藤恵美、和田浩治 制作=松竹 放映=東京12チャンネル(現テレビ東京系)
『江戸を斬るII』 1975~76年 全28回 出演=西郷輝彦、松坂慶子、春川ますみなど 松坂の紫頭巾は全話 視聴率は好評 製作=C・A・L、放映=TBS系 
『江戸を斬るIII』 1977年  全26回 出演=西郷輝彦、松坂慶子、松山英太郎など  松坂の紫頭巾は全話 視聴率は好評 製作=C・A・L、放映=TBS系

『江戸を斬るIV』 1979年 全26回 出演=西郷輝彦、松坂慶子、ジュディ・オングなど 平均視聴率25.0%、最高視聴率36.7%の大ヒット 製作=C・A・L、放映=TBS系
『江戸を斬るV』 1980年 全26回 出演=西郷輝彦、松坂慶子、松山英太郎など 松坂の紫頭巾は全体的に出演 出演= 平均視聴率23.7%、最高視聴率31.6%の大ヒット 製作=C・A・L、放映=TBS系
『江戸を斬るVI』 1981年 全28回 西郷輝彦、松坂慶子、由美かおるなど 松坂の紫頭巾は半分以下 視聴率は好評 製作=C・A・L、放映=TBS系 
『紫頭巾 黄金の秘密』 1982年 時代劇スペシャル枠 監督=山下耕作、主演=高橋英樹 製作=東映、フジテレビ 放映=フジテレビ系
『紫頭巾 京洛の大粛清』 1982年 時代劇スペシャル枠 監督=工藤栄一、主演=高橋英樹 製作=東映、フジテレビ 放映=フジテレビ系
10




これだけ長年の膨大な本編や関連のある紫頭巾の作品群が製作されてきた事実があります。


高橋英樹主演の『紫頭巾 黄金の秘密』、『紫頭巾 京洛の大粛清』、は2024年の時代劇専門チャンネルでも再放送されています。時代劇専門チャンネルがフジテレビのCSチャンネルであるためか、チャンネル開設以来何度も何度も再放送されています。今後も再放送されるものと考えられます。

気になる方はご覧ください。フジテレビ系の時代劇スペシャルの制約された90分ほどの尺(番組枠は120分)で映像化されています。最近も見直しましたが、高橋英樹がテレビドラマの最大の代表作の『桃太郎侍』後の時期に主演した作品のため、かなり明るめのタッチで描かれている紫頭巾の中の人物のように思えます。

テレビであるため、映画以上にわかりやすい娯楽要素と明朗要素、軽みの強い時代劇です。ですが、東映の千恵蔵の1958『紫頭巾(1958)』(オールスターキャストやこの題材最大の製作費)や大友柳太朗の1963『変幻紫頭巾』(豪華キャストや名匠)の2本の映画ほど、思考を凝らした要素や複数の名場面、映像のこだわり、重厚感、俳優の豪華さは感じられません。



高橋英樹 紫頭巾 黄金の秘密 紫頭巾 京洛の大粛清 桃太郎侍 紫頭巾(1958) 大友柳太朗 変幻紫頭巾






千恵蔵の戸賀崎熊太郎VS大友の紫頭巾「重ねた剣で心をみる」 日本歴代上位の大映画音楽家の鈴木静一の前に大敗のテレビが大大好きな坂本龍一






ここからは映画の話側になってしまいますが、テレビ版とも関連があるため、展開します。

主演110本を越す時代劇映画の大スター大友柳太朗(歴代最多記録は何もなし)は、1962『変幻紫頭巾』で紫頭巾を演じています。名匠工藤栄一監督、巨匠の加藤泰が脚本、名匠と巨匠コンビ、


【中古】 大殺陣/里見浩太郎,平幹二朗,山本麟一,工藤栄一(監督),鈴木静一(音楽)

工藤栄一監督、里見浩太朗の映画時代上位の代表的な主演映画です。



工藤栄一 加藤泰



準主役の戸賀崎熊太郎役の片岡千恵蔵(断片含む主演390本越えの長編系歴代最多、オールスター主演80本越えの歴代最多記録、主演の二桁名コンビ9名の歴代最多(現存版含むと11名の歴代最多)など、数多くの歴代1位記録)の名演も印象に残る名作(秀作とも)です。個人的にこの映画をかなり評価しています。

娯楽時代劇ですが、ただの粛清の紫頭巾に収まらず、ある種の反社の美学や紫頭巾の戸賀崎の男の友情を描いています。独特な場面の切り取りや静と動のメリハリ、構成、空白場面の上手さのセンスの良さは、加藤泰の脚本だから可能でしょうか

工藤栄一と加藤泰という食い違う個性が上手にぶりかりあった映画のように感じますし、ベテランの大撮影者の三木滋人と当時若手の工藤栄一の意外に良い。


片岡千恵蔵 三木滋人


特に千恵蔵の戸賀崎と大友の紫頭巾の一対一の個性や互いの異なる立場のぶつかり合う間合いと重ねた剣で相手の心をみる場面や、下手人が日本橋にくくり付けられる場面、ラストの千恵蔵の戸賀崎ら一行から始まる、明朗さと日本映画を代表する大映画音楽家の鈴木静一の曲が嚙み合い、江戸を離れる紫頭巾や広がる景色やその色彩の見事さも印象に残ります。




坂本龍一(映画音楽の代表作はたった4本(著名の歴代最下位級)の著名の歴代下位)が足元以下の膨大な代表作数を誇る日本映画史上歴代上位の音楽家の鈴木静一(代表作軽く50本越え、著名の歴代上位)、NHKなどの左翼メディアが坂本の一周忌で「この人はすごいんだー」とありえない実積の大誇張を繰り返していた。

また少数のポリコレハリウッドの偶然の「外国の賞」受賞の坂本をいまだに大誇張、政治的な左翼活動家の坂本の問題点さえほぼ無視、偽善の良い部分を繰り返す。こうした左系のほぼ=グローバリストたちを優遇と誇張し続け、偏った遠回しの反日や全体主義(共産主義化)を繰り返しています。




鈴木静一 坂本龍一




神道無念流草創期の功労者。免許皆伝 幕末剣術三大流派の一つ神道無念流を全国規模に広め、ピーク時の門弟は3000人を越した県指定の遺跡







戸賀崎熊太郎(戸賀崎暉芳 とがさきてるよし)は、神道無念(しんとうむねん)流草創期の功労者。免許皆伝 幕末剣術三大流派の一つ神道無念流を全国規模に広め、ピーク時の門弟は3000人(記事タイトルの”謎数3000”は門弟数のことでした)を越したともいわれています。宮本武蔵を映画で27年間演じた千恵蔵だからこそ出せる、味がある役柄となっています。

戸賀崎熊太郎 戸賀崎暉芳 神道無念 免許皆伝 幕末剣術三大流派



戸賀崎暉芳



【剣道】神道無念流!稽古始めの早朝稽古へ!戸賀崎道場惠文館①



リンク 埼玉県久喜市にある「惠文館」戸賀崎熊太郎(戸賀崎暉芳)の元の道場の流れを組む剣道の道場です。
神道無念流戸賀崎練武道場 惠文館

久喜市 惠文館



<引用>

神道無念流戸賀崎練武道場「惠文館」は、神道無念流宗家 戸賀崎 熊太郎知道軒暉芳から数えて8代目の当主 故戸賀崎 正道が、復興再興した練武道場です。



戸賀崎熊太郎から数えて、8代目の戸賀崎正道が復興再興したとあります。

戸賀崎熊太郎 コトバリンク
https://kotobank.jp/word/%E6%88%B8%E8%B3%80%E5%B4%8E%E7%86%8A%E5%A4%AA%E9%83%8E-1568576


リンク 県指定の遺跡となっています、それだけ戸賀崎熊太郎の功績は絶大なものだという証拠の一つです。
県指定 神道無念流戸賀崎氏練武遺跡

<引用>

神道無念流は、下野(栃木県)の福井兵右衛門嘉平がその流祖ですが、明和元(1764)年、戸賀崎熊太郎暉芳(知道軒)が嘉平より免許皆伝を許され、戸賀崎家が宗家となり、安永7(1778)年江戸裏二番町に道場を開くと、門弟3,000人を数えるほど栄えました。中でも岡田十松(羽生市)、大川平兵衛(坂戸市)、斉藤弥九郎(富山県氷見市)など名剣士の出現により、天下にその名を広めました。

 戸賀崎家は、新田義貞から9世戸賀崎蔵人三郎が武州戸賀崎(久喜市菖蒲町)に居城していましたが、後に戸賀崎隼人義氏が天正年間(1573~1593)に当地に来て農民となり、義氏から8代目が初代熊太郎暉芳であると伝えられます。2代胤芳(有道軒)、3代芳栄(喜道軒)、4代芳武(尚道軒)と続き、5代保之進(好道軒)の時に道場が廃されました。

 旧跡には、「福翁府君神道之碑」(流祖福井翁)「知道軒戸賀崎先生衣□(注記)之蔵」(初代、2代)「戸賀崎先生碑」(3代~5代)「戸賀崎氏練武遺跡」が建ち並んでいます。



福井兵右衛門嘉平 岡田十松 大川平兵衛 斉藤弥九郎 新田義貞




日本の古武道 神道無念流剣術 [ 佐伯宗一郎 ]

日本の古武道 神道無念流剣術はDVDです。

片岡千恵蔵が演じた神道無念流の凄腕の使い手の戸賀崎熊太郎、その剣術に迫る有意義な内容です。




紫頭巾の生誕100周年を越えた2024年の101年目、そこには紫頭巾だけではなく、戸賀崎熊太郎の存在も貢献していました。







早めに再起動 菊池寛映画出演のアノ歴代大女優がイマ伝えたい?日本の芸能、芸と能、低能や未満のドルタレの遊びは?
菊池寛無名監督の「溝口映画に予期せぬ挑戦」 国民よ山田センセから再起動せよ「ドルタレの奴ら芸能でさえねーんだ!」








にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : 紫頭巾, 戸賀崎熊太郎, 高橋英樹, 工藤栄一, 加藤泰, 坂本龍一, 鈴木静一, 神道無念流, 大友柳太朗, 片岡千恵蔵,

スポンサーサイト



[ 2024/04/25 19:19 ] レアドラマ探検隊 | TB(0) | CM(8)

史上稀にみる歴史的降板劇 「石」に隠された「宝」が埋まる「浜」 大河ドラマ「渡」って降り「松」残る 彼女無ければ『ブギウギ』笠置シヅ子はいなかった




史上稀にみる歴史的降板劇 「石」に隠された「宝」が埋まる「浜」 大河ドラマ「渡」って降り「松」残る 彼女無ければ『ブギウギ』笠置シヅ子はいなかった






決まりきることは時にはいいが、時に意外性が欲しくなる。

テレビドラマ配信ドラマも同じ要素があるのかもしれない




サイコロの目のような脱線、丁半の世界があっても、


〇〇しい〇!!


〇の中は何が当てはまるのか!




前回記事
スポーツど根性教師顔だった紫頭顔の裏に3大女優の「大江顔」と宝が運んだ「探偵顔」を隠し持つ男





『新平四郎危機一発』は宝田明の怪我による降板により、浜畑が代役に主演として起用された探偵物のテレビドラマです。CS放送で視聴しています。



1967~1968年の『平四郎危機一発』(全26話)の続編として、『新平四郎危機一発』(全25話)が制作されていますが、珍しいことにこの平四郎物ドラマは2度の降板が行われ、九条平四郎を3名が演じています。歴代の続編含む2本のドラマシリーズの中で、3名が同じ主人公を演じる珍事が実現しました。






平四郎俳優を襲う厳しい現実 豪華で費用のかかる映画関係者中心の監督布陣から、地味めで低予算のテレビ関係者中心の演出家布陣へ受け流した布陣






『平四郎危機一発』(全26話)と続編『新平四郎危機一発』(全25話)が平四郎物ドラマは2度の降板が行われ、3名が九条平四郎、つまり同一の主人公を演じ、テレビドラマの歴史の中でも珍しい例です。

一つ例を挙げますと1974年の『勝海舟 (NHK大河ドラマ)』の渡哲也(1~9話)から松方弘樹(10~52話)へ、主演の勝麟太郎(勝海舟)が鋼板による変更された有名な降板事件があるように、1度の降板は多数あります。原作は映画化100本越えの超大作家の子母澤寛です。


平四郎危機一発 新平四郎危機一発 勝海舟 (NHK大河ドラマ)

渡哲也 松方弘樹 勝麟太郎 子母澤寛



大河ドラマ 勝海舟 1974 OPテーマ曲

総集編の前編のオープニング 音楽家の富田勲らしい曲 動画内の40秒付近、渡→松方の交代も確認できます。脇役含め名優30名ほど、前編の2クールの膨大な話数の合計でありながら、1950年代中盤から1960年代前半の東映時代劇映画最盛期の1本のみのオールスター物より、NNK大河ドラマでありながら名優数が少ないことも確認できます。日本映画の最盛期はいかに名優が多く活動していたのか、そしてテレビに減少したのか、この部分も感じさせます。


富田勲



平四郎物の2度の降板(続編を含んだとしても)は非常に珍しい(続編の1話から同名の役柄で別の俳優の降板は含みません)


九条平四郎=石坂浩二 『平四郎危機一発』の1話から8話まで 計8話

九条平四郎=宝田明 『平四郎危機一発』の9話から『新平四郎危機一発』の14話(降板)まで 18話+14話の計32話

九条平四郎=浜畑賢吉 『新平四郎危機一発』の15話から25話(最終)まで 計11話



本記事タイトルの「石」に隠された「宝」が埋まる「浜」とはこの降板劇から連想された言葉です。


九条平四郎 石坂浩二 宝田明 浜畑賢吉



平四郎危機一発|Äventyr |宝石イケメン



平成以降の石坂浩二のイメージに反して、若手だったこともありますが、
動く動く動く、のちの演じる自身最大の当たり役の金田一耕助とは異なる個性を放っています。
分かりやすくは、外国的(洋風)な平四郎と、日本的(和風)な金田一の違いのように思えます。


金田一耕助





ひばり舞う「三人娘物」4本巨匠 『平四郎危機一発』の4人の映画監督の結構豪華な布陣






1作目の『平四郎危機一発』は東宝の制作陣が全体を占め、監督は東宝の映画最盛期の名匠の鈴木英夫(計7話)と同社のヒットメーカーの杉江敏男(計5話)が中心となり、26話中11話を2名で担当、新東宝や松竹で活動の内川清一郎は1話から3話(計3話)を担当、日活の名匠の中平康は8話のみの事実上のゲスト監督として参加しています。




『平四郎危機一発』の4人の映画監督

鈴木英夫=名匠に近い監督か名匠 『その場所に女ありて』、『黒い画集 第二話 寒流』、『悪の階段』など、再評価が有名だが、明確な代表作が少ないことが問題点

杉江敏男=名匠&ヒットメーカー、または巨匠 1950年代中盤から東宝の最盛期を支えた監督の一人 『ジャンケン娘』、別題『ひばり チエミ いづみの ジャンケン娘』が1955年の年間3位の大ヒットを含む美空ひばりなどの4本の「三人娘物」、6本の「お姐ちゃんシリーズ」、1本目の『大学の若大将』含む2本の「若大将シリーズ」、「社長シリーズ」の4本などがヒット、主な代表作は20本越え、事実上の巨匠といえるでしょうし、東宝の東映に次ぐ2位の躍進など、日本映画最盛期に比較的上位の観客動員を記録した大監督です。

内川清一郎=名匠とは言い難いが一定の活躍、新東宝と松竹を中心に監督数で34本越えの評価、明確な代表作なしが問題点

中平康=名匠また巨匠 一時的に日活ヌーベルバーグの牽引監督とも、父の画家の影響なのかプロ意識が非常に強くしばしばトラブル、石原裕次郎の『狂った果実』(デビュー作)、『紅の翼』、『アラブの嵐』、『あいつと私』や加賀まりこの『月曜日のユカ』、遺作の『変奏曲』などが高評価、計5本コンビで石原裕次郎を強く売り出した実積、主な代表作は15本ほど、デビューと遺作が代表作の監督は非常に珍しい 名匠また巨匠としているのは、主な~ではなく、明確な代表作が10本を越していないためです。巨匠とみる捉え方もあるのが現実です。個人的には巨匠ではなく名匠の判断です。



鈴木英夫 杉江敏男 内川清一郎 中平康

その場所に女ありて 黒い画集 第二話 寒流 悪の階段 ジャンケン娘 ひばり チエミ いづみの ジャンケン娘 美空ひばり 三人娘物 お姐ちゃんシリーズ 大学の若大将 若大将シリーズ 社長シリーズ

日活ヌーベルバーグ 石原裕次郎 狂った果実 紅の翼 アラブの嵐 あいつと私 加賀まりこ 月曜日のユカ 変奏曲



杉江敏男が巨匠といえる実積だということをご存じない方も多いかと思います。名前さえご存じない方もいるかもしれません。この杉江敏男の名前を無視しているためです。日本映画には軽く50名を越す巨匠が存在しています。テレビは黒澤明や小津安二郎の名前は何度も出し、未だに偏った誇張と嘘と偽善、事実上の捏造を繰り返しています。これは日本に尽くした日本人を無視している行為ですから、日本人にとって許されない罪です。

黒澤明 小津安二郎



貢献度と代表作の本数から、映画監督としては杉江敏男と中平康は突き抜けていることがわかります。ドラマ5本参加という意味では杉江敏男がもっとも大きいといえます。

内川清一郎は明確な代表作がないといえる監督ですが、本数を撮ることを許された評価があります。新東宝時代の1955年に江戸川乱歩原作の有名題材の『一寸法師』を監督しています。この映画化版は明智小五郎が登場しません。これが代表的と言えるかもしれません。

江戸川乱歩 一寸法師

2作目の『新平四郎危機一発』は、残念ながら監督は地味になってしまいます。

両作を通じた監督として目立つのが、テレビ演出家の吉野安雄、彼は1作目は計4話、2作目は最低でも計6話(最終含む)、全体は最低でも計10話を監督、さらに2作目のみに新東宝を経て30分枠のテレビドラマで活躍の土屋啓之助と長野卓が参加、2作目の『新平四郎危機一発』は映画の名匠たちが消えた布陣だったといえます。当時の1960年代後半から1970年代にかけてのテレビドラマ最盛期に多めにみられた、豪華で費用のかかる映画関係者中心の監督布陣から、地味めで低予算のテレビ関係者中心の演出家布陣へ受け流した布陣だったといえます。

テレビ演出家はテレビ局の社員でしたが、映画監督の特に名匠級は格別な存在、それだけお金がかかるのです。

吉野安雄 土屋啓之助 長野卓




新 平四郎危機一発 コレクターズDVD


47秒付近の「パンツ見えちゃった」的な、奈美悦子のマリリン・モンローのマネ的な演出

奈美悦子が一二三という斬新な役名、現在の日本のテレビドラマと違い当時のテレビドラマ最盛期は実に多彩なテレビドラマがありました。

奈美悦子 マリリン・モンロー

<引用>

2代目平四郎(宝田明)のダンディなルックスとスタントマンなしの派手なアクションシーンが人気となりカラー作品として新たに制作・放送された第2シリーズが待望の初DVD化!

■作品内容
放送期間:1969年10月1日~1970年3月25日 TBS系
普段はフラワーショップやカフェを経営する探偵マニアの九条平四郎は、持ち前の推理力と優れた運動能力を駆使して、恋人のリサと共に数々の事件を解決していく。主人公の九条平四郎役は病気やケガでの途中降板により、前作の「平四郎危機一発」とあわせて主役が3人変わるという異色のアクションドラマ。本作も15話以降は宝田明の怪我により浜畑賢吉にバトンタッチしている。




探偵マニアが事件を追う、ある意味、漫画からアニメ化の「名探偵コナン」とも似ている部分があります。原作の青山剛昌は、多数の先輩の探偵物の影響を自作に取り入れているが、この平四郎物の影響も取り入れているのだろうか?!



名探偵コナン 青山剛昌






『平四郎危機一発』の比較的豪華なゲストたち 戦前派か戦後派か! 現実は知名度先行の佳子よりも実積が大きい高田が格上だ





『平四郎危機一発』のゲストとしては上位5選(出演順)といえるのが、益田喜頓(名喜劇俳優、舞台と映画の活躍)、山形勲(東映時代劇の悪役上位の名優)、三田佳子(東映映画の現代劇のスター女優、テレビでもいくつかの代表作)、大原麗子(テレビドラマ中心に人気を博す)、高田稔(出演当時は芸歴40年近いベテラン)などが出演、

益田喜頓 山形勲 三田佳子 大原麗子 高田稔


この中で誰がもっとも大スターだと思われますか。

三田佳子ではなく、高田稔です。高田稔は三田佳子の合計実積を上回る俳優という事でもあります。


三田佳子は女優や広告含め、1990年代前半頃まで活躍したといえますが、この30年ほど代表作なしの現実は消えません。大河ドラマ2本の主演と、映画数本の主演代表作、ほぼ助演でありながら代表作さえ少ない草笛光子など同様ですが、代表作は少なく芸歴の年数のみが伸びています(日本の現在のベテラン名俳優のほぼ9割がこのパターン、これは日本の俳優の衰退を意味)

草笛光子

高田稔は、戦前の松竹と東宝の大手2社で主演俳優で成功、自分の映画会社高田プロは10本を越す制作に成功、一定の成果を挙げたといえます。出演映画の合計は300本を越します。細かくなるため、互いの代表作に触れませんが、この時点で三田佳子と比べようにない差があるとわかります。

わかりやすくは高倉健の生前は206本を軽く上回ります。高倉と高田は共通のほぼ現代劇俳優です。

主演数は高倉健が130本近く、一方の高田稔は90本越えです。いわゆる名作数は突き抜けて高倉健のほうが多いわけですが、年代の配慮し、先人か後輩か、主演数と出演数、監督、競争力、さらに基本的に先人の功績の上に後輩は存在する現実を含め、比較をするとそれほど大差がないといえます。

高倉健


『新平四郎危機一発』のゲストは1作目以上に全体が地味です。特に女優が弱め、1話がもっとも豪華で、江原真二郎、コント55号、フランキー堺の3スターが出演しました。9話に杉狂児(名喜劇俳優、時代劇と現代劇、舞台、歌などの多彩に成果)、最終回の25話に横内正(「水戸黄門」、「暴れん坊将軍」の主要出演が代表作)、それに山形勲は18話で1作目に続く2度目の出演です。

杉狂児とフランキー堺、芸能人としてはどっちが格上なのか、少なくても先駆者という面から杉狂児だといえます。これは上記の高田稔と高倉健とつながる部分があり、それと戦前派か戦後派の比較でもあります。



この場面でいう戦前派か戦後派
戦前派=戦後も活動していて、戦前にピークがある
戦後派=戦後のみの活動や戦後がピークの活動




江原真二郎 コント55号 

フランキー堺 

杉狂児 横内正 水戸黄門 暴れん坊将軍



平四郎危機一発 コレクターズDVD <デジタルリマスター版> [ 石坂浩二 ]


実写でこれだけ動く、動く、現代にテレビドラマにも見習ってほしい部分がある。合成はあったにしても、しかも今のようにCGのごまかしがない時代の生身が多い良さ、あ、あります!






杉から堺の森へ 稲の中から浩が顔を出す テレビ業界とズブの東宝が森繫を凄って言いたーいの?!マスコミが伝えない先駆者大名優の映画400本出演








杉狂児は、いわゆる多角的に大成功した喜劇系の先駆者といわれています。これは大巨匠稲垣浩(時代劇形成に関与し、戦後の日本映画最盛期に大貢献した監督、数十本の代表作)の「杉狂児は日本の喜劇系の多角的な活躍の先駆者」という趣旨の証言も有名です。

稲垣浩=1920年代後半から1940年代にかけて、歴代上位の大スター片岡千恵蔵との名コンビで、現存含め50本を越す黄金コンビ形成=日本歴代上位の名コンビ、戦前の時代劇の最盛期や明朗時代劇や股旅時代劇の形成に関与、伊藤大輔に次ぐ時代劇形成の一人と、「時代劇四大巨匠」の一人に数えられる。戦後は東宝の時代劇ナンバーワン監督、通算観客動員は日本映画歴代ベスト10級、日本映画最盛期の年俸上位監督。千恵蔵を下回るが、阪東妻三郎や三船敏郎とのコンビでも成功、戦前戦後通じた宮本武蔵物がライフワークとなる。

稲垣浩 片岡千恵蔵 明朗時代劇 股旅時代劇 伊藤大輔 時代劇四大巨匠 阪東妻三郎 三船敏郎 宮本武蔵


フランキー堺や森繫久彌などは杉狂児の系図、流れに存在しているといえます。それと映画の明確なブレイクは、あのエノケンこと3大喜劇人とも称される榎本健一よりも先です。エノケンは映画出演しながら、同時に舞台の活動が強かった人物、杉狂児は映画俳優の活動が非常に強く、この舞台、映画の部分で評価は分かれそうです。映画主演数も近い二人、どちらにしても、先という意味において杉狂児が大きいという事実が残ります。


エノケン 榎本健一


コント55はテレビが強いため、影響のパーセンテージは落ちますが、映像における歴史の影響は受けています。


杉狂児=大喜劇人、映画の大名優、映画400本以上に出演、助演系俳優の日本映画上位の出演数、数十名の巨匠に出演 いわゆる多彩な喜劇人の先駆者であり、森繫久彌やフランキー堺などの路線の大先輩の功績、日本歴代上位10選級の名喜劇人

フランキー堺=日本歴代上位10選級の名喜劇人 映画時代は名匠川島雄三とコンビ形成の成功、テレビドラマは『赤かぶ検事シリーズ』が当たり役の成功


川島雄三 赤かぶ検事シリーズ




国民的な彼女がいなければ連続テレビ小説『ブギウギ』の主人公のモデルの笠置シヅ子もいなかった!!






うちの女房にゃ髭がある / 美ち奴&杉狂児

1936年(昭和11年)の12月公開の同名の日活映画『うちの女房にゃ髭がある』(杉狂児と1930年代の日活現代劇の大スター星玲子主演、監督は千葉泰樹)がヒットし、徐々に1937年(昭和12年)の主題歌も大ヒットを記録、笠原良三が脚本、千葉や笠原は日活を離れた戦後に東宝映画でコンビ含め、個々としてもさらに活躍します。この歌は1930年代当時としては異例の90万枚(現在の200万枚以上に相当か)を記録

*『うちの女房にゃ髭がある』、または別名『ウチの女房にゃ髭がある』
*千葉泰樹=日本映画上位のヒットメーカー、東宝映画最盛期のヒット本数は上位 笠原良三=日本映画上位の名脚本家、東宝映画映画最盛期を代表する娯楽路線の脚本家


うちの女房にゃ髭がある 美ち奴 星玲子 千葉泰樹 笠原良三


1972年(昭和47年)の映像、晩年の大名優&名喜劇人の杉狂児と、芸者歌手として国民的な人気を博した美ち奴(ヒット曲は20つ近くを記録)の姿が視聴できます。美ち奴は無名時代の服部良一とも縁があり、それはのちの笠置シヅ子とのコンビにつながります。美ち奴とのコンビがあってこそ、連続テレビ小説『ブギウギ』(2023.10~2024.3)の主人公のモデルの笠置シヅ子につながったのです。

服部良一 笠置シヅ子 ブギウギ


杉狂児/美ち奴「うちの女房にゃ髭がある cw あゝそれなのに」【受注生産】CD-R (LABEL ON DEMAND)







平四郎から監督、出演俳優の流れの記事でした。

こうしたサイコロの目のような脱線、丁半の世界があっても、

素晴しい哉!!





姉妹ブログの新記事 2024年の第96回アカデミー賞授賞式①
2024年の第96回アカデミー賞授賞式 元TBS女子アナが赤い胸の谷間を4時間50分露出 中島健人とライアン・ゴズリングの「アレ」でドッキング

2024年の第96回アカデミー賞授賞式②
第96回アカデミー賞 日本映画2部門受賞躍進だと「極偏りガオー」のホラを吹くマス共 全肯定の落とし穴 親分と子分の関係強化と日本植民地化の恐怖

2024年の第96回アカデミー賞授賞式③
第96回アカデミー賞 アノ女優たち&元某女子アナの「おっぱいを拝め」三パイ対決 「蘇った名優1対1の対決」彼は伝説の俳優だ! 

勇気を出して「三パイ対決」&写真付き初実現 アカデミー〇っぱいを参拝




にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : 平四郎危機一発, 石坂浩二, 宝田明, 笠置シヅ子, 杉江敏男, 中平康, ブギウギ, 青山剛昌, 美ち奴, 杉狂児,

[ 2024/03/25 18:52 ] レアドラマ探検隊 | TB(0) | CM(6)

スポーツど根性教師顔だった紫頭顔の裏に3大女優の「大江顔」と宝が運んだ「探偵顔」を隠し持つ男





スポーツど根性教師顔だった紫頭顔の裏に3大女優の「大江顔」と宝が運んだ「探偵顔」を隠し持つ男






4つの顔を持つ男


その顔が

スポーツど根性教師顔に留まらず

紫頭顔

さらにその先に

大江顔
探偵顔

であったなら・・・・・

さらにあの新聞掲載の驚愕の赤い超絶コンビ

ドラマ出演俳優たちと絡んだマスコミ隠蔽の”アレの7大事件”にも迫りますし、


今回は久々に刺激と歯ごたえのある展開にご期待ください。




前回記事 
生誕101年目の二大千両役者「朝寝ー朝酒ー大好きでー」「右手に怒りを左に愛を」腐ったテレビドラマ界に国民の怒りと不満と爆発させよ!!





紫頭巾(1972)』というと主演の浜畑賢吉、彼は2023年時点の現在も存命


彼は短い期間ですが、主演でも活動しました。これは一定の活躍といってももしれませんが、大きな成果は上げていないように思えます。明確な大成功が最低でも複数ないと活躍ということは難しいのが現実です。

1つだと1発屋レベルだからです。


紫頭巾(1972)





浜畑賢吉の『紫頭巾(1972)』に至るまで





紫頭巾(1972)』主演の浜畑賢吉は、1960年代後半から1970年代中盤にかけて主演や主要の活動しました。これ以降の中心はゲストや助演(大半が脇役)です。主演や主要の時期の現代劇と時代劇のバランスが取れている比較的珍しい人物です。


浜畑賢吉



浜畑賢吉の『紫頭巾(1972)』に至るまでの主な主要出演のテレビドラマ

1968『進め!青春』 主演 *事実上の自身のトップといえる代表作
1969~1970『新平四郎危機一発』 後半の主演
1971『女人平家』 吉永小百合主演の相手役の大江広元役(男性俳優のトップ)
1972『紫頭巾(1972)』 主演 *役柄や題材としてはもっとも国民的



『紫頭巾(1972)』の紫頭巾は、浜畑が単独主演で演じたもっとも国民的な役柄です。大江広元も歴史的に知られている人物ですが、映像作品の主演として確立しているものではありません。

1923年に初映像化された紫頭巾の題材から、数え49年目の1972年の『紫頭巾(1972)』に主演しています。1972年の時点においても十分に有名題材でした。




新平四郎危機一発』は、主演の宝田明の怪我による降板により、浜畑が15話から代役主演として起用された探偵物のテレビドラマです。「新」とあるように。まさに続編です。CS放送で視聴してますが、いわゆる東宝制作らしく、パクリとまでは言いませんが、外国の風刺的の探偵のアクションドラマ、序盤はモノクロですが、話数が進むとカラーになっています。『新平四郎危機一発』が放送された1969~1970年のテレビドラマは、徐々にモノクロ映像からカラー映像に変わる時期でした。

新平四郎危機一発 宝田明

また、名優宝田明が東宝映画の専属時代から、いわゆる外国風刺の主演作が多い流れを受け継いだ部分のあるドラマです。

宝田が1本目に人間役のトップ出演を果たした記念すべき1本目の『ゴジラ(1954)』は、アメリカの1933年公開『キングコング』の風刺強めの特撮映画としても知られていますし、アメリカ映画において1933年『キングコング』は特撮映画の歴史において大きな意味のある映画です。


ゴジラ(1954) キングコング


『ゴジラ(1954)』は、巨大の怪物キングコングと怪獣ゴジラの違いのみだと違いが弱いため、原爆の負の遺産の日本独自の社会的な風刺の要素を盛り込んでスタート、この一癖が大ヒットやのちの個性となって、2020年以降のシリーズに引き継がれています。ゴジラも特に初期のころは外国要素が強めでした。







強すぎる女たち 時代劇『女人平家』で吉永・田中の新旧スタート共演の大江広元






女人平家』は田中絹代の乳母役の印象が強く、往年の大スターで日本映画初の国民的女優は別格な存在で、その後輩の吉永小百合と新旧スター共演はドラマの上位の個性といえるものでした。

吉永小百合 田中絹代

吉永小百合は、1960年代前半の大ブレイク後、ひたむきに現代を生きる少女を演じた1962『キューポラのある街』などの青春スターや悲恋の現代劇1964『愛と死をみつめて』などの数年間の成功後、1960年代後半から主演の役柄に大苦戦し、テレビドラマにその苦戦の糸口を求めていた時期の1971~1972年に放送された出演作です。


キューポラのある街 愛と死をみつめて

一言でいうとドラマは平清盛の娘たちを軸に展開します。最盛期の大河ドラマの音楽も手掛けた間宮芳生の音楽が優雅、吉永小百合、新藤恵美、藤野節子、三田和代などの姉妹、父の清盛役は佐藤慶ですが、『女人平家』という題名に沿うように、母の時子役は元宝塚の実力派の有馬稲子であるため、全体は強めに描いています。


間宮芳生 新藤恵美 藤野節子 三田和代 佐藤慶

有馬稲子 平清盛


女人平家 コレクターズDVD [ 吉永小百合 ]



その乳母役の田中絹代は、映画ヒロイン数世界歴代上位の150本越えを記録、多くの松竹系の巨匠や名匠で、主演やヒロイン役の軽く10本を超す成功を収めました。特に戦前の映像女優のトップともいえる活躍でした。

時代劇と言いますが、勧善懲悪要素がなく劇調が薄い文芸方向の時代物です。

浜畑としては、吉永小百合の佑子と盛子(2役で姉妹役)との恋愛要素を展開します。


田中絹代、吉永小百合、有馬稲子、新藤恵美、4女優競演、強すぎる女優たち、新藤恵美は映画の実積が弱くテレビのみの成功なので大女優とは言い難いため、3大女優の競演です。


【サライ日本史人物伝】一分でわかる、 大江広元の生涯

1分というのが実に明瞭、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の放送時に大江広元関連の動画がこれも含め大量に作られています。


鎌倉殿の13人






吉永小百合と山田洋次の衝撃のドーンときたァ~まさかの旗振る赤いカップリング







吉永小百合のヒロイン数は80本強ですが、近年は観客動員に苦戦中ながらも、60年を越す映画の主演を継続中、ある程度の人気を維持してこの60年越え、現役の日本の女優では最長と言えます。ですが、とある長年にわたる彼女の裏の顔が非難され続けています。しかもある新展開がありました。


ここに来て
赤いカップリングだ!


日本共産党の「しんぶん赤旗」なんかに載らなきゃいいのに、事実上の共産主義の活動家なんか、女優としてもったいない、

そんなに共産主義が好きなのか、権力者に支配されたいのか、反日本が好きなのか、自由が苦しいのか、そんなに中国やロシアが好きなのか、民主主義が嫌いなのか!おい、アカナガー

だんだんとイメージは酷く悪くなっています。2024年時点も進行中です。


しんぶん赤旗 吉永小百合
リンクのgoogle検索から見てもらうと、2024年1月時点、あらら「しんぶん赤旗」に仲に良い山田洋次とトップに登場
縦文字の「撮りたかった戦争と~」の画像です。

*上記のリンク先は、google検索のみなので安心してください。



日本共産党 しんぶん赤旗






「右手に怒りを左に愛を」恋しや~青春熱唱!スポーツど根性教師だった紫頭顔







進め!青春」の主題歌「進め!青春」歌は浜畑賢吉



浜畑賢吉の『紫頭巾(1972)』の主題歌「右手に怒りを左に愛を」の動画がないため、「進め!青春」の主題歌「進め!青春」です。いわゆる青春ソング、青春ドラマの主題歌です。主題歌とタイトルが同じ、アニメや映画も多数ありましたが、わかりやすくて、ほんと良かったともいえる時代です。



右手に怒りを左に愛を 進め!青春

「進め!青春」は1960年代から1970年代にかけて大量に制作された学園系(生栃と教師もの要素)やスポーツ物ドラマ(スポコン)の1本です。





TV AGE::これが青春だ ~青春ドラマ テーマソング大全 [ (オムニバス) ]




↓の色彩に味わいがあります。

「進め!青春」昭和43年放送

浜畑賢吉と在日系の岡田可愛、当時の若者向けドラマに多数のゴーゴーの場面も登場、これがインパクト大でした。

岡田可愛の2023年はBSの通販番組に出演を確認しています。

可は、朝鮮半島を支配(属国)していた中国の前に国とゆかりがある字、愛は通名の名に多い字、田は他の在日系の文字と重なると一気に怪しくなる姓の文字です。


Weblio辞書
可の意味や日本語訳。ピンインkě ⇒ [異読音] kè1付属形態素 (同意を示し)よい.⇒许可 xǔkě ,认可 rènkě .2助動詞 (…することが)許される,…してよい,(…
‎可以 · ‎可是 · ‎可爱 · ‎可怜



その詳しいリンク
可の意味や日本語訳

岡田可愛の可爱という文字のそのものがあります。


1960年代以前の朝鮮半島系の文化系は、歌手の小畑実がいましたが、岡田可愛は、東宝や日本テレビの1965年『青春とはなんだ』の出演で事実上のブレイクを果たし、その後の東宝青春学園シリーズに連続のレギュラー出演、1969~1970の『サインはV』が主演の代表作、

比較されることのある松坂慶子(映像デビューは1960年代後半の東映のドラマの助演、明確なブレイクは1970年代前半のNHKのドラマ、そう韓国ゴリ押し中の皆様のNHKなのです)よりも先に、明確な朝鮮半島系の俳優(現在の韓国と北朝鮮系)の先陣を切るブレイクを果たしました。

近年の日本テレビの韓国ゴリ押しとつながっていますし、その根っこに彼女の存在があるともいえます。

小畑実 松坂慶子


日本のために生きている在日の方々は否定しません。日本に敵対する在日がダメなのです。もちろんどちらであれ上限数は必要です。



マスコミ隠蔽の在日大事件から学び移民数を極力制限せよ 日本人として吉田元会長へ感謝と敬礼が止まらない。”在日朝鮮人による7大事件”





マスコミはこれら日本を背負う若者や子供たちに伝えるべき危険を完全に無視し、韓国ゴリ押しや移民の必要性を、ドラマやニュースやバラエティなど多くのコンテンツに絡めて宣伝してきます。

反日タレントのアンミカのおばあさま、この現実を直視して良く観なさい。

これは本来、公共放送のNHKがきちんと国民に伝えるべきことです。



【通名と在日特権SP】西岡 力×坂東忠信×大高未貴×ゆんばん(在日韓国人2世)【虎ノ門ニュース特番】

動画17分07秒から、在日朝鮮人の極左団体(韓国や北朝鮮系)が引き起こした大事件を取り上げています。これは日本人や在日の方々も知るべき内容です。

これでもかなり在日の存在を立てて、非常にマイルドに、優しく優しく取り上げています。


番組では、台東会館事件、長崎警察署事件、阪神教育事件などの7つを選出し、
”在日朝鮮人による7大事件”としています。他にも西岡力氏が力説の、特に38分付近からの一般永住者の急増の恐怖など盛りだくさんです。

事実上の移民の一般永住者(パスポートを持ってきた人を国が許可している永住者)が、1998年9万から2023年90万人に増えていることの大きな危険を伝えています。これも法律の改正や制定が求められます。さらに40分35秒から参考データを紹介


台東会館事件 長崎警察署事件 阪神教育事件


一般永住者が1998年9万から2023年90万人に増えていることの大きな危険



この現在の「虎ノ門ニュース」の前身を形成した2023年2月にDHCの退任の吉田元会長
彼が多額のお金を出して継続してきた日本に寄り添ったニュース番組

日本人として吉田元会長へ感謝と敬礼が止まらない。


真相深入り! 虎ノ門ニュース

吉田嘉明 DHC 西岡力 坂東忠信 大高未貴 ゆんばん 在日朝鮮人の極左団体



このような事件を再び起こさないためにも、埼玉県の川口市や蕨市のクルド人がすでに危険ですが、移民の人数や人間として問題がないのかなど、多くの選別が求められます。





フジテレビと東宝のつながりを示す東宝の主要株主 2023年2月時点とフジテレビの主要株主 2023年9月時点







朝鮮半島系の俳優の明確な成功はフジテレビと株式のつながりのある東宝が最初という大きな事実、フジテレビのゴリ押しと岡田可愛が一定で関与している可能性があります。


何故なら最初に在日俳優を成功させた東宝と、その主要株主同士つながるフジテレビ、2000年前半から韓国をゴリ押ししたフジテレビのステルスマーケティング(ステマ)の過去が強固につながりがあり、日本のテレビや映画、エンタメ業界の闇の一部が感じられます。


フジテレビと東宝のつながりを示す一部分

東宝の主要株主 2023年2月時点
フジ・メディア・ホールディングス 2.82% 6位

東宝の主要株主 2023年2月時点

フジテレビの主要株主 2023年9月時点
東宝 7.93% 2位




株式の保有率以上に、東宝とフジ・メディア・ホールディングス(フジテレビ)の持ち合いの6位と2位はかなりの上位だとわかります。東宝の「外国がー」とフジテレビの「外国がー」の路線は在日系優遇や在日系誇張ともつながっています。


ここでいう「外国がー」=日本はダメで外国素晴らしい、日本は外国に従え=事実上の日本の文化を破壊し、貶めるやり方、これは日本に移民を増やす政策ともがあります。「外国がー」と「移民認めろー」がつながっている部分があり、非常に危険があります。

移民政策は日本を内部から破壊しかねない非常に危険な政策、ちなみに世界中の先進国で成功ゼロ。また過去の在日朝鮮人たち数多くの暴動事件(上位7大事件など、マスコミは完全無視)からわからないのだろうか、行うなら日本の国体を維持するため、せめて数を大きく制限する必要があります。例えば年に上限1000人などです。


*日本人を無視し、テレビ局全体がこの「外国がー」路線とも言えますが、明確な一つの要素です。





フジテレビの主要株主 2023年9月時点



東宝 フジ・メディア・ホールディングス






悲しかろう 紫頭巾俳優の東宝青春学園シリーズのワーストインパクト







チワワドラとしては、この「進め!青春」が東宝青春学園シリーズの中でもっともインパクトが弱いドラマです。


これ以前のいわゆる名作の『青春とはなんだ』(シリーズ1作目)、『これが青春だ』(シリーズ2作目)などより、教師が弱めな印象が記憶に残る要素を弱くしているように思えます。最終作『われら青春!』は中村雅俊による主演で主題歌のヒットや劇中曲の印象も強く、この「進め!青春」の記憶を上回っているように思えます。現存全話を視聴した時が本放送、これも今やテレビドラマの魅力です。


東宝青春学園シリーズ 青春とはなんだ これが青春だ われら青春! 中村雅俊


サッカー(正確には高校サッカー)が題材、東宝青春学園シリーズの4作目、夏木陽介の「青春とはなんだ」や竜雷太の「これが青春だ」などと比べると成功とはいいがたい(全11話で終了からもわかる)が、シリーズ初のカラーの意味を残しました。




姉妹ブログ裏側の新記事
ある3つ人生と4つの人生+3人4つの名曲 NHKは千恵蔵の生誕120年を祝っていた? 2023年12月19日の深夜3時台の劇場のアレ



姉妹ブログの新記事の表 菊池寛という国民的大作家が伝える命とは何なのだろうか死後70年以後も消えない影響力 実に深い部分に至ることは?!
「時勢は接吻の彼方に」 菊池寛は映画原作者歴代上位の実り 死後70年以後も多大な影響が続く砲台




にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : 浜畑賢吉, 紫頭巾(1972), 吉永小百合, 進め!青春, 山田洋次, 大江広元, 新平四郎危機一発, 岡田可愛, 女人平家, 田中絹代,

[ 2024/02/25 19:52 ] レアドラマ探検隊 | TB(0) | CM(8)

生誕101年目の二大千両役者「朝寝ー朝酒ー大好きでー」「右手に怒りを左に愛を」腐ったテレビドラマ界に国民の怒りと不満と爆発させよ!!


生誕101年目の二大千両役者「朝寝ー朝酒ー大好きでー」「右手に怒りを左に愛を」腐ったテレビドラマ界に国民の怒りと不満と爆発させよ!!






伝統や文化は国の体制の維持に関わる重要なもの

この伝統と文化を破壊しようとCとKの付く国は日本中で暗躍しています。

個性がないと国の違いや国の境目の価値が薄れていき、

さらなる外国勢力のやりたい放題を許してしまうことにつながります。

あの頭巾の映像文化は日本人が多くの積み重ねてきたもの

生誕101年目に至った大切な題材です。



前回記事
日本人に魂を刻んだ100年目 テレビドラマ歴代『紫頭巾』登場 最初にまつわる「鯉」の57歳から61歳のナゾ 赤穂浪士老夫婦の「笑って死のうぞ」



2024年1発目の砲弾を盛大さと豪華さ

テレビで実現ができなかった
歴代のダブル主演と
二大千両役者

華やかな人物たちとともに
低迷するテレビドラマ界、

大河ドラマの徳川秀忠役にミャンマー人を起用した2023年のNHKの大悪事

紅白に朝鮮系7組起用の暴挙からの
電通と韓国政府と日本のテレビ大手5社の策謀通りの全体主義
Kこと韓国人俳優を主要に起用のK‐BSとなったTBSの暴挙を許してはならない。

外ではなく、害そのとおり、害来種を野に放つな!

テレビドラマ界に国民の怒りと不満と爆発させよ
あの頭巾の銃弾を撃ち込め!!




大河ドラマの徳川秀忠役にミャンマー人を起用


韓国人俳優を主要に起用のTBSの暴挙



同内容の同タイトルが違う『佐平次捕物帳 紫頭巾(総集篇)』と『快傑紫頭巾(総集版)』の可能性





テレビドラマの『紫頭巾(1972)』に迫ります。が、その過程の『佐平次捕物帳 紫頭巾(総集篇)』からです。


大映映画で活躍し、テレビドラマの名匠となってゆく、田中徳三が多く監督を務めたテレビ時代劇で、父・阪東妻三郎は紫頭巾で主演を演じています。ですが、田村亮は紫頭巾ではありません。


阪妻の紫頭巾 正確には3、4本 マキノ正博監督(マキノ雅弘に改名前)

1949『佐平次捕物帳 紫頭巾 前篇』  製作=C・A・C 配給=東宝  70分
1949『佐平次捕物帳 紫頭巾 後篇』  製作=C・A・C 配給=東宝  67分 2本で2時間17分
1949『佐平次捕物帳 紫頭巾(総集篇)』  製作=C・A・C 配給=東宝 96分尺 国立映画アーカイブ所蔵
1949『快傑紫頭巾(総集版)』 96分尺  製作=C・A・C 配給=東宝 *劇中の冒頭に東宝とのみ表記 CSで放送されている題名





『佐平次捕物帳 紫頭巾(総集篇)』と『快傑紫頭巾(総集版)』は96分であり、中身は同じものだと考えられます。

佐平次捕物帳 紫頭巾(総集篇) 快傑紫頭巾(総集版) 国立映画アーカイブ


映画を所蔵している場所の違いだろうか、国立映画アーカイブ所蔵の『佐平次捕物帳 紫頭巾(総集篇)』、東宝の所蔵だと思われる『快傑紫頭巾(総集版)』、この違いなのだといえそうです。

CS放送で何度か放送されているのが『快傑紫頭巾(総集版)』です。個人的にも視聴と録画版を残しています。国立映画アーカイブ所蔵の場合はロゴが劇中前に表示されるが、CSで放送されている側はこのロゴの表示がないため、東宝の所蔵だと思われます。





「佐平次捕物帳・紫頭巾」の画像
佐平次捕物帳・紫頭巾
VHSの販売版は「佐平次捕物帳・紫頭巾」とあります。




1949『佐平次捕物帳 紫頭巾 前篇』  製作=C・A・C 配給=東宝  70分
1949『佐平次捕物帳 紫頭巾 後篇』  C・A・C  67分 
計2本で2時間17分
   ↓   ↓
1949『佐平次捕物帳 紫頭巾(総集篇)』 96分尺
または
1949『快傑紫頭巾(総集版)』 96分尺 1時間36分


2時間17分→1時間36分へ41分が省かれていることになります。
この41分に何があったのか、何が描かれていたのか






世界的本数を叩き出した歴代二大千両役者の実像 紫頭巾の阪妻と佐平次の大河内


 



本来は「佐平次捕物帳」となっており、現存版以上に阪妻(阪東妻三郎と佐平次の大河内(大河内傳次郎)の互いの実積に大きく配慮したものだったと考えられます。当時、共に日本映画上位俳優だったこと、またこの両名の唯一の共演作となりました。東宝オールスターキャストです。

現存版は紫頭巾のみとなっていて、阪妻を立てた構成のようにも思えます。



阪東妻三郎
時代劇形成俳優の一人、1920年代からの日本最初のスタープロダクションの略称・阪妻プロを成功させ、剣戟時代劇を事実上の形成、戦前の男性人気がもっとも高かったとされ、おどおどしい時代劇や剣劇を押し出した浪人役を得意としました。1940年以降は剣戟のない人間味を押し出した演技でも評価された国民俳優の一人です。存命中は高い人気を亡くなるまで維持しました。ですが、松竹との裁判沙汰や映画のお蔵入り騒動、トーキーによるファンからの声の批判などのトラブルも多く、突き抜けた当たり役や阪妻プロ時代は名監督に恵まれませんでした。
現存含む出演250本強&主演200本強(共に主演俳優の歴代10選)

大河内傳次郎
時代劇形成俳優の一人、戦前の世界最多のオールスター主演数、戦前の日本最多の最多大型時代劇映画の主演俳優、戦前の日本最多の観客動員も上位だったと考えられます。また戦前の主演俳優のキネマ旬報ベストテンの最多受賞数の大名優などの戦前のみの記録が多い。時代劇の父・伊藤大輔と30本を超す戦前のトップ数選の名コンビを形成、だが日活から東宝移籍後もヒットや名作の出演はあるが、人気が急速に衰退、戦後は1950年代中盤からほぼ助演として活躍、また他のライバルたちにように自身のスタプロを一度も持つことがなく、”大勝負がなかった”これが彼の評価を低くする見方があります。
現存含む出演360本強&主演225本強(共に主演俳優の歴代10選)


*本数は2023年時点で確認している本数であり、今後も少し増えていきそうです。


阪東妻三郎 大河内傳次郎


両者とも現在でいえば、文化勲章や国民栄誉賞のダブル受賞に該当する俳優です。


*剣劇時代劇=剣劇を見せ場とする時代劇
*スタープロダクション=主演俳優による映画制作会社、略称・スタプロ
*トーキー=映像と音声が同期した映画
*戦前は受賞数=ベストテン入りの高い評価




【送料無料・営業日15時までのご注文で当日出荷】(新品DVD) 小原庄助さん (名作邦画)[主演:大河内傳次郎/風見章子/監督:清水宏] COS-049


2023年に生誕120年の清水宏と大河内による現代劇の名作、キネマ旬報ベストテン作、ところどころにヌーベルバーグ演出も展開 「おはらーしょうすけさん、なんでー信書を交付したー、朝寝ー、朝酒ー、大好きでー」のフレーズが耳に残る主題歌 音楽=古関裕而、歌=赤坂小梅ら 代々引き継がれてきた金持ち名家の家に生まれた中年男の杉本左平太が、”小原庄助”と呼ばれたワケとは、

小原庄助さん 古関裕而 赤坂小梅


冒頭の二大千両役者を

テレビで実現ができなかったのか

そのまんまですが

答えは両名の阪妻、大河内は、テレビドラマの全盛期(1960年代中盤~1980年代前半)の前に亡くなってしまったからです。
90年代は大規模宣伝による洗脳の中身以上に視聴率が先行









最盛期からすると少ないが名優16名だがオールスターのワケ 『快傑紫頭巾(総集版)』






日本映画の最盛期、1950年代から1960年代に名優40名台や50名台(喜劇人や歌手、舞台系含む場合も)のオールスターキャストの映画が数十本公開されました。

ですが、『快傑紫頭巾(総集版)』は16名、なのにオールスターなぜ?!



『快傑紫頭巾(総集版)』
配役  名優のみ表記 
紫頭巾(神出鬼没の謎の男)、 狩田秀麿(浮世絵師)、報龍太郎(能楽師)=阪東妻三郎
目明し佐平次=大河内傳次郎

女房お秀=市川春代 佐平次の妻
娘お葉=宮城千賀子 田中善右衛門の娘
龍太郎許婚喜美=月丘夢路

松平一翁=荒木忍 悪役
久保石斎=小堀誠  悪役
島田甲斐守=市川小文治 阪妻脇役のときからの競演俳優 悪役

乾分長次=沢村國太郎 目明し佐平次の部下
乾分安=加東大介 目明し佐平次の部下
10
田中善右衛門=香川良介

兄七之助=尾上菊太郎 喜美の兄
女中お蓮=逢初夢子
笹舟の女将=環歌子
料理人猪之吉=山口勇
用人須藤彌兵衛=富本民平
名優16


*乾分=手下。 部下。 子分とも書く


上記を見てわかるかと思われますが、老中・田沼意次と若年寄・田沼意知の田沼親子(悪役のボスとして描かれる)が登場しない部分が役柄や配役の大きな特徴です。ちなみに東映版の片岡千恵蔵と大友柳太朗の紫頭巾2本には登場します。

田沼意次 田沼意知


何故名優20名にさえ到達していないこの映画がオールスターなのか、いわゆるスター系の花形主演とそのヒロイン系、悪役&助演と多数出演特に、また戦後数年であること、これが名優数は16名ながら、オールスターキャストといえる部分です。これは片岡千恵蔵などのオールスター映画の戦後直後や1951年頃と重なる部分です。



いわゆる現存するのは『紫頭巾(総集版)』です。この映画は阪妻が唯一主演した東宝系の映画です。阪妻が唯一主演した東宝系の視聴可能作の側面においても、芸能価値の意味のある映画です。


また制作のC・A・C=シネマ・アーチスト・コーポレーションは、巨匠マキノ正博(マキノ雅弘)が主宰、義兄の高村正次が代表、兵庫県川辺郡小浜村(現在の宝塚市栄町3丁目)の旧・宝塚映画製作所(のちの宝塚映像)内に設立、全9作を製作で解散とあります。設立場所ののちの宝塚映像は阪急阪神東宝グループの制作プロダクションであり、C・A・Cは東宝系といえます。


C・A・Cは、のちのテレビドラマ「水戸黄門」や「大岡越前」、「江戸を斬る」など大ヒット作の製作会社のC.A.Lと似ています。しかもC・A・CとC.A.Lは両方とも東宝系です。「江戸を斬る」というと2~6に女の紫頭巾が登場、阪妻の紫頭巾と東宝系のつながりがあります。


C・A・C シネマ・アーチスト・コーポレーション C.A.L 水戸黄門 大岡越前 江戸を斬る

マキノ正博 マキノ雅弘 高村正次 

兵庫県川辺郡小浜村 宝塚市栄町3丁目 宝塚映画製作所 宝塚映像 阪急阪神東宝グループ








頭巾と岡っ引の歴代2大千両役者のそばで6大名優躍動す!!






『快傑紫頭巾(総集版)』は1952年まで、日本映画の米国のGHQの検閲が続いていたため、剣戟を極力避けた映像展開や立ち回りが特徴の紫頭巾です。剣戟が許されていないため、剣戟に至らない立ち回り重点の映像展開で濁した描写が部分的に展開しています。

佐平次は紫頭巾を捕まえる目明し(岡っ引)役です。現代でいう探偵と刑事を併せたような立場、刑事のみともいえます。


めあかし【目明し】 江戸時代に諸役人の手先になって,私的に犯罪の探査,犯罪者の逮捕を助けたもの。 岡引(おかつぴき),御用聞,小者,手先ともいう。 目明しとは目証(めあかし)の意味で,犯罪者に同類たる共犯者を密告させ,その犯罪を証明させたことに由来する。



目明し 岡っ引



お秀=市川春代、お葉=宮城千賀子、喜美=月丘夢路の出番は総集版のためか、少なめです。

市川春代(230本強)と宮城千賀子(170本強)と月丘夢路(170本強)、3名とも170本を越す映画に出演した大女優です。

宮城千賀子と月丘夢路は元宝塚

*()内は現存含む本数

オリジナルの前後作は3名女優の1場面以上の出番があったものと考えられます。

市川春代 宮城千賀子 月丘夢路


『快傑紫頭巾(総集版)』に観る3名の悪役 松平一翁の荒木忍、久保石斎の小堀誠、島田甲斐守の市川小文治


相手役の佐平次(これも有名な役)に大河内傅次郎、個人的には大河内傅次郎の方を演技として評価していますが、阪妻らしいセリフ、高低音の声や顔を押し出した紫頭巾役です。

松平一翁の荒木忍、久保石斎の小堀誠、島田甲斐守の市川小文治、この3名の悪役、程よく定着させています。荒木忍(映画650本越え、脇役ベスト3)と市川小文治(250本越え)は映画の名優ですが、小堀誠は舞台の脇役を中心に活動し、長年評価された名俳優です。

映画の本数は記録が残る範囲だと100本を越していません。出演は70本ほど、いわゆる舞台側の名優で、映画は名優級の活動をした俳優といえます。映画のみだと名優というには比較的困難に思えます。記録が多くの残る映画の役柄は、身分の高めな悪役やお爺さん役(父親も含む)が大半です。


荒木忍 小堀誠 市川小文治


6大名優=市川春代 宮城千賀子 月丘夢路 荒木忍 小堀誠 市川小文治







『佐平次捕物帳 紫頭巾(総集篇)』に観るマキノ雅弘と大河内傅次郎の2大千両者







『佐平次捕物帳 紫頭巾(総集篇)』を視聴すると「バンツマがー」となりがちですが、あえて個人的には佐平次役の大河内傅次郎が能舞台の場面で報龍太郎を追い詰める場面で、カメラ越しに振り向く場面が印象に残ります。比較的距離を置いてこの場面を撮っているところが、巨匠マキノ雅弘らしい部分でもあります。台詞を濁す口調も大河内の特長ですが、ただ単に座っている場面においても、十手持ちの姿を定着、そして映像に映える姿の演技もさすがです。


阪妻×大河内という千両役者の顔合わせ、GHQ統制下の映画のため派手な殺陣シーンはありませんが、日本映画上位の2大主演俳優を程よく押し出しています。時代劇ならではの魅力ですが、程よくというのがポイントです。やりすぎると日本映画の時代劇らしさが消えてしまうためです。

ぱっと、所作的な動きを重要な場面に印象の残させる意味合いで当てはめる魅せ方です。上手な違和感でもあり、時代劇の魅せ方として多くある手法ですが、マキノ雅弘はこれも得意です。

マキノ雅弘はいわゆる、”前に出る”と”後ろに引く”を映像展開や見せ方、役者の演技の様々な部分に取り入れたことでも知られる大巨匠です。

これは親戚の津川雅彦が存命時のマキノ雅弘没後20年(2013年)の東映チャンネルの特集のインタビュー番組内で話しています。立ち回りの”前に出る”と”後ろに引く”、これにOKが出ず、現場で何度も何度もダメ出しを食らったと言います。前に出るをアタックといっていますが、この映像を2023年に再確認しています。彼はマキノ雅弘を先人というだけでなく、映画人として強く尊敬していました。

”前に出る”と”後ろに引く”は言葉は簡単ですが、現代の俳優にはなかなかできません。これを継承する時代劇監督がいないことも大きな問題です。


津川雅彦

2023年は巨匠マキノ雅弘の没後30年でした。CS放送の東映チャンネルのみで没後30年特集が組まれましたが、残念ながら新しい収穫がある特集(レア作品の放送など)ではありませんでした。



【送料無料】鴛鴦歌合戦/GRAND MIRAGE! (Blu-ray Disc)(新品)

巨匠マキノ雅弘、そして『快傑紫頭巾(総集版)』の関わり、それは宝塚、C・A・Cは旧・宝塚映画製作所(のちの宝塚映像)にあった片岡千恵蔵とマキノ雅弘の代表作の一つの『鴛鴦歌合戦』を宝塚歌劇団の舞台で上演してしまった衝撃


鴛鴦歌合戦



【江戸時代】184 賄賂政治?革新的?田沼意次ってどんな人?【日本史】


現実の田沼意次は一概に悪党とは限りません。傾ける方向や注目する目線で変化してきます。







「右手に怒りを左に愛を」の『紫頭巾(1972)』 新藤恵美と田村亮前半でお役御免






ようやくテレビドラマの『紫頭巾(1972)』です。


東京12チャンネル(現テレビ東京系)、オープニング曲も独特、主演の浜畑賢吉の「右手に怒りを左に愛を」(作詞:阿久悠、作曲:山下毅雄)と映像が印象に残ります。

監督は田中徳三(1、2話を含め、序盤のみ参加)をはじめ、巨匠ともいわれる安田公義、「必殺シリーズ」に長く多数で参加した松野宏軌、松竹の現代劇助監督を経た的井邦雄、元大映の助監督の印象が強い西山正輝

田中徳三は映画50本と活躍、テレビドラマにおいては数百話の膨大な監督数を記録、テレビは大半が時代劇


名匠・田中徳三の映画とテレビドラマの上位3選

映画の代表3選 「悪名シリーズ」、「座頭市シリーズ」、「兵隊やくざシリーズ」(3つとも勝新太郎主演)
テレビドラマの代表3選 「必殺シリーズ」(藤田まことなど)、「桃太郎侍」(高橋英樹)、「祭ばやしが聞こえる」(萩原健一)


時代劇と篇大劇でバランスが取れている映画とテレビの代表作ですが、全部の担当は1つもありません。

名匠・田中徳三の現代劇と時代劇
現代劇=「悪名シリーズ」「兵隊やくざシリーズ」「祭ばやしが聞こえる」
時代劇=「座頭市シリーズ」、「必殺シリーズ」、「桃太郎侍」



田中徳三 
悪名シリーズ 座頭市シリーズ 兵隊やくざシリー
必殺シリーズ 桃太郎侍 祭ばやしが聞こえる
勝新太郎 藤田まこと 高橋英樹 萩原健一


寿々喜多呂九平原作の紫頭巾は簡単には、”秘剣・修羅八双”で、老中・田沼意次の悪政(今の政治家の私利私欲の悪行と通じる)を正す頭巾が紫の男、その正体の報龍太郎や狩田秀磨の神出鬼没の活躍を描いています。

田中徳三も重要な1、2話を含む前半参加の『紫頭巾(1972)』、阪妻の四男の田村亮は浪人役で前半の13話まで出演しています。1970年代前半にドラマに多数出演していた人気女優の新藤恵美も13話まで、田村亮と同様に前半でお役御免となっいます。

寿々喜多呂九平 紫頭巾 秘剣・修羅八双 田沼意次 報龍太郎 狩田秀磨
紫頭巾(1972)



視聴していると13話までの印象が強く、14話以降は出演俳優が急に地味になり、物足りなさを感じてしまいました。やはり時代劇にとって俳優は現代劇以上に重要です。その重要性は映像化のムラがあるものの、1.5~2倍といっても良いかもしれません。



姉妹ブログの新記事
何ということだ!片岡千恵蔵の成功役数59役の世界1位超絶仰天 国民的20有名18以外21 7つの年代と国民的9役の超絶大成







にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : 快傑紫頭巾(総集版), 阪東妻三郎, 大河内傳次郎, C・A・C, C.A.L, 宝塚映像, 小堀誠, 紫頭巾(1972), 津川雅彦, 田中徳三,

[ 2024/01/25 19:40 ] レアドラマ探検隊 | TB(0) | CM(11)

日本人に魂を刻んだ100年目 テレビドラマ歴代『紫頭巾』登場 最初にまつわる「鯉」の57歳から61歳のナゾ 赤穂浪士老夫婦の「笑って死のうぞ」




日本人に魂を刻んだ100年目 テレビドラマ歴代『紫頭巾』登場 最初にまつわる「鯉」の57歳から61歳のナゾ 赤穂浪士老夫婦の「笑って死のうぞ」



そう紫頭巾が現代に必要なのだ!!
大衆の声さえ耳を傾けずに大衆を苦しめる悪党どもを叩き潰す民主主義




日本の文化というものは日本人が日本人に伝えていく

それを行うことは公共放送の役目でした。だがー-

NHKは死んだのさ!、名曲「ハチのムサシは死んだのさ」のように死んだのさ!

アレの生誕100年やコレの生誕120年を伝えるという、公共放送の役目さえ無視し、

日本放送協会を名乗りながら、受信料を奪い取るまるで大詐欺師、

何度となく、日本人迫害や貶め、気運を下げさせ、日本人に嫌がらせを繰り返し

日本の経済に悪影響を与えてくる朝鮮ゴリ押し、

アノ炎上騒動のアンミカも出演のNHK

その癖、さらに極左や偽善で「外国ガー」「世界ガー」を叫ぶ大バカ者

NHKは紅白に反日教育と竹島侵略中の韓国人、さらにビルボードランキング不正バレ(現在も日本で不正継続中w)で大批難中の反日国朝鮮人グループを大量動員(日本のKコンテンツの売り上げに韓鶴子の指示で旧統一教会の信者動員されていると元信者が暴露)

サイボーグ化した顔だけでなく他も嘘だたけの奴らは1組でも大問題だが、
2023年は6組も出場、しかも国民のNHK受信料が奴らに支払われている由々しき事態

そもそも日本の紅白に外国人いらない、出すにしてもせめて特別枠のみ

せめて逆に反日国朝鮮人グループひっこめて、大切な同盟国の米国人歌手を出すべきだ

そのほうが何倍も民意がある。

同時に日本人の出演を大妨害、Nの付く極左団体と朝鮮人に迫害される日本人、

12月に紅白に大量動員を正当化するためにNHKと民放が連携したほぼ毎日行われている韓国ゴリ押しの嫌がらせ

Nは日本人の国益の自由さえ邪魔をする

Nの付く極左団体許されざる国賊ぶり大発動

いち日本人として、粛清するべき田沼意次ことNHKを断じて許さない!!ただちに解体またはスクランブル化!




NHKが完全無視しているアノ国民的題材

現代の紫頭巾の出現を期待して

生誕100年の紫頭巾のテレビドラマに迫ります。



前回記事
正規じゃない7人の紫頭巾 コヤツは何者じゃ!新発見・紫頭巾にパクられていた生誕100年千恵蔵映画




ハチのムサシは死んだのさ





日本人に魂を刻んだ歴代『紫頭巾』テレビドラマ 民放時代劇で30パーセントお化け番組の奇跡






1923年に1本目が公開され、ヒットを記録、その後、40年近く20本近くに及び映画

映画史を代表する大スターや名匠が制作に携わってきた事実上の国民的題材はテレビドラマ(テレビ時代劇)へも引き継がれています。



<歴代『紫頭巾』のテレビドラマ 確認できるもののみ>

『紫頭巾』 1954~1958年の間、制作な年数不明 出演=尾上鯉三郎 放映=TBS系「KR」とあるため 尾上は紫頭巾なのか不明 あいまいなデータだが映像化の記録があるため記載 分数不明
『紫頭巾(1961)』 1961年 全15回 30分枠 出演=夏目俊二   制作=宝塚映画 放映=フジテレビ系
『紫頭巾(1972)』 1972年 全26回  出演=浜畑賢吉、新藤恵美、和田浩治 制作=松竹 放映=東京12チャンネル(現テレビ東京系)
『江戸を斬るII』 1975~76年 全28回 西郷輝彦、松坂慶子、春川ますみなど 松坂の紫頭巾は全話 視聴率は好評 製作=C・A・L、放映=TBS系 
『江戸を斬るIII』 1977年  全26回 出演=西郷輝彦、松坂慶子、松山英太郎など  松坂の紫頭巾は全話 視聴率は好評 製作=C・A・L、放映=TBS系

『江戸を斬るIV』 1979年 全26回 出演=西郷輝彦、松坂慶子、ジュディ・オングなど 平均視聴率25.0%、最高視聴率36.7%の大ヒット 製作=C・A・L、放映=TBS系
『江戸を斬るV』 1980年 全26回 出演=西郷輝彦、松坂慶子、松山英太郎など 松坂の紫頭巾は全体的に出演 出演= 平均視聴率23.7%、最高視聴率31.6%の大ヒット 製作=C・A・L、放映=TBS系
『江戸を斬るVI』 1981年 全28回 西郷輝彦、松坂慶子、由美かおるなど 松坂の紫頭巾は半分以下 視聴率は好評 製作=C・A・L、放映=TBS系 
『紫頭巾 黄金の秘密』 1982年 時代劇スペシャル枠 監督=山下耕作、主演=高橋英樹 製作=東映、フジテレビ 放映=フジテレビ系
『紫頭巾 京洛の大粛清』 1982年 時代劇スペシャル枠 監督=工藤栄一、主演=高橋英樹 製作=東映、フジテレビ 放映=フジテレビ系
10


*江戸を斬るの1本目の『江戸を斬る 梓右近隠密帳』は紫頭巾が登場しません。2本目から6本目です。
*分数不明、30分枠の表記以外は1時間枠
*紫頭巾は水戸黄門などにも数度登場しますが、上記以外はゲストです。ゲストとしては水戸黄門(第39部)の第4回「天誅!紫頭巾参上-近江八幡-」、2008年の11月まで登場しています。紫頭巾そのものは原作を飛び越えて1923~2008年、なんと85年間の大長期間です。

水戸黄門(第39部)の第4回「天誅!紫頭巾参上-近江八幡-」

確認できるテレビドラマの紫頭巾(ゲストのみを含めない)は10つのテレビドラマが確認できます。最低でも10つはあったということになります。

テレビの紫頭巾=松坂慶子が『江戸を斬るII』から『江戸を斬るVI』で演じた雪姫ことおゆき(別の顔は紫頭巾といっても過言ではありません。西郷輝彦が演じる遠山の金さんのヒロイン役、妻役としても登場、テレビの紫頭巾=松坂慶子は2本目から6本目お高視聴率からもわかります。時代劇としては国民的なヒットを記録したためです。実は「江戸を斬る」の1本目の名作『江戸を斬る 梓右近隠密帳』も20パーセントを越す高視聴率でした。

ドラマとしては映画の寿々喜多呂九平の紫頭巾の原作をいじりつつ、女性だったとして部分的に派生させ、流れをつないだとも言えます。成功したため、文句は出にくいわけですが、ミスをしていたら非常に危険、そんな大胆なやり方です。


松坂慶子 雪姫ことおゆき 西郷輝彦 遠山の金さん 寿々喜多呂九平 江戸を斬る 梓右近隠密帳


竹書房の「江戸を斬る」の単行本だった!!




『紫頭巾(1972)』~『紫頭巾 京洛の大粛清』までは視聴していますし、視聴が可能です。


フジテレビの時代劇スペシャルで放送された『紫頭巾 黄金の秘密』と『紫頭巾 京洛の大粛清』は、事実上の前後編であり、前編は東映系の山下耕作、後半は東映系の工藤栄一が監督という豪華なリレー、両者とも名匠、工藤栄一は大友柳太朗主演の1963『変幻紫頭巾』でも紫頭巾題材を監督、映画とテレビでこの国民的題材に関与しています。意外と知らていない地味な実積といえます。

*この頃のフジテレビは韓国が在日のみで薄くだいぶ良かった。まだまだ日本の放送局でした。


同時に時代劇スターとして活躍していた時期の高橋英樹の主演、テレビドラマの自身最大の代表作『桃太郎侍』が1981年に終了(1976~1981)していますが、翌年のもっとも勢いがあったころの主演作です。

『紫頭巾 黄金の秘密』と『紫頭巾 京洛の大粛清』はCS放送の時代劇専門チャンネルで何度も放送されています。個人的にも録画しています。『紫頭巾(1972)』は以前に松竹のCSチャンネルのホームドラマチャンネルで放送されていたものを録画して視聴済みです。

紫頭巾 黄金の秘密 紫頭巾 京洛の大粛清 山下耕作 工藤栄一 フジテレビの時代劇スペシャル





テレビドラマ最初の「紫頭巾」にまつわる鯉三郎の57歳から61歳のナゾ 片岡千恵蔵の紫頭巾が示すありえそうにないシンジツ





尾上鯉三郎は歌舞伎俳優で三代目尾上鯉三郎、1954年から1961年までテレビドラマの出演記録があり、少なくても40本近いタイトルのテレビドラマに出演、大半が助演、歌舞伎俳優との共演が多い

紫頭巾(1954~1958年の間)で演じているとすれば、1897年生まれであり、1954年であれば数えは57歳、1955年は58歳、1956年は59歳、1957年に60歳、1958年であれば61歳、当時としては、ほぼありえない主演の年齢だとわかります。

57歳から61歳の俳優が紫頭巾を演じるものなのでしょうか、しかも当時の57歳から61歳は現代以上に高齢です。しかも助演がメインだった華のない俳優です。

三代目尾上鯉三郎 

一例を出すと、国民大スター片岡千恵蔵(2023年に生誕120年、映画デビュー100年、没後40年)が1958年の東映映画で紫頭巾を演じたときは、なんと55歳、公式主演300本に到達の頃(現存含むと330本越え、現在も長編系世界1位の映画俳優)、当時・最高齢の紫頭巾で、映画の主演俳優としても現役最高齢でした。

片岡千恵蔵は戦前から突き抜けた成果を持つ国民スター、高齢であっても大役の紫頭巾挑戦を東映側が許したわけですが、彼は違います。テレビドラマであってもおかしい過ぎるのです。

ということは紫頭巾(1954~1958年の間)は、ドラマ出演そのものがほぼ助演俳優であることから、尾上鯉三郎以外の俳優が紫頭巾を演じていた可能性が高いように思えます。

紫頭巾(1954~1958年の間)に放送されたと考えられる時代劇の「地蔵笠」、題名的には股旅物だと考えられますが、尾上鯉三郎(三代目尾上鯉三郎)のみの出演記録があります。彼が主演の可能性があるのは、全40本ほどのドラマ出演記録の中でこの2本のみです。それでさえ怪しいわけです。

地蔵笠

歌舞伎のスターでもある名優の尾上松緑(ニ代目尾上松緑)、現在も有名な歌舞伎俳優、テレビドラマでも一定の印象を残す。チワワドラ自身もテレビドラマでも観かけたことが多数あります。花形であることから尾上松緑が紫頭巾が演じてた可能性がありますが、これは推測の域です。ニ代目尾上松緑は紫頭巾が放送された1954~1958年の間に同じTBS系「KR」で多くの主演作があるためです。

ニ代目尾上松緑

江戸を斬る II [DVD]

テレビ時代劇の名作、
23時間20分の大大ボリュームが一度に、
大人買いができてしまう・シア・ワセ


江戸を斬るII




ほんとうにー!!歌舞伎の名優のニ代目尾上松緑がテレビドラマ最初の紫頭巾が浮上のワケ






<ニ代目尾上松緑とTBS系のテレビドラマの1954~1958年の主演作のみ(記録から確認できるもの、KR表記) 出演そのものがほぼ主演>



<ニ代目尾上松緑とTBS系のテレビドラマの1954~1958年の主演作のみ(記録から確認できるもの、KR表記) 出演そのものがほぼ主演>

『次郎吉懺悔』 1956年 前編・後編 有名な鼠小僧次郎吉の題材 懺悔=ざんげ
『鬼坊主清吉』 1957年 前編・後編 原作は岡本綺堂
『芝浜革財布』 1957年 三遊亭圓朝の落語が元のドラマ
『暴れ牛』 1957年 作は北条秀司
『下町』 1957年 日曜劇場枠 *名作映画のリメイク 花柳喜章が2番手
『十七夜』 1957年 日曜劇場枠 *当時も大女優の山田五十鈴が相手役
『冷奴』 1957年   *初代市川中車が相手役、ニ代目は2023年現役の香川照之
『人情噺小判一両』 1957年だと考えられる。
『怨霊の里』 1958年 前編・後編 初代市川中車が相手役
『朝顔物語』  1958年 日曜劇場枠 歌舞伎の大スターの十七代目中村勘三郎が相手役の表記 、藤間紫、名優・沢村国太郎(津川雅彦などの父)も出演
『中山七里』 1958年 *長谷川伸原作の股旅物の有名題材、映画化も多数 八千草薫がヒロインでこれがテレビ初出演 石井ふく子の父の名優・伊志井寛出演 前編・後編の映像化
『彦市ばなし』 1958年  日曜劇場枠 *のちの大プロデューサーの石井ふく子が制作
『冬の人』  1958年 日曜劇場枠 歌舞伎の大スターの十七代目中村勘三郎が相手役の表記 
が制作



*1958年以降も単発中心に主演作はありますが、区切っています。

次郎吉懺悔 鼠小僧次郎吉 岡本綺堂 三遊亭圓朝 北条秀司 花柳喜章

山田五十鈴 香川照之 初代市川中車 藤間紫 

八千草薫 伊志井寛 十七代目中村勘三郎

石井ふく子というテレビドラマ史を代表する大プロデューサーの足跡も感じつつ、


*石井ふく子の上位代表作=「女と味噌汁」、「肝っ玉かあさんシリーズ」、「ありがとうシリーズ」、「渡る世間は鬼ばかりシリーズ」


石井ふく子 女と味噌汁 肝っ玉かあさんシリーズ ありがとうシリーズ 渡る世間は鬼ばかりシリーズ

1954~1955年の出演がないことから、ニ代目尾上松緑が紫頭巾を演じているとすると1956~1958の可能性が高そうです。現在は東芝ではなくなりましたが、TBS系の日曜劇場枠は継続中、ちなみに2023年は堺雅人主演の『VIVANT』が民放最大のヒットを記録世帯19.6%を記録、これも日曜劇場枠です。

堺雅人 VIVANT 日曜劇場

この上記の出演履歴からも紫頭巾(1954~1958年の間)は尾上松緑主演の可能性があります。

一方で、紫頭巾は田沼政治の問題を露呈させ粛清に動く、反権力の社会的な背景も描かれますが、娯楽要素強めに描かれることが多め、娯楽系に歌舞伎俳優のニ代目尾上松緑が主演したのか、少々の疑問符が残ります。

田沼政治






歌舞伎の名主演俳優・八代目松本幸四郎(初代松本白鸚)に垣間見る「歌舞伎俳優の娯楽作品の主演の真実味」





テレビ初の「紫頭巾」(1954~1958年の間)は尾上松緑主演の可能性がある同時期、映画界では八代目松本幸四郎(のちの初代松本白鸚、テレビドラマだと「黄金の日々」や「王様のレストラン」などの二代目松本白鸚や「鬼平犯科帳」の二代目中村吉右衛門の実父)は忠臣蔵映画などに主演しています。


八代目松本幸四郎 初代松本白鸚 黄金の日々 王様のレストラン 二代目松本白鸚 鬼平犯科帳 二代目中村吉右衛門


松竹風な歌舞伎に配慮した要素もありますが、全体は娯楽映画です。八代目松本幸四郎とて娯楽作を普通に演じていることからも、少々な疑問符さえ消し飛びます。

文芸的な時代物が多い中で特に目立つのが股旅物の人気作『中山七里』は娯楽作です。この題材は大作家長谷川伸の原作であり、名優・沢村国太郎(津川雅彦などの父)が主演映画で1930年代に初映像化を実現させ、事実上の代表作の一つでもあります。

中山七里 長谷川伸 沢村国太郎 津川雅彦



<八代目松本幸四郎(初代松本白鸚)の主演映画計7本 松竹6、東宝1>

1953『花の生涯 彦根篇 江戸篇』  井伊直弼役 オールスター 
1954『忠臣蔵 花の巻・雪の巻』(松竹版)  大石内蔵助役 オールスター&名作 大曾根辰夫(辰保)監督
1955『荒木又右衛門(1955)』  荒木又右衛門役 豪華キャスト
1959『花の番随院』  幡随院長兵衛役  オールスター
1960『敵は本能寺にあり』  明智光秀役 豪華キャスト
1960『天下御免』  大岡越前役  豪華キャスト
1962『忠臣蔵 花の巻・雪の巻』(東宝版)  大石内蔵助役  オールスター&名作 稲垣浩監督




さすが幸四郎、説明するまでもない(膨大になるので説明はしません)、7つの主演全てが有名な役柄です。ですが、明確に成功した映画は大ヒットした1953『花の生涯 彦根篇 江戸篇』と1954『忠臣蔵 花の巻・雪の巻』(松竹版) 、1962『忠臣蔵 花の巻・雪の巻』(東宝版) の3本、7本中の3本は十分な成功といえます。大石内蔵助に相当する役柄は歌舞伎の題材でも演じています。

豪華キャストは、オールスターキャストよりも、名優数が劣ります。

個人的にはある程度の成功といえると考えますが、主演本数が7本と少なすぎるため、まだ当たりやすい状況があり、ある程度の成功といえつつも大きな評価ではないといえます。7本の中で1955『荒木又右衛門(1955)』はCS放送であまり再放送されていないレア作品です。


上記なしの1957『「元禄忠臣蔵 大石最後の一日」より 琴の爪』は大石内蔵助ですが、二代目中村扇雀(のちの四代目坂田藤十郎が主演です。唯一の歌舞伎と映画(出演100本越え)の両名優(マスコミが「金がー」で反大衆を叫んで、大誇張の大谷により50年以上前に二刀流大成功の名優)となったニ代目中村鴈治郎の子であり、中村玉緒の兄、『花の生涯 彦根篇 江戸篇』はNHKの大河ドラマの記念すべき1作目の『花の生涯』の元になった映画で、原作も同じ舟橋聖一です。


「元禄忠臣蔵 大石最後の一日」より 琴の爪 二代目中村扇雀 四代目坂田藤十郎 中村玉緒 花の生涯 彦根篇 江戸篇 

花の生涯 舟橋聖一 二刀流名優






”男性の老け役の大名手”の忠臣蔵が描く人生賛歌 老夫婦の夫の死を目前とした”良き別れ”を撮る日本史上上位の大撮影者




上記の八代目松本幸四郎(初代松本白鸚)の流れで展開します。


1954年の松竹時代劇映画の『忠臣蔵 花の巻・雪の巻』、最高齢の赤穂浪士(四十七士)の堀部弥兵衛の薄田研二(堀部弥兵衛が最大の当たり役の”男性の老け役の大名手”、大映、松竹、東映の大手3社で大役の弥兵衛を演じています。また戦前から千恵蔵映画の助演俳優としても大きく貢献)とその妻役の毛利菊枝(おばあさん役を得意とした名女優)の老夫婦の最後のシーンが印象に残ります。



老体ながら泣き主君に合わせるある 討ち入りに参加できる「笑って死ねる」喜び

*もちろんここでいう笑うは自虐や自己肯定の気色の悪いヘラヘラはありません。



あの頃映画 忠臣蔵 花の巻・雪の巻 [DVD]

3時間8分版がDVD化、公開時は4時間越えだったとされています。ですが4時版は視聴できません。上の画像リンクから物品だけでなく、プライムビデオも見られます。



最高齢の赤穂浪士 堀部弥兵衛 薄田研二 毛利菊枝

松竹だからできたのか、老夫婦の夫の死を目前とした”良き別れ”とは何なのか!!
コレが日本映画の凄さの一つです。

複数の面において、米国を上回るっていわれる最盛期の日本映画(特に1950年代とも)は実に多彩でした。


監督は戦後の松竹時代劇のナンバーワン監督の大曾根辰夫(大曾根辰保)、戦後の松竹時代劇映画の最多オールスター監督数を記録、文芸系も監督していましたが、松竹らしい繊細さも含んだ娯楽時代劇を得意とした巨匠です。

大曾根辰夫 大曾根辰保

全体左系の巨匠の小津安二郎や木下恵介、小林正樹などの存在より控えめですが、松竹もようやく大曾根監督の評価を持ち上げはじめています(CS放送関連などで実積も含め取り上げる)作家性は薄いのですが、大ヒットが複数ある事実があります。彼以上に東映の松田定次はもっと再評価されるべき監督です。

小津安二郎 木下恵介 小林正樹

大曾根監督がコンビを組んだ日本史上上位の大撮影者の石本秀雄は、なんと元千恵プロ、彼は元々はマキノですが、千恵蔵に才能を見いだされて大出世した映画人です。片岡千恵蔵の千恵蔵映画の名作を1920年代後半から大映時代の1940年代後半にかけて30本以上(秀作含めると驚異の50越え)も撮影しています。

これだけでも大きいわけですが、戦後は千恵蔵と別れ、松竹時代映画のナンバーワン撮影者として、松竹のオールスター時代劇映画や、松竹時代の最晩年の阪東妻三郎、高田浩吉の主演作を多数撮影し、大きく日本映画界に貢献しました。

現実に松竹映画も片岡千恵蔵の恩恵を受けています。マスコミが完全無視しても、この大事実は消えません。


石本秀雄 阪東妻三郎 高田浩吉





姉妹ブログの新記事    2023年ラスト、大トリの先の読めない巨弾が乱れ飛ぶ
https://mamasan7ok.blog.fc2.com/blog-entry-1080.html




果たして、テレビドラマ”初代”の真相はいかに!!







テレビドラマの全紫頭巾10本から、生誕100年の千恵蔵映画の紫頭巾を絡め、

テレビドラマの初代紫頭巾をめぐるナゾを追いかけて来ましたが、

果たして、”初代”の真相はいかに

現代の紫頭巾の登場はいつどこだ!!



こうして、紫頭巾と互いに記念すべき、生誕100年が暮れてゆくのです。





にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : 紫頭巾, 尾上松緑, 尾上鯉三郎, 松本幸四郎, 松坂慶子, 大曾根辰夫, 高橋英樹, 薄田研二, 石本秀雄, 片岡千恵蔵,

[ 2023/12/25 20:01 ] レアドラマ探検隊 | TB(0) | CM(15)

正規じゃない7人の紫頭巾 コヤツは何者じゃ!新発見・紫頭巾にパクられていた生誕100年千恵蔵映画





正規じゃない7人の紫頭巾 コヤツは何者じゃ!新発見・紫頭巾にパクられていた生誕100年千恵蔵映画







7人の紫頭巾

5人のこやつは何者

そしてほぼ新発見

シンプルだが奥深い

はず・・・・

こうしてテレビドラマにつながる紫頭巾

「正規じゃない7人の紫頭巾 こやつは何者じゃ!新発見・紫頭巾にパクられていた千恵蔵映画」スタートです。






前回記事
2023年生誕100年の祝「紫頭巾」映画19本40年、関連7本の国民的なシンジツ 生誕120年「影法師」三百本のゲンジツ






映画「紫頭巾」 19本40年の正規作と派生作






紫頭巾の初の映像化は1923年、2023年100周年、しかも原作者有からスタートの有名題材としては当時あまり多くなかった功績のある題材、あえて今回の記事で取り上げた理由のひとつです。


紫頭巾


映画の「紫頭巾」 19本40年の正規作と派生作

1923 『紫頭巾浮世絵師』 製作=マキノ映画製作所 *当時として大ヒットの名作
 監督=牧野省三、金森万象 原作、脚本=寿々喜多呂九平 出演=市川幡谷、勝川又蔵(3役)
1926 『佐平次捕物帖 新釈紫頭巾 前篇』 製作=マキノプロダクション 
 総監督=マキノ省三、監督=沼田紅緑 原作、脚本=寿々喜多呂九平 出演=市川右太衛門、武井龍三
1926 『佐平次捕物帖 新釈紫頭巾』 後篇 製作=マキノプロダクション 
 総監督=マキノ省三、監督=沼田紅緑 原作、脚本=寿々喜多呂九平 出演=市川右太衛門、武井龍三
1926 『佐平次捕物帳 紫頭巾(総集篇)』   製作=マキノプロダクション *96分尺で国立映画アーカイブ所蔵
 総監督=マキノ省三、監督=沼田紅緑 原作、脚本=寿々喜多呂九平 出演=市川右太衛門、武井龍三
1931 『紫頭巾(1931)』  *原作表記なし、寿々喜多自身が監督
 製作=帝国キネマ 監督、原作、脚本=寿々喜多呂九平 出演=雲井竜之助、望月礼子 

1933 『江戸姿紫頭巾』 製作=宝塚キネマ 
 監督=後藤岱山 原作、脚本=伽羅三平 出演=原駒子、水原洋一
1935 『密使紫頭巾 前篇』 製作=大都映画
 監督=勝見正義、益田晴夫 原作、脚本=桐沢清子 出演=琴糸路、尾上英次郎
1935 『密使紫頭巾 後編』 製作=大都映画*記録はないが、前編があるため、後篇も公開されたと考えられる
 監督=勝見正義、益田晴夫 原作、脚本=桐沢清子 出演=琴糸路、尾上英次郎
1936 『紫頭巾(1936)』 製作=全勝キネマ 
監督=山口哲平、山田兼則 原作、脚本=那智朱次郎 出演=市川松之助 松本栄三郎
1938 『御存じ紫頭巾』 製作=新興キネマ(京都) 
監督=木藤茂 脚本(事実原作も)=原健一郎 出演=羅門光三郎、高山広子
10
1939 『謎の紫頭巾』  製作=大都映画   *駅前シリーズの佐伯幸三の監督
監督=佐伯幸三 原作、脚本=青戸隆幸 出演=松山宗三郎、東竜子
1939 『紫頭巾(1939)』  製作=極東キネマ  *末崎精二の3役
監督=末崎精二 原作、脚本=蒲原十郎(末崎のペンネーム) 出演=中野伝次郎 小浜美代子
1949 『佐平次捕物帖 紫頭巾』 製作=C・A・C、配給=東宝  *国民巨星・阪妻と大河内の唯一の共演作、オールスターキャスト
製作と監督=マキノ正博  脚本=八尋不二 原作=寿々喜多呂九平 出演=阪東妻三郎、大河内傳次郎
1949 『佐平次捕物帖 紫頭巾 解決篇』  製作=C・A・C、配給=東宝 
製作と監督=マキノ正博  脚本=八尋不二 原作=寿々喜多呂九平 出演=阪東妻三郎、大河内傳次郎
1949 『怪傑紫頭巾 総集版』  製作=C・A・C、配給=東宝  *佐平次捕物帖 紫頭巾とその解決篇の総集編
製作と監督=マキノ正博 脚本=八尋不二  原作=寿々喜多呂九平 出演=阪東妻三郎、大河内傳次郎
15
1957 『姫君剣法 謎の紫頭巾』 製作=新東宝 
監督=毛利正樹 脚本=岸松雄 原案=浜田裕輔 出演=宇治みさ子、若山富三郎
1957 『謎の紫頭巾 姫君花吹雪』 製作=新東宝  『姫君剣法 謎の紫頭巾』から4カ月後公開の後編
監督=毛利正樹 脚本=岸松雄 原案=浜田裕輔 出演=宇治みさ子、若山富三郎
1958 『紫頭巾(1958)』 東映(京都)  *秀作または名作か、比較的多くの観客を動員、ほぼオールスターキャスト
監督=大西秀明 企画(制作)=玉木潤一郎 脚本=西川清之、高岩肇  原作=寿々喜多呂九平 出演=片岡千恵蔵、大河内傳次郎
1963 『変幻紫頭巾』 東映(京都)  *秀作、名作か 豪華キャスト 巨匠・加藤泰による千恵蔵、大友の先輩後輩主要の独自解釈を実現
監督=工藤栄一 脚本=加藤泰  原作=寿々喜多呂九平 出演=大友柳太朗、片岡千恵蔵
19

*出演は上位2選のみ





変幻紫頭巾 大友柳太朗,丘さとみ,片岡千恵蔵,山城新伍

複数の名シーンの有の『変幻紫頭巾』、書こうとすればかけるのですが。ネタバレはしません。DVD版はリリースされていないよう、このVHS版も今や貴重な存在です。大スター中村錦之助(萬屋錦之介)の活発やお転婆のヒロインを多く演じるなど”東映城のお姫様”ともいわれたヒロイン女優の丘さとみが大人っぽい役柄を演じている部分も特色です。


1958『紫頭巾(1958)』はどちらか言えば正当な紫頭巾の映像化、この1963『変幻紫頭巾』はかなり独自な部分を追求した紫頭巾の映像化に感じられます。


変幻紫頭巾 大友柳太朗 丘さとみ 山城新伍 中村錦之助 萬屋錦之介






映画の「紫頭巾」 19本40年の正規作と派生作の1~19のポイント1







1の『紫頭巾浮世絵師』
市川幡谷が佐平次、勝川又蔵(この映画のみが代表作の俳優)が紫頭巾、その正体の報龍太郎、狩田秀麿の計3役、市川幡谷は正和や亮の父・阪東妻三郎が助演時代の主演俳優で有名です。両名共演の1923年月公開『小雀峠』は現存部分が商品化されています。視聴済みですが、非常に貴重なものです。

紫頭巾の題材の定着や初期の流れのスタートは、日本映画の父(日本映画最初の巨匠)であり、紫頭巾題材の形成に大きく関与した牧野省三(マキノ省三)、原作者の寿々喜多呂九平の存在が特に大きく、

牧野省三(マキノ省三)は監督表記1、総監督表記3を記録し、19本に及ぶ正規と派生、関連の流れを形成、また3本に監督で関与したのちの大スター市川右太衛門が恩人と慕っていた沼田紅緑(戦前の時代劇映画の名匠、若くして死去)の存在も一定で目立ちます。

紫頭巾浮世絵師 市川幡谷 佐平次 勝川又蔵 紫頭巾 報龍太郎 狩田秀麿 小雀峠

牧野省三 マキノ省三 市川右太衛門 沼田紅緑



紫頭巾への牧野省三(マキノ省三)の関与作

1923 『紫頭巾浮世絵師』 製作=マキノ映画製作所 *当時として大ヒットの名作
 監督=牧野省三、金森万象 原作、脚本=寿々喜多呂九平 出演=市川幡谷、勝川又蔵(3役)
1926 『佐平次捕物帖 新釈紫頭巾 前篇』 製作=マキノプロダクション 
 総監督=マキノ省三、監督=沼田紅緑 原作、脚本=寿々喜多呂九平 出演=市川右太衛門、武井龍三
1926 佐平次捕物帖 新釈紫頭巾 後篇 製作=マキノプロダクション 
 総監督=マキノ省三、監督=沼田紅緑 原作、脚本=寿々喜多呂九平 出演=市川右太衛門、武井龍三
1926 『佐平次捕物帳 紫頭巾(総集篇)』   製作=マキノプロダクション *96分尺で国立映画アーカイブ所蔵
 総監督=マキノ省三、監督=沼田紅緑 原作、脚本=寿々喜多呂九平 出演=市川右太衛門、武井龍三





「佐平次捕物帖」は「紫頭巾」の題材、紫頭巾を探る佐平次側の目線を強めに展開しているのと考えられます。これは全体的に少なめですが、紫頭巾とタイトルになく紫頭巾題材に含まれるケースです。


原作の寿々喜多呂九平だけでなく、特に映像化は牧野省三が紫頭巾の生みの親でもあるのです。それは日本にとって重要なものであることを意味します。



佐平次捕物帖







映画の「紫頭巾」 19本40年の正規作と派生作の1~19のポイント2





2~4の『佐平次捕物帖 新釈紫頭巾 前篇』『佐平次捕物帖 新釈紫頭巾 後篇』、『佐平次捕物帳 紫頭巾(総集篇)』
1926『佐平次捕物帖 新釈紫頭巾 前篇』『佐平次捕物帖 新釈紫頭巾 後篇』、『佐平次捕物帳 紫頭巾(総集篇)』で300本主演の市川右太衛門が紫頭巾を演じています。右太衛門と時代劇の名匠・沼田紅緑との名コンビを伝える国立映画アーカイブ所蔵の96分尺が現存していることは大きな意味があります。

佐平次捕物帳 紫頭巾 国立映画アーカイブ

5の『紫頭巾(1931)』
『紫頭巾(1931)』は、紫頭巾の正規の原作者の寿々喜多呂九平自身が監督、脚本、表記はないが原作も担当、現在の制作者たちにこの多彩さができるのか、かなり困難だと思われます。時代劇でこの貪欲さ、現在の制作たちも見習っていただきたい。

紫頭巾(1931)

8の1935『密使紫頭巾 後編』
記録はないが、前篇があるため、後篇も公開されたと考えられますが、これが前篇のみだった可能性も消えません。後者だとすると計19本から18本へ減少します。原作と脚本を共同てで担当されているものが多いが、これは本家の原作である寿々喜多呂九平の影響もあると考えられます。

密使紫頭巾

12の1939『紫頭巾(1939)』
製作は幻の映画会社の極東映画、B級のわかりやすく満足できる娯楽映画を量産し、人気を博しました。この映画の主演俳優の中野伝次郎の芸名は、A・S級スターの大スター大河内傅次郎(新字・大河内伝次郎)の伝次郎から名付けたものと考えれます。中野伝次郎は15本の映画出演が確認、専属契約は1年ほどで終了、現在では考えられないがB級でも厳しい時代、活躍まで届くことができませんでした。

ヒロインだと考えられる小浜美代子は、少なくても映画80本以上(短編から中編が主)に出演したと考えられ、一定の知名度を誇る極東映画の中でも上位に活躍した女優です。極東のヒロイン女優として4年ほどの契約が続き、1936~1941年まで出演のヒロインを貫く活躍しています。監督=末崎精二 原作、脚本=蒲原十郎末崎精二のペンネーム)は下記にて触れています。

紫頭巾(1939) 中野伝次郎 大河内傅次郎 大河内伝次郎 

小浜美代子

当時は戦国時代ともいえる日本映画の中で、小浜美代子のヒロイン女優中心の4年の契約は、在籍していた極東映画がB級系であっても認められた存在だったことを意味しています。







小説家の枠を超えて、映画人でもあった寿々喜多呂九平の脚本家としての少なめの代表作






小説家の枠を超えて、映画人でもあった寿々喜多呂九平の単発のみの代表作、2023年「雄呂血」<4Kデジタル修復版>が初放送されました。原作者のみの代表作は30本を越しますが、「雄呂血」は脚本家としての少なめの代表作でもあります。


■時代劇専門チャンネル■幻のネガフィルム発見!「雄呂血」<4Kデジタル修復版>7/8(土)よる8時 TV初放送


監督は二川文太郎(戦前の時代劇の名匠) 原作・脚本は寿々喜多呂九平 主演は阪東妻三郎(時代劇六大スターの一人、剣劇王、剣聖(七剣聖の一人)ともいわれ、現存版含まないと主演200本近くを記録、歴代ベスト10入りの映画スター(主演俳優)、また田村三兄弟の父)


雄呂血 二川文太郎 阪東妻三郎 時代劇六大スター 剣劇王 剣聖 七剣聖 田村三兄弟








原作・脚本(事実原作も)・原案の「正規じゃない7人による紫頭巾」と原作や原案が寿々喜多呂九平以外の紫頭巾







原作や原案が寿々喜多呂九平以外、または表記なしの紫頭巾と原作・脚本(事実原作も)・原案の人物「正規じゃない7人による紫頭巾」の別な角度から紫頭巾題材の魅力が見えてきます。見えてくるはずです。



原作や原案が寿々喜多呂九平以外、または表記なしの紫頭巾

1933 『江戸姿紫頭巾』 製作=宝塚キネマ 
 監督=後藤岱山 原作、脚本=伽羅三平 出演=原駒子、水原洋一
1935 『密使紫頭巾 前篇』 製作=大都映画
 監督=勝見正義、益田晴夫 原作、脚本=桐沢清子 出演=琴糸路、尾上英次郎
1935 『密使紫頭巾 後編』 製作=大都映画*記録はないが、前編があるため、後篇も公開されたと考えられる
 監督=勝見正義、益田晴夫 原作、脚本=桐沢清子 出演=琴糸路、尾上英次郎
1936 『紫頭巾(1936)』 製作=全勝キネマ 
監督=山口哲平、山田兼則 原作、脚本=那智朱次郎 出演=市川松之助 松本栄三郎
1938 『御存じ紫頭巾』 製作=新興キネマ(京都) 
監督=木藤茂 脚本(事実原作も)=原健一郎 出演=羅門光三郎、高山広子
10
1939 『謎の紫頭巾』  製作=大都映画   *駅前シリーズの佐伯幸三の監督
監督=佐伯幸三 原作、脚本=青戸隆幸 出演=松山宗三郎、東竜子
1939 『紫頭巾(1939)』  製作=極東キネマ  *末崎精二の3役
監督=末崎精二 原作、脚本=蒲原十郎(末崎のペンネーム) 出演=中野伝次郎 小浜美代子
1949 『佐平次捕物帖 紫頭巾』 製作=C・A・C、配給=東宝  *国民巨星・阪妻と大河内の唯一の共演作、オールスターキャスト
1957 『姫君剣法 謎の紫頭巾』 製作=新東宝 
監督=毛利正樹 脚本=岸松雄 原案=浜田裕輔 出演=宇治みさ子、若山富三郎
1957 『謎の紫頭巾 姫君花吹雪』 製作=新東宝  *『姫君剣法 謎の紫頭巾』から4カ月後公開の後編
監督=毛利正樹 脚本=岸松雄 原案=浜田裕輔 出演=宇治みさ子、若山富三郎






原作・脚本(事実原作も)・原案の人物「正規じゃない7人による紫頭巾」

1933 『江戸姿紫頭巾』=原作・1人目・伽羅三平
1935 『密使紫頭巾 前篇』1935 『密使紫頭巾 後編』=原作・2人目・桐沢清子
1936 『紫頭巾(1936)』=原作・3人目・那智朱次郎
1938 『御存じ紫頭巾』=脚本(事実原作も)・4人目・原健一郎
1939 『謎の紫頭巾』 =原作・5人目・青戸隆幸
1939 『紫頭巾(1939)』=原作・6人目・蒲原十郎(末崎精二)
1957 『姫君剣法 謎の紫頭巾』1957 『謎の紫頭巾 姫君花吹雪』=原案・7人目・浜田裕輔





原作や原案が寿々喜多呂九平以外、または表記なしの紫頭巾、明確には、計7名が原作・脚本(事実原作も)・原案の人物が関与しています。

原健一郎は、戦前から戦中にかけて活躍した脚本家(原作者では活躍できず)、蒲原十郎(末崎精二)は一定の活動ができた人物です。伽羅三平、桐沢清子、那智朱次郎、青戸隆幸、浜田裕輔はそれぞれが映画数本のみの無名な人物


原健一郎 蒲原十郎 末崎精二

伽羅三平 桐沢清子 那智朱次郎 青戸隆幸 浜田裕輔



原健一郎は、1929『原田甲斐』(監督数130本越え巨匠・辻吉郎と主演50本越えのスター河部五郎のコンビ、有名な伊達騒動題材、13巻とされる大作)、辻吉郎は戦前を知る映画評論家の証言から、複数の秀作から時代劇の形成へ一定の功績があったといわれる人物

さらに受賞系巨匠・溝口健二(日本の映画監督で初めて世界的に名前が浸透した人物、もちろん黒澤明より前)の1941『元禄忠臣蔵 前篇』や1942『元禄忠臣蔵 後篇』 、巨匠・内田吐夢の1942『鳥居強右衛門』(主演=日本映画を代表する名優・小杉勇 原作は大作家・吉川英治、戦前の日本映画上位の名コンビ・内田×小杉の最終作)などの脚本を手がけました。

・内田×小杉の最終作とは”小杉の単独主演”の表記という意味、1955『たそがれ酒場』は劇中のクレジット表記は津島恵子、野添ひとみの女優に次ぐ3番手表記、ですが、当時のポスターにはトップ表記の主演とあります。

原田甲斐 辻吉郎 河部五郎 伊達騒動

溝口健二 黒澤明 元禄忠臣蔵 前篇 元禄忠臣蔵 後篇 内田吐夢 鳥居強右衛門 小杉勇 吉川英治

たそがれ酒場 津島恵子 野添ひとみ

末崎精二(脚本と原作名義が蒲原十郎)は、監督26 脚本15、原作7が確認できる人物、極東映画(1935年~1941年)のみで名前が確認できる人物で、1939~1941の約3年間に名前が存在しています。極東映画は短編映画を多く制作したいわゆるB級路線の映画会社、子供向けの娯楽作を量産しました。『紫頭巾(1939)』は正規の紫頭巾題材が有名なことからもっとも代表的といえます。




チャンバラ王国 極東 単行本 – 1998/8/1


<引用>

昭和十年から五年間、「明るく愉快に楽しめる」時代劇映画を製作した極東映画、極東キネマ。そこで活躍した米沢正夫、末崎精二監督等へのインタビューやスチール集、俳優名鑑、フィルモグラフィなどを収録。



純粋路線にチャンバラを追い求めたことからチャンバラ王国だろうか。なんと、この書籍、末崎精二自身へのインタビューも掲載されています。数十の映画会社が現れ消えた戦前の日本映画やその芸能の戦国時代の一端を垣間見ることのできる貴重なものです。

チャンバラ王国 極東



原健一郎と蒲原十郎(末崎精二)であっても、現代となっては、映画ファン以外からは名前が知られていない人物、伽羅三平、桐沢清子、那智朱次郎、青戸隆幸、浜田裕輔は映画ファンでさえ知られていない人物です。

「正規じゃない7人による紫頭巾」から、映画人として、無名な人物が、寿々喜多呂九平の原作によるいわゆる正規ではなく、派生の紫頭巾の本数に貢献していたことが、さらに浮き彫りになります。








千恵蔵映画をパクってた!!『武道太平記』は『天下太平記』プラス『武道大鑑』?!






2023年は生誕120年の片岡千恵蔵、映画俳優として多くの世界記録を残していますが、CS放送中心に多くの特集が組まれました。その主演のいわゆる千恵蔵映画はパクられていた。


片岡千恵蔵


1939『紫頭巾(1939)』と同じ、末崎精二の3役で監督=末崎精二 原作、脚本=蒲原十郎(末崎のペンネーム)に1940年『武道太平記』という映画が存在します。


武道太平記』の主演、は東亜3羽鳥(同社上位スター3選)の綾野小路絃三郎(映画通にはおなじみ)、助演に嵐寛寿郎という名前が確認できます。あの時代劇六大スターの嵐寛寿郎と同姓同名の別人、または表記ミスのようです。

武道太平記』は片岡千恵蔵の千恵蔵映画のパクリのように感じられます。

武道太平記  東亜3羽鳥 綾野小路絃三郎 嵐寛寿郎


千恵蔵映画 (1980年)






末崎精二の『武道太平記』は、千恵蔵の膨大な代表作の一つ1928年『天下太平記』(千恵プロ1本目、監督は稲垣浩、原作・脚本は伊丹万作、いきなり高評価されたとされる視聴不可の幻の伝説映画)と1934年『武道大鑑』(監督と脚本は伊丹万作の名作、キネマ旬報ベステン入り、視聴不可の幻の伝説映画、のちの大女優・山田五十鈴がヒロインのお妙役)を組み合わせた題名だからです。


<映画題名のパクリ疑惑>

天下太平記+武道大鑑→武道太平記



まるパクリといわれても致し方ない映画タイトルの掛け合わせ、さらに中身もパクリがある可能性も残ります。パクられることは裏を返せば成功を認める行為、千恵映画の大成功を現代に伝える一つの評価でもあります。


天下太平記 稲垣浩 伊丹万作 
武道大鑑 キネマ旬報ベステン 山田五十鈴 尾上松之助





姉妹ブログ新記事リンク
Gパイ絶唱す「命を尽くした先人たち」 売った756万人孫とキムほくそ笑む 売極「お値段以下のニトリ」中韓美少女アプリグラドルと声優ずぷぷ中

さらにその裏
売国ゲームアプリウォッチ2023年11月号 美少女の尻で釣られる情けなーい日本男児たち 木原誠二こと中北さんも余裕で「負け確」のヌキほうだーい






アンチテーゼが形成した時代劇 こ・れ・が・現代も続いている大きな功績の一つ 2023年生誕120年の片岡千恵蔵への感謝の念







『天下太平記』は、それまでの尾上松之助(日本最初の大スター、映画も最初)~阪妻のいわゆる剣戟重視の時代劇へのアンチテーゼの要素を強く盛り込んだ時代劇だったとされています。映画の内容は天下泰平だから刀はサブ、これを我で行ったともいえます。剣戟シーンを軸としない展開やその見せ場、明朗時代劇として形にしました。もちろん剣戟シーンを軸としないだけではなく、時代劇劇映画としての鑑賞に堪える質の高さが伴うことで完成を帯びました。



「アンチテーゼ」とはどういう意味ですか?
日本の日常会話では、反対の位置にあるものや対立しているものを表すときに「アンチテーゼ」を使うことがあります。 たとえば「主張A」があったときに、その反対の主張や理論のことを「主張Aのアンチテーゼ」と表すことができます。 Aさんがとある肯定の主張をしたとしたら、それが「テーゼ」です。




これが戦後の時代劇の軸となります。東映の映画最盛期も千恵蔵映画のいわゆる明朗時代劇が下敷きにあり、例えば、明朗時代劇+オールスターなど、組み合わせも展開し、時代劇映画は軽く10億人を越す大成功をしました。

千恵蔵映画による、こ・れ・が・現代まで時代劇が続いている大きな功績の一つになっています。単に殺陣やその見せ場を重視した剣劇映画のみだと、時代劇というジャンルの形成に至らず、1930年代くらいに消えさっていた可能性があります。


現代劇にできない方向の、多彩で幅の広さが時代劇なのです。もちろんこれだけではなく膨大な実積ですが、2023年生誕120年の片岡千恵蔵への感謝の念というものが湧いてきますし、

最低限な教養のある日本人であれば理解できるものだと考えます。時代劇形成の一人であり、さらに最盛期をけん引したことは、日本人が忘れてはならない大事な大事な文化功労者です。









にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : 紫頭巾, 牧野省三, 寿々喜多呂九平, 小浜美代子, 原健一郎, 市川右太衛門, 蒲原十郎, 末崎精二, 武道太平記, 片岡千恵蔵,

[ 2023/11/25 18:47 ] レアドラマ探検隊 | TB(0) | CM(6)

2023年生誕100年の祝「紫頭巾」映画19本40年、関連7本の国民的なシンジツ 生誕120年「影法師」三百本のゲンジツ




2023年生誕100年の祝「紫頭巾」映画19本40年、関連7本の国民的なシンジツ 生誕120年「影法師」三百本のゲンジツ





日本に大きなイノベーションを起こした人物やその題材を伝えない反日メディア、腐りきったテレビマスコミ、

綺麗事と偽善という虚構の気持ちよさを謳歌する悪党ども

しかもそれが100年という記念年、日本人として、この大切な部分に迫る必要性を感じました。



今回記事は「田村正和伝説・番外」としての予定でしたが、あえて外して外して、記念の展開に向かいます。
田村亮というと、前回記事に登場した松竹制作の怪談ドラマ『日本怪談劇場』の後に『紫頭巾(1972)』に出演しています。



反日放送局を続けているNHKなども無視するこの日本人にとって大切な部分、
紫頭巾の100年に独自に迫ります。


前回記事
正和伝説・番外 「耳なし芳一」に紡ぐ『コレ』空白12年 田村兄弟⇒『アレ』の半世紀に「笠森お仙」 ウソダが転がり落ちる陸日女文の千年タイケツダ






国民的題材たち 本数以上に歴代上位の有名題材「紫頭巾」 テレビドラマでも大きな存在感を放つ







紫頭巾」は数多くの名優たちが演じてきた時代劇の軽く50つを越す有名題材のうちの一つです。もちろん「忠臣蔵」や「清水次郎長」、「水戸黄門」、「国定忠治」、「遠山の金さん」、「宮本武蔵」、「股旅」などのように、歴代時代劇の上位ベスト10級に含まれるとは考えられませんが、日本にとって重要な題材です。日本人がコツコツと積み上げてきた題材の一つだからです。


世界最多ともいえる「忠臣蔵」は関連含め300本以上、「股旅」は250本以上、「清水次郎長」(次郎長)、「水戸黄門」の100本以上の映画が製作(もちろんテレビ時代劇やテレビ映画(=テレビドラマ)は含んでいない)されています。



紫頭巾 忠臣蔵 清水次郎長 水戸黄門 国定忠治 遠山の金さん 宮本武蔵 股旅


1950年代の最盛期の日本映画だと戦前から時代劇を中心に日本映画を形成に尽力し、映画400本以上に主に主演で出演した最盛期のナンバーワン主演俳優の片岡千恵蔵、さらにその千恵蔵の大映や東映時代の後輩である主演110本越えの大スター大友柳太朗が映画で演じてきました。

テレビドラマのヒット作では「江戸を斬る」シリーズで松坂慶子が演じました。実は紫頭巾は女で、しかも遠山の金さんの桜吹雪を散らす裁きの協力者だったという独自な解釈も話題になりました。


映画は1923年から1963年まで40年間にわたって少なくても19本以上が制作され、その後、テレビドラマでも数多くが制作された国民的に近い、時代劇の題材といえます。







寿々喜多呂九平 多くの代表作を残した日本映画を代表する時代劇原作者 原作で大成功、脚本で成功、監督は努力賞






寿々喜多呂九平(すすきたろくへい)は、多くの代表作を残した日本映画を代表する時代劇の原作者です。

原作92、脚本111、監督40、制作2(現存を含むと数本プラス)と計245(役職数)が確認でき、実には広く活動した人物、原作で大成功、脚本で成功、監督は努力賞といえる活動です。


原作映画の上位代表作は、「紫頭巾」、「佐平次」、「快傑鷹」、「影法師」、「雄呂血」

5つに次ぐともいえる『毒刃』と『奇傑鬼鹿毛』は3本、『復讐浄瑠璃坂』は前後作として戦後の映像化されました。

原作映画の主要俳優は、高木新平の12本、阪東妻三郎の11本、中根龍太郎の7本、市川右太衛門と片岡千恵蔵の4本(現存を含まない、主演のみで助演は含んでいない)


佐平次
 快傑鷹 影法師 雄呂血

毒刃 奇傑鬼鹿毛 復讐浄瑠璃坂

高木新平 阪東妻三郎 中根龍太郎 
市川右太衛門 片岡千恵蔵



【日本歴史散歩】市ヶ谷にある江戸三大仇討ちの舞台・浄瑠璃坂を歩く【東京歴史散歩】


ご存じない方には知っていただきたい場所です。そして”江戸三大仇討ち”です。

日本の歴史を知ることで、愛国心や日本を維持し護っていく、より良くしていこうとする気持ちを育てることができます。

アタシは「日本に愛国心がない」(だったら日本から出ていけ!)とABEMAで平然と、愛国方向の書籍でベストセラーの百田尚樹の前で言い放った日本人の精神を傷つける許せない女、金髪〇タ野郎(泰葉に春風亭小朝が言われたフレーズ)⇒ならぬ、反日朝鮮人DJウソダを擁護の金髪〇タ女のあおちゃんぺ(壺ちゃん)、

電通とテレビ朝日のABEMAは(地上波テレビも同様だが)、同ABEMA出演の緑アンパンこと、”嘘の知識で靖国神社参拝反対”の長谷川ミラは壺ちゃんよりも、もっと許せない、テロ朝はこんなへんてこなタレントたちをニュース番組に起用するな!テロ朝だから無理か1

壺ちゃんは日本人じゃないのかもしれませんが((笑)、だから韓国好き、同胞擁護、普通に合理的ですが・・・日本に住むからには彼女にも”江戸三大仇討ち”くらい知っていただきたい。日本に対する愛国心へつながります。

日本に住むなら教育と歴史は英語の何倍も大事です。


江戸三大仇討ち 浄瑠璃坂

百田尚樹 あおちゃんぺ 日本に愛国心がない 泰葉 春風亭小朝






映画の「紫頭巾」19本40年、関連7本の国民的な真実






2023年から100年前の1923年は、日本映画においても意味のあった年です。「紫頭巾」と千恵蔵があります。

ですが、片岡千恵蔵が時代劇俳優としてデビュー、嵐寛寿郎、林長二郎(長谷川一夫)のが映画デビューした1927年ほどではないと考えられます。国民三大映画スターです。

1923年は、映画の「紫頭巾」の1本目、『紫頭巾浮世絵師』が公開され、日本映画を代表する主演俳優の片岡千恵蔵が、幻の映画『三色すみれ』(現代劇)にて「植木進」名義で映画デビューした年数でもあります。


国民三大映画スター
 嵐寛寿郎 林長二郎 長谷川一夫 紫頭巾浮世絵師 三色すみれ 植木進


1923 『紫頭巾浮世絵師』 製作=マキノ映画製作所 *当時として大ヒット、当時として名作
 監督=牧野省三、金森万象 原作、脚本=寿々喜多呂九平 出演=市川幡谷、勝川又蔵(3役)
1926 『佐平次捕物帖 新釈紫頭巾 前篇』 製作=マキノプロダクション 
 総監督=マキノ省三、監督=沼田紅緑 原作、脚本=寿々喜多呂九平 出演=市川右太衛門、武井龍三
1926 佐平次捕物帖 新釈紫頭巾 後篇 製作=マキノプロダクション 
 総監督=マキノ省三、監督=沼田紅緑 原作、脚本=寿々喜多呂九平 出演=市川右太衛門、武井龍三
1926 『佐平次捕物帳 紫頭巾(総集篇)』   製作=マキノプロダクション *96分尺で国立映画アーカイブ所蔵
 総監督=マキノ省三、監督=沼田紅緑 原作、脚本=寿々喜多呂九平 出演=市川右太衛門、武井龍三
1931 『紫頭巾(1931)』  *原作表記なし、寿々喜多自身が監督
 製作=帝国キネマ 監督、原作、脚本=寿々喜多呂九平 出演=雲井竜之助、望月礼子 

1933 『江戸姿紫頭巾』 製作=宝塚キネマ 
 監督=後藤岱山 原作、脚本=伽羅三平 出演=原駒子、水原洋一
1935 『密使紫頭巾 前篇』 製作=大都映画
 監督=勝見正義、益田晴夫 原作、脚本=桐沢清子 出演=琴糸路、尾上英次郎
1935 『密使紫頭巾 後編』 製作=大都映画*記録はないが、前編があるため、後篇も公開されたと考えられる
 監督=勝見正義、益田晴夫 原作、脚本=桐沢清子 出演=琴糸路、尾上英次郎
1936 『紫頭巾(1936)』 製作=全勝キネマ 
監督=山口哲平、山田兼則 原作、脚本=那智朱次郎 出演=市川松之助 松本栄三郎
1938 『御存じ紫頭巾』 製作=新興キネマ(京都) 
監督=木藤茂 脚本(事実原作も)=原健一郎 出演=羅門光三郎、高山広子
10
1939 『謎の紫頭巾』  製作=大都映画   *駅前シリーズの佐伯幸三の監督
監督=佐伯幸三 原作、脚本=青戸隆幸 出演=松山宗三郎、東竜子
1939 『紫頭巾(1939)』  製作=極東キネマ  *末崎精二の3役
監督=末崎精二 原作、脚本=蒲原十郎(末崎のペンネーム) 出演=中野伝次郎 小浜美代子
1949 『佐平次捕物帖 紫頭巾』 製作=C・A・C、配給=東宝  *国民巨星・阪妻と大河内の唯一の共演作、オールスターキャスト
製作と監督=マキノ正博  脚本=八尋不二 原作=寿々喜多呂九平 出演=阪東妻三郎、大河内傳次郎
1949 『佐平次捕物帖 紫頭巾 解決篇』  製作=C・A・C、配給=東宝 
製作と監督=マキノ正博  脚本=八尋不二 原作=寿々喜多呂九平 出演=阪東妻三郎、大河内傳次郎
1949 『怪傑紫頭巾 総集版』  製作=C・A・C、配給=東宝  *佐平次捕物帖 紫頭巾とその解決篇の総集編
製作と監督=マキノ正博 脚本=八尋不二  原作=寿々喜多呂九平 出演=阪東妻三郎、大河内傳次郎
15
1957 『姫君剣法 謎の紫頭巾』 製作=新東宝 
監督=毛利正樹 脚本=岸松雄 原案=浜田裕輔 出演=宇治みさ子、若山富三郎
1957 『謎の紫頭巾 姫君花吹雪』 製作=新東宝  『姫君剣法 謎の紫頭巾』から4カ月後公開の後編
監督=毛利正樹 脚本=岸松雄 原案=浜田裕輔 出演=宇治みさ子、若山富三郎
1958 『紫頭巾(1958)』 東映(京都)  *秀作または名作か、比較的多くの観客を動員、ほぼオールスターキャスト
監督=大西秀明 企画(制作)=玉木潤一郎 脚本=西川清之、高岩肇  原作=寿々喜多呂九平 出演=片岡千恵蔵、大河内傳次郎
1963 『変幻紫頭巾』 東映(京都)  *秀作、名作か 豪華キャスト 巨匠・加藤泰による千恵蔵、大友の先輩後輩主要の独自解釈を実現
監督=工藤栄一 脚本=加藤泰  原作=寿々喜多呂九平 出演=大友柳太朗、片岡千恵蔵
19

*出演は上位2選のみ

紫頭巾は元原作が寿々喜多呂九平の場合、下記の『佐平次捕物帖 疑問の白髯』以外、全てに佐平次という人物が登場します。下手人(犯罪者)を捕まえる十手持ちの目明しです。

佐平次捕物帖 疑問の白髯






「紫頭巾」に次ぐ代表的な映画原作『影法師捕物帖





寿々喜多呂九平の「紫頭巾」に次ぐ代表的な映画原作といえるのが、この『影法師捕物帖』です。影法師題材は市川右太衛門版の「影法師捕物帳」の前後2本を含め、1925~1959まで6本が映画化しています。



影法師捕物帖 予告編



影法師捕物帖

この予告は2023年に生誕120年の嵐寛寿郎の三百本記念映画、新東宝オールスターキャストとして、制作公開の1959『影法師捕物帖』です。個人的にCS放送で録画している映画です。予告の方が貴重、この300本は主演ではなく出演本数です。


通称・嵐寛の主演作は現実は300本に到達していません。もちろん出演は余裕で越しているのですが、2023年時点の主演で、確認ができるのは、260本ほどです。嵐寛寿郎は他の時代劇六大スターの5名と異なり、戦前の主演時代から助演が多い部分が特徴です。戦後の主演時代となると大河内傅次郎と競う助演の多さがあります。

2023年に生誕120年の嵐寛寿郎 嵐寛寿郎の三百本記念映画

影法師捕物帖』の嵐寛演じる朱桜玲三郎は「紫頭巾」とも通じる頭巾姿なのが特徴です。紫頭巾は田沼意次親子の私利私欲の不正政治(2023年の自民党政権の腐敗と通じる要素)を批判し正す痛快さに欠ける描写が複数描かれますが、『影法師捕物帖』はより直球に痛快な悪党成敗を展開しているのが特徴です。

朱桜玲三郎 田沼意次

実は1959『影法師捕物帖』。オールスターキャストですが、名優数は少なめの20名ほど、しかも東映などと比べると主要も助演も小粒多め、また新東宝のオールスターの中でも上位には含まれません、同嵐寛の「明治天皇」の1本目などの方が圧倒的に出演俳優が豪華です。



月を斬る影法師 映画ポスター プレス 大映 1955年 三隅研次監督勝新太郎長谷川裕見子峰幸子

意外と知られていない勝新太郎が頭巾姿?市川雷蔵と大きな差があった頃のデビュー2年目のレアな映画のポスターです。

勝新太郎 市川雷蔵





紫頭巾は登場しないが、紫頭巾を追い詰める目明しの佐平次が登場する関連作7本

1923 『鮮血の手型 前篇』  製作=マキノ映画  
監督=沼田紅緑 原作、脚本=寿々喜多呂九平 出演=市川幡谷、阪東妻三郎
1923 .『鮮血の手型 後篇』 製作=マキノ映画
監督=沼田紅緑 原作、脚本=寿々喜多呂九平 出演=市川幡谷、阪東妻三郎
1924 『佐平次捕物帖 疑問の白髯』=『疑問の白髭』 製作=帝国キネマ 
監督、脚本=佐藤青秋 原作=なし 出演=市川幡谷
1925 『佐平次捕物帖 怪物 前篇』 製作=東亜キネマ *正月映画
 監督=金森万象、原作、脚色=寿々喜多呂九平 出演=高木新平(3役)、マキノ輝子 
1925 『佐平次捕物帖 怪物 後篇』  製作=東亜キネマ 
 監督=金森万象、原作、脚色=寿々喜多呂九平 出演=高木新平(3役)、マキノ輝子
1928 佐平次捕物帖 謎 前篇』 製作=マキノプロダクション 
 監督=マキノ省三、松田定次 原作=寿々喜多呂九平 出演=近藤伊与吉、南光明
1928 佐平次捕物帖 謎 後篇 製作=マキノプロダクション  
 監督=金森万象 原作=寿々喜多呂九平 出演=近藤伊与吉、南光明



5本のうち、4本が寿々喜多呂九平の原作です。「佐平次捕物帖 怪物」は、長門裕之と津川雅彦の母、沢村国太郎の妻の、日本映画の伝説の女優・マキノ輝子(別名・マキノ智子など)も出演、アクションスター第1号ともされる高木新平が3役、東亜キネマの正月映画でもあり、力を入れた映画だったといえます。

長門裕之 津川雅彦 沢村国太郎 日本映画の伝説の女優 マキノ輝子 マキノ智子


『佐平次捕物帖 謎 前篇』は、日本映画の父、日本映画最初の巨匠のマキノ省三(牧野省三)と息子の松田定次(妾の子であり、マキノ家に入らず、のちに日本映画最多観客動員監督、片岡千恵蔵と50本黄金コンビ形成)が共同監督の表記、と大巨匠・マキノ雅弘(当時・マキノ正博)とのコンビで成功の時代劇スター南光明と、監督・原作・脚本・出演とマルチに活動した近藤伊与吉(全般は現代劇)が主要、実写だけでなく、アニメも監督しています。


牧野省三 マキノ省三 松田定次 日本映画最多観客動員監督 マキノ雅弘 マキノ正博 南光明 近藤伊与吉



マキノ出身のチャンバラスター―鳥人・高木新平 月形龍之介 阪東妻三郎 嵐寛寿郎 単行本 –

45円という奇跡?!?!

<引用>

鳥人・高木新平、嵐寛、阪妻らチャンバラスターに、マキノ智子、伏見直江らヒロインたち。多数のブロマイドコレクションから選りすぐった写真と、活狂のたわごとで甦る、チャンバラ映画の黄金期。




高木新平は上記4名の主演時代にチャンバラ以外の現代劇でも多くで活躍しました。






紫頭巾 正規と派生の紫頭巾 基本は3種類の紫頭巾に分類





紫頭巾は基本は3種類に分類されます。それは何か、1,原作が元作の寿々喜多呂九平であるのか、それとも、2,原作が元作の寿々喜多呂九平の影響を受けた別な人物、3,元作の寿々喜多呂九平の影響を受けた原作の表記なしです。3は事実上、監督や脚本家、プロデューサーが原作的といえますし、寿々喜多呂九平と表記できないほど、原作をいじくる破天荒を行ってしまったといえます。現在の日本のアニメとも通じます。いわゆるパクリとも言えます。

現代も他国を盗むようにパクる韓国や中国のようなそのまんまではないにしても、日本が日本をパクっている、派生しているのです。紫頭巾のパクリに関しては登場する紫頭巾の姿はほぼ同じであり、中の人物や周囲、設定などは違いつつも、事実上パクリといえます。やはり事実は伝えるべきだと考えています。今ほどではないにしても、日本人も日本人をパクりまくっていた時代が戦前にあったのです。このパクリを色濃く伝えているのが、「紫頭巾」といえる部分があります。




パクリなのか、オズラさんの爆笑動画記事へのリンク テレビでまったく笑えない現代、オズラで2023年一番笑った。
リンク予定・・??




原作が寿々喜多呂九平以外の紫頭巾は紫頭巾題材に含めないと捉える場合もありますが、主要が紫頭巾であれば、紫頭巾題材と捉えることもできます。個人的にはどちらも正解と考えます。つまりは正規と派生の紫頭巾です。



姉妹ブログの新記事
全てが嫌な思い出しか残らない韓国旅行『沸騰ワード10』の森川葵とモリカワアオリがイった韓国旅行ゼッタイに行くな!! 「くしゃ丸ティシュ」ヒ・ゲ・キ大感激


国民的作曲家の家庭がキャツに襲われた。10人越えごっくんリレーとと穴ファ 衝撃のゲ・ン・ジ・ツに迫れ
売国芸能ウォッチ2023年10月号 テレビマスコミはジャニー喜多川による未成年たちへの「アナル〇ックス」に関して、完全無視を決め込んでいる

「どうする拓哉」売国芸能ウォッチ2023年10月号 木村拓哉を襲った性獣ごっくん喜多川「YOU、悪役やっちゃいなよ~」「主演で散っちゃいなよ~」共謀隠蔽常習犯マスゴミ 「拓哉危うし」進撃の堺雅人






にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : 寿々喜多呂九平, 嵐寛寿郎, 百田尚樹, 紫頭巾, 高木新平, 浄瑠璃坂, , あおちゃんぺ, 長谷川ミラ, 影法師捕物帖,

[ 2023/10/26 07:53 ] レアドラマ探検隊 | TB(0) | CM(10)

正和伝説・番外 「耳なし芳一」に紡ぐ『コレ』空白12年 田村兄弟⇒『アレ』の半世紀に「笠森お仙」 ウソダが転がり落ちる陸日女文の千年タイケツダ




正和伝説・番外 「耳なし芳一」に紡ぐ『コレ』空白12年 田村兄弟⇒『アレ』の半世紀に「笠森お仙」 ウソダが転がり落ちる陸日女文の千年タイケツダ








兄弟(姉妹)とか何なのか、親子に次ぐ、生涯にわたって繋がりを切ることが困難な親族、血縁であり、同時に他者、ある種のライバル、程よい距離感があっての良好関係、田村正和も、弟・田村亮とは同じ大学の同学部になりたくないとも話していた。

ある種の同学部になることで、ミスもする姿の恥も晒すことも生まれてしまうもの、弟に強い自分をみせておきたい。

現実には無理なのですが、それでも感情や性根は、女性以上にある男のプライドというものがあります。彼も完璧な超人ではなく、芸能という浮き沈みや流行り廃り、水物のなかで生き抜いてきたことが異なる、あくまで我々と近しい一人の人間なのです(=でしょうか)

*廃り=すたり




前回記事「田村正和伝説8」衝撃の”弟と同じ教室になりたくなかった”発言 『どてらい男』「大岡忠相」全裸の絡み合い ばつが悪かった学生時代の理由




半世紀後へ続く 田村正和の弟と兄の国民的怪談物 松竹で交差した堀内真直と古野英治の共通点







個人的には『紫頭巾(1972)』に浪人役で出ていたのが、田村亮(お笑い芸人のロンドンブーツ1号2号とは同姓同名の別人の俳優)、もっとも古い連続テレビドラマ出演作の視聴です。

おっと、ごめんなさい、1970年のオムニバス時代劇ドラマの『日本怪談劇場』がありました。忘れちゃいけない彼にとってテレビ時代劇の最初の主演です。

日本怪談劇場 紫頭巾(1972)

日本怪談劇場』の田村亮は、2、3話の「怪談・牡丹灯籠 鬼火の巻」、「怪談・牡丹灯籠 蛍火の巻」で主演の新三郎役を演じています。監督は巨匠・中川信夫でした。ちなみの兄の田村高廣は、6,7話の「四谷怪談 稲妻の巻」、「四谷怪談 水草の巻」の主演の民谷伊右衛門を演じています。兄弟が同じドラマ内の前後編で主演という比較的珍しい出来事を実現させています。

牡丹灯籠」と「四谷怪談」は共に、戦前から何度も映画やドラマで100年近くも、映像化されてきた怪談物の上位の居題材です。

牡丹灯籠 四谷怪談

日本怪談劇場』を視聴しているチワワドラとしては、11話の「怪談・耳なし芳一」が印象に残ります。歌舞伎の名優・四代目坂田藤十郎(当時は二代目中村扇雀)が主演、

耳なし芳一 四代目坂田藤十郎 二代目中村扇雀

松竹を定年退職後の映画監督の堀内真直(名匠に近い活動、WIKIには名プログラムピクチャーとあるが映画の明確な代表作が少ない(ほぼない)ため、現実は名匠とは言い難い、つまりWIKIは嘘と判断)が監督、ですが、やはりプロ、ちゃんと腰を据えて落ち着いた内容が撮れる監督です。

伊達に松竹を定年退職ではありません(定年退職後も残る監督もいましたが、当時はやめる監督も多い時代)、その辺は現代の真似・エセ時代劇とは違います。実はこの「怪談・耳なし芳一」は、堀内真直の映画やドラマを含めた全体の遺作とされています


堀内真直は、堀内真那夫名義時の1940『権三と助十』(権三=坂東好太郎、助十=高田浩吉)、古野栄作(古野英治)と共同監督がデビュー作、大スター林長二郎が1930年代後半に東宝へ移籍後(移籍後に長谷川一夫に改名)、坂東好太郎と高田浩吉は松竹時代劇を支えました。権三と助十も有名な題材です。

堀内真那夫 権三と助十 坂東好太郎 高田浩吉 古野栄作 古野英治 林長二郎 長谷川一夫

1940『権三と助十』は、まさにこの時期の作品、

この時期の松竹の時代劇映画は林長二郎の流出も影響し、日活の時代劇映画(千恵蔵、阪妻、嵐寛の日活3大スター(国民的体制)に大きく圧されてしまい、名作も秀作も激減と低迷、苦しい時期でした。林長二郎が居ても困難ですが、坂東好太郎と高田浩吉のみでは完全に太刀打ちできませんでした。


堀内監督は、太平洋戦争とその後の混乱(シベリア抑留など)を含み、監督年数を大きく削られた監督で、1940年の監督デビュー後、以後の次の監督作が助監督を経た1952年と、実に約12年の大空白にさいなまれた人物です。監督人生の12年は実に大きなものです。

シベリア抑留 太平洋戦争

古野栄作は、別名義・古野英治時代には、1931年から1936年時期の大スター市川右太衛門プロダクション(略称・右太プロ)の中期から末期の監督としても知られています)コンビ数は20本近くを数え、一定の活躍したことは事実ですが、突き抜けた決め手が少なく、名匠に含むかは少々の疑問が残り、実は堀内真直と似ています。

市川右太衛門 右太プロ

堀内真直と古野栄作の互いが活躍したものの、名匠として決め手が弱い共通点があります。

古野監督自身としてのピーク時は右太プロ時代であり、古野栄作名義よりは古野英治としてのほうが一般的に知られているといえます。この古野英治は、晩年の松竹時代に古野栄作を名乗った作品があります。


市川右太衛門=長編映画メインでは片岡千恵蔵に次ぐ主演300本越、歌舞伎俳優をやめて1920年代半ばに映画界入り、戦後の東映時代は千恵蔵と”両御大”(事実上のトップ2俳優)と呼ばれ、年俸も千恵蔵次ぐ上位を記録、また千恵蔵と最盛期の東映映画の重役の功績、歴代数名のみの映画会社最大手の重役スター、国民的映画スター、時代劇の大スター、現在も次世代のファンが多く、通算30本強の「旗本退屈男シリーズ」や最盛期のみで数億人動員した「東映オールスター映画」(時代劇側の)でもおなじみ、2023年時点も現役のベテラン俳優の北大路欣也の実父

重役スター 片岡千恵蔵 両御大 旗本退屈男シリーズ 東映オールスター映画 北大路欣也


さらに堀内真直は、『日本怪談劇場』の6,7話の「四谷怪談 稲妻の巻」、「四谷怪談 水草の巻」の監督を含めて全13話中、計3話の監督を務めています。国民的に知られる題材の「耳なし芳一」はですが、映像化で視聴可能なものがほとんどないため、この映像化は大変貴重なものです。


日本怪談劇場 DVD-BOX


早いモン限りの貴重なDVD-BOX

コントリビュータ 田村高廣, 宮内順子, 馬渕晴子, 中村扇雀, 朝丘雪路, 村松英子, 佐藤慶, 田村亮, 天知茂, 中野良子
稼働時間 10 時間 50 分




天知茂は『日本怪談劇場』の最終回の「怪談・雪女」、佐藤慶は1話なのに、7番目表記はさすがにカナシイ、いわゆるスターではないのは事実です。ちなみに、舞台系の宮内順子(地味目な活動の女優)と朝鮮系の日活ロマンポルノのスター女優の宮下順子は一文字違いの完全な別人です。

天知茂 雪女 佐藤慶 宮内順子 宮下順子







さすが時代劇 半世紀を超えて、田村兄弟の怪談から50年後、1970年から2002年、実に約52年後の”消えかもしれないテレビドラマの怪談”






2023年時点、半世紀を超えて、田村兄弟の怪談から50年後、1970年から2002年、実に約52年を経過




『日本怪談劇場』
正和の弟の田村亮は、2、3話「怪談・牡丹灯籠 鬼火の巻」、「怪談・牡丹灯籠 蛍火の巻」の主演 監督は巨匠・中川信夫
正和の兄の田村高廣は、6、7話「四谷怪談 稲妻の巻」、「四谷怪談 水草の巻」の主演



第五話怪談百物語耳なし芳一

前回記事の田村亮の全裸映画にように消えかもしれないテレビドラマ、
怪談百物語』、実に特別なご招待へようこそ、お早めにどうぞ。竹中直人が最初の表記だが、肝心の「耳なし芳一」の芳一役は岸谷五朗、演出は「平成・大奥シリーズ」の林徹、これ外国被れの主題歌要るのか?まさにポリコレ?!

また『怪談百物語』は、本記事につながる記事シリーズの「田村正和伝説」の初期記事登場の時代劇功労者・西岡善信(生涯功労の牧野省三賞受賞)の映像京都も制作協力で関与


竹中直人 岸谷五朗 平成・大奥シリーズ 林徹 西岡善信 牧野省三賞受賞 映像京都


まんが日本昔ばなし [ 耳なし芳一 ] 夏休みスペシャル⑦

ドラマは消されるかもしれませんが、こちらはたぶん消えない芳一?、アニメ「まんが日本昔ばなし」でも映像化されています。

まんが日本昔ばなし


フジテレビで放送された時代劇のテレビドラマ『怪談百物語』の全11話の5話が、この「耳なし芳一」でした。2002年8月から12月に放送、1話の「四谷怪談」のお岩は菅野美穂だった。1話は番組最高の15.1パーセントの高視聴率を記録、最終回は瀬戸朝香で「牡丹燈籠」、4話にキムさん疑惑も残る木村佳乃で「番町皿屋敷」、女優側を押し出した事実上の日本三大怪談です。

お岩 菅野美穂 瀬戸朝香 木村佳乃 番町皿屋敷



耳なし芳一・雪女 新装版-八雲 怪談傑作集- (講談社青い鳥文庫) 新書









大作家・河竹黙阿弥 有名浮世絵師・鈴木春信 「怪談・笠森お染 幽霊茶屋」と浮世美人寄花 笠森の婦人 卯花(鍵屋お仙)






怪談百物語』から『日本怪談劇場』へ戻りますが、10話の「怪談・笠森お染 幽霊茶屋」は、大作家・河竹黙阿弥(かわたけもくあみ、江戸時代幕末から明治にかけて大活躍の歌舞伎狂言作者です。怪談物の題材へも貢献した人物、マスコミはこうした日本の文化に貢献した人物をもっと取り上げるべきだ。

現代の大衆的支持の流行作家のような存在)による”笠森お仙”の題材のことで、現在はテレビなどが日本の文化でありながらきちんと伝えないため、残念なことに知る人が知る題材になってしまいましたが、『日本怪談劇場』はこの題材の内容を知る貴重な機会を与えてくれています。”笠森お仙”をいじくって”笠森お染”として、幽霊(怪談)話にデフォルメした内容です。

河竹黙阿弥 笠森お仙 笠森お染


【えどはく学芸員がたっぷり解説】「浮世美人寄花 笠森の婦人 卯花(鍵屋お仙)」(特別展「市民からのおくりもの2019―平成30年度 新収蔵品から―」より)


<引用>

錦絵の創始期に活躍した浮世絵師・鈴木春信が、当時の江戸の高名な美人を花になぞらえ、その花を詠んだ和歌を添えて描いた晩年のシリーズ「浮世美人寄花」より、「笠森の婦人 卯花(鍵屋お仙)」(平成30年度新収蔵品)と「楊枝屋婦 菫菜(本柳屋お藤)」(平成3年度新収蔵品)を比較し、解説します。



有名な浮世絵師・鈴木春信が笠森お仙を描いた「卯花(=鍵屋お仙)」、この水茶屋「鍵屋」で働いていたと記録されています。

浮世美人寄花 鈴木春信  卯花 鍵屋お仙




裏記事予定 笠森お染と笠森お仙についてリンク
おせんとおみつをつなぐ「笠森お仙」 森光子と東山紀之につながる大天狗さん
・近日公開予定






1000年対決!清少納言紫式部が大陸に100年大勝 「笠森お仙」河竹黙阿弥BY笠森お染






『日本怪談劇場』の10話「怪談・笠森お染 幽霊茶屋」主演の朝丘雪路はお仙とおきつの2役、元の題材を知れば知るほど、
朝丘雪路の実に独特な面白い演技(いい意味で)、あ、あっ失礼、個性派演技と合いまって楽しめます。

朝丘雪路

河竹黙阿弥は、江戸時代幕末から明治にかけて活躍した歌舞伎狂言作者、いわゆる当時の大作家、歌舞伎の枠を超えて、現在までの多くの題材が映像化しています。


日本の笠森お仙は有名な女性です、今でいう見た目の良い女性の労働者(アルバイト含む)、人間性は問題あったかもしれませんが、若くて見た目がイイが取り柄、まさにアイドルのような、いえおのといえる存在、江戸時代後期の水茶屋の看板娘として今も有名です。

日本舞踊「笠森お仙」太秦江戸酒場2015~琳派の秋~


<引用>

京都太秦映画村にて
太秦江戸酒場~琳派の秋~

江戸時代に実在した水茶屋の看板娘、「笠森お仙」を踊らせて頂きました。



貴重な映像、テレビドラマは無理などでドラマを想像していただたい。たかが欧米被れの盗作の整形男女のKーPOPだっさだっさダンス(反日外国主義の日本テレビなどTVマスコミと韓国政府の共謀の流行工作)よりも日本舞踊何倍も格別、

見た目のきらびやかなものは悪魔、じんわりと心に染み込みを刻む、


視覚と見た目倒しの
”目先だけの刺激の芸能はたかが幼稚レベル”

これは韓流よりは何倍かマシだが、性犯罪共謀のジャニーズタレント,
壺元系のAKB系や坂道系なども近い

日本のカ、日本舞踊のレベルの高さ、ぜひ気づいてほしい。


韓流宗教にハマるような精神異常者の身体だけ大人の事実上の子供が、いっちょ前に子供を生む時代、

朝鮮人3000人疑惑の某広告代理店と日本側テレビ局、韓国政府共謀の流行デマを信じ、年中に日本人を反日凶器で殴りつけてくる南朝鮮へわたる狂った日本人女性たち、この時点で、もう難しいのだろうか

しかも伝えないと読めない名前を付け、一生背負う子供がかわいそう、あの藤岡弘でさえ、子供が将来苦しまないように、説明せずに誰でも読める名前を付けています。自己満足で子供に難しい読みにくい名前を付ける鬼畜な両親は、ある種の悪党だ。

藤岡弘

坂東玉三郎舞踊集1 京鹿子娘道成寺 [DVD]

踊りの名手の坂東玉三郎の舞踊に日本舞踊の魅力^^また彼になってしまうところは否めないが、重要な人物です。同じく名手の六代目中村歌右衛門(戦後の歌舞伎界における女形の最高峰と呼ばれた)は時代が古く鮮明な映像がありません。


六代目中村歌右衛門 戦後の歌舞伎界における女形の最高峰

日本人なら、ぜひ歌舞伎を批判しないであげてください。2023年は1970年代に遠山の金さんを演じた父と母を手にかけた大バカ者の犯罪者はいましたが、やはり日本の文化、一部の大バカ者の犯罪者のために、時代の変化や流れだと壊すような、たった数十年レベルではありません。良くも悪くも”日本人が300百年近く育ててきた”ものです。そして、皮肉なことに市川猿之助(現)の逮捕と同年の2023年9月に、スーパー歌舞伎の市川猿之助(先代)が、天へ召される、運命とは実に皮肉なものです。

歌舞伎が壊れて喜ぶのは、日本を我が物にしたい外国勢力の手先たちです、

坂東玉三郎 スーパー歌舞伎 市川猿之助 日本舞踊

250年以上前の日本は、こうした権力者の母や妻、娘以外にも、庶民の女性の人気者に有名人が数多く存在しています。お隣の女性差別の朝鮮半島とは大違いです。また文化力と民主主義的な歴史から違います。中国の前の国(中国3000年や4000年は大嘘、中国は中国共産党が支配してからなのでたった70年ほどの歴史、多くの歴史家や政党を立ち上げる作家の百田尚樹(何度か間違えただけなのか)なども嘘をバラまいています。

中国3000年や4000年は大嘘!!たった70年ほどの歴史

百田尚樹

中国の前の国の歴史は、隠蔽や改ざんだらけ、外国にお金をバラまいて、自分たちを強く見せるためにプロパガンダ、子分の小中華こと韓国も韓流デマでマネ中、過去の中国の前の国の長安の人口(日本の京都の朝廷の方が人口上)や三国志の兵隊の数の桁違いの数字の改ざん、現在の中国の人口は14億ではなく、10億以下が事実の説多数あり、などなど、挙げたらきりがない。

日本のマスコミが流す中国の数字は、中国以前の国も含め嘘が多い

集英社やゲームなどの日本企業絡みの三国志などの大陸コンテンツに金を落とすな!日本人は奴らを認めてはならない、認めるとどんどん攻めてくる。

三国志は捏造天国、いろいろ嘘だらけ!!!





<日本と中国の前の国のもっとも古いとされる文化系の女性の著名人の一例>
2600年以上続く日本
清少納言=平安時代中期の966年頃生まれ 1025年頃死去
紫式部=平安時代中期の973年生まれ 1031年死去

<歴史改ざん主義の建立70年強の中国から前の国、3000年も4000年も大捏造中>
李清照=北宋末期の1084年生まれ 1155年死去


*記事タイトルの女文頂上対決の女文=女性文化人



清少納言 平安時代 紫式部 李清照


まさかの日本の方が先だった~~
物事が一概に勝ち負けではないが、
日本、大陸に勝ったったw、やっ、たっ、あぁ!
しかも100年も~

あ、そうそう(曹操とかけてないw)それ以前に中国は別な国の時代だwあの清少納言サマ、紫式部サマに失礼過ぎた清少納言紫式部共に、李清照よりも100年以上前に生まれ、100年近く前に文化的な大功績を残しています。歴史として1000年付近の100年はかなり大きいといえます。たとえば数万年前の100年はあまそれにり差がないわけですが、この1000年の変化は凄まじさがあるからと考えます。

李清照は、日本の1000年前の歴史以上に功績が怪しい、もちろん歴史は基本勝者側による情報が強いが、日本以上に勝者の権力が強い”中国の前の国”の人物、現在定着しているシルククロードの歴史さえ、本当かと、疑問を投げかる研究者がいる中、李清照は現在に残る功績として、そのままの形で過去に存在していたのか?!疑惑は清少納言紫式部の何倍も残ります。

国が亡ぶと一族皆殺しが文化の悪名高い大陸よりも、日本の方が公式に有名女性の文化人が先だったわけです。平和が続くと文化は高まりやすいという歴史の事実もあるように思われます。しかも二人、日本の民主主義と男女平等の民主主義は1000年前は世界でほぼ1位です。記録的に日本は、平安時代から大陸文化や”中国の前の国”を逆転したといわれています。







韓国政府の膨大な国家統計データ改ざん「所得・雇用・不動産価格まで」長年、国民や諸外国を騙す。DJウソダ(当たり屋ホントだ)そのものだ!





韓国の最近の大嘘をお届け、みんなで大笑い。相変わらず日本のテレビマスゴミ完全無視と隠蔽中
K₋HK(NHK)、コリアテレビ(日本テレビ)、テロ朝、TBS(BTS)、ウジテレビ(フジテレビ)、テレビコリアン(テレビ東京)

テロ朝だけ、そのまんまwwカッコさえもなしwTBSそのものがランキング不正バレのBTSのように反日と在日だらけ

テレビ東京は、2023年9月現在、なんと地上波で月曜から日曜まで週7回の毎日、韓国ドラマを放送、朝方の再放送含むとさらに回数は増す、誰も求めていない1パーセント級の韓国ドラマ、まさに反日のテレビコリアンだ!

わざと軽めな被害のみの証言を伝えるジャニーズネタで現実から逃げんなあ~!!!


日本の100倍か、韓国そのものほとんどがろくでもない事実、コレ、こうした政治体制を存続させている韓国民がもっとも悪い

以前、NHKの街頭インタビューで、日本人の朝鮮壺女性が、韓国の政治と文化は関係ないと話していますが、これはDJウソダ!!

*朝鮮壺女性=国賊級の韓国好きなお花畑オンナ


”ウソダではなくホントダ、そうなのです。
どんな国や地域でも、政治と国民、文化は大きく結びついています。

許せないことにNHKの街頭インタビューで、国賊級の韓国好きなお花畑オンナの嘘を選び、国民へ向けて流していました。

その国のが人々がおかしければその代表の政治家は必然とおかしくなります。

これは日本も他人事では済みません。







日本のそばには世界最悪級な4つの国があります。ロシアや中国、北朝鮮よりは、韓国は少しマシなだけです。

断言しますが、韓国はこれからもこうしたことが何度も起こります。

日本も韓国にようにないように気をつけることは大事だが、ここまでは酷くなりにくい

【韓国経済はやはり地獄】発覚!韓国政府による国家統計データ改ざん「所得・雇用・不動産価格まで」長年、国民を騙し続けた。

韓国最新大嘘バレは国家統計データ改ざん「所得・雇用・不動産価格など大多数」、少し前だとコロナの感染者数も後から大修整していた韓国、

さらに2023年8月に世間を騒がせたDJウソダ(=当たり屋ホントだw)、テレビは、こいつが被害者だと一方的過ぎる嘘(たとえ当たり屋されたにしても、触った日本人は悪いが・・)をバラまいた。9月も地味にウソダによる反日ニュースが継続中

このウソダは、過去の流出写真から、完全整形のおっぱいバレ

AAくらいのぺっこからGくらいに大改造膨張、

さらに過去の流出写真の元のチョン顔から、大改造顔によって、まったく別人の今の外人顔になったった!

もうひとつ、日本人に自分から激突し、ほぼ中国人と朝鮮人がほとんどの役員のイベント主催会社と組んで、いつもの朝鮮人特有の被害者アピールオンナ!!

全身白人マネのマイケル・ジャクソンも余裕で笑わせる、ばっちっいトンスルサイボーグオンナダ

DJウソダ 当たり屋ホントだ マイケル・ジャクソン

大嘘付きの徴用工(徴用工そのものが捏造の大嘘)労働者や自称慰安婦おばあさん(徴慰安婦そのものが捏造の大嘘、世界中のどこでもいる合法のただの売春婦(昔の風俗嬢)、しかもかなり良い給料をもらっていたとされ、逆に日本に感謝すべき立場)と同じなどの反日韓国国民だけではなく、え、どえーーーえー、あの反日政権そのものだった(苦笑)






一和だねぇのチョン「ユメジサントモダチ~」若さ女!壺マダム「アニョハセヨ~(笑)」 「仕草がイイ笑顔がイイ」捏造の旧統一教会





名作映画15本以上、ヒロイン数85本、映画出演170本の大女優は
旧統一教会と深くつながる
反日大国・韓国に日本人の多額の金をさせた朝鮮壺女優


ユメジサントモダチ~www(日本人としては最悪ダ)

姉妹ブログの新記事 9月15日公開
一和だねぇのチョン「ユメジサントモダチ~」若さ女!壺マダム「アニョハセヨ~(笑)」 「仕草がイイ笑顔がイイ」捏造の旧統一教会




日本国民の懐を狙う「全反日教育が義務の韓国人たち」 われわれ日本人は、朝鮮半島を遠く眺め、皮肉り大笑いし、批判を続けることの大切さ





時代劇のジャンルの一つm怪談物という文化に、田村兄弟の関わり
世界的な日本の1000年前の女性文化人たちなど展開いたしました。



われわれ日本人は、朝鮮半島を遠く眺め、皮肉り大笑いし、批判を続けることは大事、
朝鮮半島系と自ら関わらないことが大切ですし、求めたり、認めてもなりません。
さらに奴らがゆすりたかりで入り込んできます。

最低限な国防上の安全保障上の関わりのみに抑える必要があります。

過去の済州島からの大量な朝鮮人たちによる
不法入国者、不法滞在者たちによる日本人の苦しみや悲しみを振り返り
被害の事実を大きな教訓とし、これ以上の外国系を招き入れてはなりません。

自分たちは朝鮮半島系のような社会にならないように
団結を強め、常に戒め、努力して務め、
先人たちが引き継いできた日本の文化と、外国勢力の侵入を一定以上は抑止し、
もちろん移民(表向きは外国人労働者)も含めて、強固なルール形成と数の制限、

ダンスにように外国の真似ではなく、
日本独自な新規の文化の育成も、大切する必要性が求められます。





にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : 日本怪談劇場, 怪談百物語, 堀内真直, 清少納言, 紫式部, 李清照, 牡丹灯籠, 四谷怪談, 耳なし芳一, 笠森お染,

[ 2023/09/25 20:38 ] レアドラマ探検隊 | TB(0) | CM(8)

「田村正和伝説8」衝撃の”弟と同じ教室になりたくなかった”発言 『どてらい男』「大岡忠相」全裸の絡み合い ばつが悪かった学生時代の理由




「田村正和伝説8」衝撃の”弟と同じ教室になりたくなかった”発言 『どてらい男』「大岡忠相」全裸の絡み合い ばつが悪かった学生時代の理由





田村正和というと、主演のテレビドラマのヒット作が歴代トップの通算15本(テレビドラマを代表する俳優)を越す以外にも、

日本の芸能史の中でも歴代上位に、”兄弟エピソードが多い俳優と”しても知られています。こうした面においても事実上のレジェンド級になっていることを思い知らされます。




「田村正和伝説7」 正和と巡る1000年の能世界”ナザアン砲さく裂” 稽古先は梅ヶ丘か梅が丘?金春流!橋弁慶と中村さん 動画が語る韓国ドラマ「承認欲求と自己顕示」大嘘オンパレード






田村正和 成城大学の経済学部卒業秘話 弟と「同じ教室にはなりたくないからさっ~w」の真相







28,14

田村正和「中学高校の頃かな、忙しかった勉強でしょ、ちゃ(舌打ち?のような口の音)、それからカバンの底に扇と足袋が入ってるわけよ」 スタッフ男性の声?「ほー」(小さい声) 田「おで終わってからバスケットの練習ね、部に入ってたからね、それが終わってから。うめがおかに先生がいらっしゃってね、お能の」 ス男「うん」 田「そこでお能の稽古でしょ、んでうち帰ってきてくる」


映像ー指先を右のほほに着けるしぐさの正和


田「成績下がるわけよ。どんどんどんどん下がってね、入ったころはたいへんいいせき成績だったんだけど、だんだん(小さく声)、大学出る頃は経済学部だけどね」



田村正和



↑前回の最後の部分
ーーーーーーーーーーー
↓ココから今回の新しい部分です。


分数の参考動画
田村正和 49歳|プライベートインタビュー


田村正和




28、50過ぎ
テロップ 成城大学の頃


田村「んーー、経済学とれないと、経済学部卒業できないからねえ 下から弟があがってくるでしょ。同じ教室にはなりたくないからさっ~先生にお願いに行ってね、お願いですから単位くださいっすって、でね、単位いただいて」


>「単位くださいっすって」部分は「すって」と聞こえるため

>「下から弟があがってくるでしょ」⇒日本の芸能史に燦然と輝く、大スター阪東妻三郎の四男でもある田村亮(芸人とは別人の同姓同名の俳優)のことです。正和は成城大学の学生兼俳優の頃、弟と同じ教室になりたくなかった。

特に男の兄弟だとこれは当てはまるケースが多いことでしょう。姉妹は比較的仲がいことが多いが、兄弟は外ずら以外だと、仲が良いことはあまりありません。

自分の本来の性格を知る人間がいると、外ずらで振る舞いにくく、余計に気を遣うため、何かとばつが悪いからです。


阪東妻三郎 成城大学



ばつが悪いとは
その場・状況の文脈においてその特定の主体の行為・状況が不自然であるか恰好が悪いために、居づらい、気まずい、または場違いな様子。









正和の弟の田村亮とは「暴れん坊将軍シリーズ」の2代目の大岡忠相(大岡越前)役







田村亮(たむら・りょう) 1946年5月24日生まれ、2023年8月時点でで77歳


田村亮は、全体は助演の脇役俳優、一部に主演に近い上位の助演と主演、出番さえもわからないくらいの端役はほぼ演じておらず、一定の出番があるものが大半で、脇役といっても花形方向の配役が多いのが特色です。

彼は名優なのだろうか、比較的近めでがあるが、まだ疑問符があります。明確な代表作が助演が中心であるがあまり多くないことがこの疑問を投げかけます。



もっとも世間的に知られる代表作としては「暴れん坊将軍シリーズ」で、横内正に次ぐ2代目の大岡忠相(大岡越前)役です。これは将軍・吉宗(江戸市中の通り名・徳田新之助)に次ぐ出番がある役のあり一つ



暴れん坊将軍シリーズ 横内正 大岡忠相 大岡越前 吉宗 徳田新之助

暴れん坊将軍




デビューは1965年、1960年代から1980年代前半のいわゆるテレビ時代劇の最盛期に活動していたこともあり、時代劇出演の多い俳優の一人、また阪妻の息子であることも、時代劇と縁のある活動が、自然と影響しているともいえますが、大岡忠相以前はあまり有名な役は演じてきませんでした。俳優としては、大岡忠相役で一皮剥けたのです。

例えば、牡丹燈籠の新三郎、高杉晋作や大久保利通も演じていますが、いずれもテレビ長編と映画で助演の1本のみ、「暴れん坊将軍シリーズ」以前はほとんど有名な役がありませんでした。全体的には有名な役はほとんど演じていません。


田村亮の2023年時点の映画は30本(主演1本)、芸歴55年を越す俳優としては非常に少ない本数です。姉妹ブログ記事(この記事のもっとも下にあるリンク先)で取り上げている小泉今日子は、2023年時点、芸歴40年強で映画50本(主演16本)を越しています。

劇場公開2023年4月7日『ヌーのコインロッカーは使用禁止』、この4番手表記がもっとも最近の出演作のようです。


劇団10ANTSを主宰する上西雄大が、脚本、監督、プロデューサー、出演を務めて自身の戯曲を実写化したドラマ。田村亮は登場するのか、ご覧ください。

ヌーのコインロッカーは使用禁止 劇団10ANTS 上西雄大


ヌーのコインロッカーは使用禁止 [DVD]


2021年マドリード国際映画祭(最終優秀作品賞)受賞。 俳優・脚本家・監督として『ひとくず』などを手がけた上西雄大による、発達障害でありながらも素晴らしい絵を描く実在の青年をモデルにした人間ドラマ。
主人公ヌーを演じた古川藍は、2021年マドリード国際映画祭(外国語映画部門 最優秀主演女優賞)、ロンドン国際映画祭2021外国語映画部門(最優秀主演女優賞)を受賞。



外国、スペインで高めの評価を受けていた。出演=古川藍, 上西雄大, 徳竹未夏, 田村亮、

田村は4番手に名前あり、スペイン映画そのものの歴史は長いが、名作や秀作が少ない国、いわゆる日本のような大きな映画産業さえもなかった国です。はっきりいえば、スペインより、日本で評価されることの方が何倍も上です。

古川藍は、失礼ながら正統派な美人系とは言い難いですが、遅咲きともいえる舞台系俳優です。

彼女は上西雄大の『ひとくず』には助演で貢献、これが評価され同監督の『ヌーのコインロッカーは使用禁止』で主演に起用され、これも一定の評価されました。

マドリード国際映画祭 最終優秀作品賞 古川藍 ひとくず



在日朝鮮人系であり、女性たちへの性行為強要告発報道トラブルの木下ほうかも出演していたw
木下ほうか、事務所解雇 複数女優への性行為強要告発報道受け ツイッターで事実認め無期限活動休止発表


木下ほうかは複数の無名な女性に手をかけていた。現代人として断じて許されません。無名な時点で、まず、女優なのか??女優というものは「女+優」、女が優秀なもの、優れているもの=つまり世間的に一定の実積や知名度、企業による投資が行われる存在であるかです。無名な時点で、断じて事務所や自分から名乗りたいだけ、女優ではありません。

木下ほうか

田村亮のとって、2023『ヌーのコインロッカーは使用禁止』は、上位4番手も重なり、作品への貢献も比較的大きく、久しぶりの価値のある映画出演となっています。ここから下記に登場するある映画たち以来ともいえます。







外国に広まったオンナと絡み合う全裸の正和の弟 嬉し恥かし芸歴55年越えたった1本だけの主演作






田村亮の映画の代表作というと、実相寺昭雄三部作(初期長編の三部作)の1970『無常』(主演)、1971『曼陀羅』(表記は3番手、メインともいえる助演)、1972『哥(うた)』(表記は4番手、メインともいえる助演)がもっとも代表的といえます。ですが、カルト系なのが、一般的に評価するべきかの判断は分かれるでしょう。

実相寺昭雄 無常 曼陀羅 哥(うた)

個人的には映画しては『曼陀羅』が印象に残ります。


3本ともカルトさを押し出したATGらしい異色作です。オペラ要素も含まれるアンダーグラウンド(アングラ)路線、田村亮にとって、特に1970『無常』(主演)は大きな意味があったように考えられます。

アンダーグラウンド アングラ


田村亮にとって『無常』は、映画初主演で映画唯一の主演作、また実相寺昭雄監督、彼の作品に初の出演、さらに映画の主演の唯一の代表的作品でもあることから重要なものだといえます。映画祭としては上位ではありませんが、監督の実相寺はロカルノ国際映画祭の最高賞獲得(日本人唯一)、個人的にも視聴しています。ですが田村亮そのものの印象は薄い、いわゆる脇役系なので、主演としての存在感は薄いのが現実です。

ロカルノ国際映画祭


映画 1970年「 無常」 ーATGー 監督:実相寺昭雄  出演:田村亮 司美智子 岡田英次

1971年なので50年が経過し、著作権が切れています。個人的にはお金を払って観てほしい派なのですが(個人的にもCS録画して何度か視聴済み)合法なのです。年齢制限にご注意ください。


司美智子 岡田英次

ATG=日本アートシアターギルド 1960年代から1980年代のうち特に1960年代K1970年代後輩にかけてピーク、独立系で多くの名作秀作を残し、ATGは日本映画にその足跡をの残しました。当時の松竹、東宝、東映などの大手が制作しにくい路線、いわゆるカルト、アングラ、アート要素を重視した映画が主軸として製作されました。



無常 [Blu-ray]

あの正和でもできなかった全裸の田村亮w、いわゆる正和のようなスターではないからできた出演ともいえます。兄とは違う路線へあえて向かう、これは芸能だと基本です。

息子が威厳のある阪妻のイメージをぶち壊した瞬間です。女性との性的な交わりのシーンも複数登場、かなり責めた演技をしています。エロスというよりは、アートとして性的なシーンが登場しています。







大岡忠相役に悔いが残る?!暴れん坊将軍VIIから出演も、最後までは大岡忠相役を完走することができませんでした(涙)





田村亮は、「暴れん坊将軍シリーズ」(主演・松平健)の1978年~2002年のレギュラー放映の中、1997年の『暴れん坊将軍VIII』(第8シリーズ)から2002年の大岡忠相役、長編版を含むと2004年まで約7年ほどの期間で大岡忠相役、

田村亮は約7年と短めですが、「暴れん坊将軍シリーズ」の2代目・大岡忠相役が世間的に有名な役だと、もっとも代表的な役柄としています。

1997年の暴れん坊将軍VIII(第8シリーズ)から2代目じいの田之倉孫兵衛役の船越英二から、3代目じい役の宍戸官兵衛役の高島忠夫と同時に変更され、シリーズの転機となり、全体としてもシリーズの終盤に至りました。


松平健 暴れん坊将軍VIII 田之倉孫兵衛 船越英二 宍戸官兵衛 高島忠夫


暴れん坊将軍 Ⅷ オープニング

初めて田村亮の名前がクレジットされた『暴れん坊将軍VIII』のオープニング映像、鶴姫=真野あずさに次いで、3番目に表記


2008年の「暴れん坊将軍シリーズ」最後の長編(2023年時点、今後も映像化の可能性があるため)は、2代目の大岡忠相役の田村亮は降板し、3代目は大和田伸也が引き継いで役を演じているため、田村亮は最後までは大岡忠相役を完走することができませんでした。事情があったのか、少し落ち度を残したとも言えます。



鶴姫 真野あずさ 大和田伸也










正和の弟の田村亮とは最高視聴率35.2%の大ヒット作『どてらい男』の事実上の2番手なのに、あんまり出ていない(笑)







また、関西制作のテレビドラマの大ヒット作『どてらい男』も代表作、高視聴率という面においては暴れん坊将軍の大岡忠相役よりはこちらの方が観た人は断然に多いといます。男は(ヤツ)読み

世間的に俳優の田村亮というと、出演ドラマとしては『どてらい男』⇒『暴れん坊将軍』となりそうです。リアルタイムで視聴していた人数が段違いです。役柄としては上記にあるように、国民的に大岡忠相(大岡越前)は有名な役のため、『暴れん坊将軍』のほうが圧倒的に上となります。これは合理的な現実です。


どてらい男




1973(昭和48)年11月25日発売 作詞:花登筺 作曲:神津善行、西郷輝彦の代表曲の一つ、歌そのもの売り上げ以上に、テレビドラマがヒットしたことによる代表曲です。

URL
https://www.youtube.com/watch?v=6KjnXYm5zO0
へ飛んでご覧ください
リンク
どてらい男(歌唱)西郷輝彦



田村亮は、1973~1976年の計6篇(丁稚・独立篇~総決算篇の全181話)に尾坂幸夫役で出演し、西郷輝彦演じる主人公の山下猛造役の同郷の友人で同僚で、作品に大きく貢献しました。『どてらい男』はごく部分的にCS放送で再放送され、その際は録画しました。

尾坂幸夫 西郷輝彦 山下猛造 花登筺 神津善行

ドラマは、フジテレビ系の関西テレビ制作、最高視聴率35.2%(関西地区)の大ヒットを記録、ドラマの演出家の内海佑治氏の証言によると、1970年代のテレビ最盛期の高い競い合いの中、常時20パーセント越え、30パーセントも複数記録していたようです。

内海佑治

日本のサラリーマンドラマの金字塔、この40年数年後にTBS系の『半沢直樹』が大ヒット(これ以前の年代の「サラリーマン金太郎」は大まではいかないがヒット)、『半沢直樹』は『どてらい男』以来といえる、サラリーマンドラマの大ヒットは久々となりました。

半沢直樹 サラリーマン金太郎


相関図に当時の田村亮の顔写真がアリ
【髙田次郎出演】関テレ「どてらい男」スペシャル座談会


反れ過ぎるので髙田次郎にはあえて触れません。

髙田次郎

モーレツ対談 | 株式会社山善
山善と関西テレビ放送の当時の社長の対談、対談の中で38パーセントとあるが、これは事実とは異なるようです。

『どてらい男』の主人公の山下猛造役は、山善の創業者・山本猛夫をモデルです。

山善社長 関西テレビ放送社長

この頃はぎりぎり高度経済成長期、まだまだ関西が強った。日本は再び、関西と関東が競いあう経済が、日本の経済力を高めるために重要です。地方創生にもつながります。

高度経済成長期は、1955年~1973年までの19年間を指し、日本経済は年平均で10%の成長

高度経済成長期



どてらい男 戦後編1  第七十八回

記念すべき、戦後編1回の第七十八回、かなりの豪華キャスト、高視聴率だからできた出演者、

三益愛子(「母ものシリーズ」30本越え、単一女優主演の映画世界記録の大女優、個性派の名女優=今後もほぼ不可能か、助演でも活躍、俳優・川口浩の母、大作家・川口松太郎の妻)と三波春夫(ヒット曲多数、ソロの総売り上げは日本上位の国民的歌手)が特別出演、やすきよ、ハナ肇も出演

三益愛子 母ものシリーズ 川口浩 川口松太郎 三波春夫 やすきよ ハナ肇

残念ながら田村亮はこの回に出演していません。資料は主演の西郷に次ぐ2番手表記ですが、悲しいことに出演回はそれほど多くありません。



どてらい男 雄飛篇 (どてらい男第二部) 徳間書店 花登筺




貴重な書籍版、「どてらい男 雄飛篇」 どてらい男第一部は見当たらず、お値段に驚愕





姉妹ブログの新記事 +αって、タマ剥きって、音を無くした脱教って、なあーんだ
初恋宣言「旧統一教会」≒ゲイノウ相思相愛 両信者「タマ剥き」と音を無くした脱教&アレ⇒半世紀・藤岡弘の三姉妹+α






にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : 田村亮, 西郷輝彦, 暴れん坊将軍, どてらい男, 大岡忠相, 実相寺昭雄, , 無常, ヌーのコインロッカーは使用禁止, 山善,

[ 2023/08/25 21:09 ] レアドラマ探検隊 | TB(0) | CM(6)

「田村正和伝説7」 正和と巡る1000年の能世界”ナザアン砲さく裂” 稽古先は梅ヶ丘か梅が丘?金春流!橋弁慶と中村さん 動画が語る韓国ドラマ「承認欲求と自己顕示」大嘘オンパレード




田村正和伝説7」 正和と巡る1000年の能世界”ナザアン砲さく裂” 稽古先は梅ヶ丘か梅が丘?金春流!橋弁慶と中村さん 動画が語る韓国ドラマ「承認欲求と自己顕示」大嘘オンパレード




「父の歳に近づくにつれ、時代劇への想いはいつも心から離れない」、
「剣劇王としての父に近いのが三男、正和」などの
フレーズをかみしめつつ

正和のいう「うめがおか」とは何か
橋弁慶と中村さんとは、何故”さん"なのか


正和と650年?1000年?!1300年!!!歴史の伝統とは

正和の↓の笑顔が語る日本人の強さとは・・・





前回記事
「回想・田村正和伝説6」 全日が泣くコトバ『時代劇への想いはいつも心から離れない』 旅番組の同じ2世のアイツ 田村三兄弟無視ダーレダ!「兄は重厚と軽み 正和は艶と陰 弟は無邪気と活気」




「父の歳に近づくにつれ、時代劇への想いはいつも心から離れない」





ナ「父・阪東妻三郎の芸風をそれぞれひきついでいる」

27.24
ナ「剣劇王としての父に近いのが三男、正和」


映像=電車の中で本を読んでいる描写

27.28
ナレ「父の歳に近づくにつれ、時代劇への想いはいつも心から離れない」


↑前回の最後の部分
ーーーーーーーーーーー
↓ココから今回の新しい部分です。


分数の参考動画
田村正和 49歳|プライベートインタビュー


田村正和

阪東妻三郎



正和が時代劇や現代劇で見せる独特なたたずまいや身のこなしのその発端の芸能を育てた「能稽古」





27,37
田村正和「あれでさしめると、いろんなことしてるね」 スタッフ男性の声「はい」 田「お能お芝居もしてるしね」
ス男「はい、なにか」 田「日本舞踊もしてるしね」 (二人の声がかぶる) ス男「なんかこう~舞かなんか舞ってるようでしたけど」 田「あれはねあの小さいときは、あの、お芝居ね、おの能の、舞のところのね」


映像=モノクロの正和幼少期の能の舞う写真の描写

田「それから、あの、大きくなってああなったでしょ、釣り竿もってる」 ス男「はい」 「あれはね長男高廣の奥さんがみよのかい(?)ってつって、いつもね 国立小劇場で踊りの会をやってた、1年に1回ね」


>みよのかい(?)とは、おそらくは能と関係があるのだろう。

>正和の時代劇や現代劇で見せる独特なたたずまいや身のこなしのその発端は、能から来ていたのかもしれないことを伝えています。芸能とはやはり早い年齢から初めているほど、身体に芸が残りやすいということも教えています。

>10代後半から始めるよりは小学生から、もちろん生まれて間もないことから、歌舞伎の過去のスターも同様な通り、生まれて早ければ早いほど、頭と身体の覚えが良く、芸が身につきやすいのです。幼少期から能に親しんでいた正和もそうでした。

>能だけではなく日本舞踊もこの芸を磨く、自分の独自な演技を追求する基本的な俳優、役者の概念に大きく影響しているものと考えられます。

>ダンスは外国の文化、意味の薄い外国被れの増加は日本を崩す、本当に日本の義務の教育にいるでしょうか、日本人そのものをおかしくします。それよりも日本の何たるか、日本舞踊、日本舞踊!!もちろん能でも良い。


映像に戻ります。28分ほどのところ

テロップ 当時35才
35歳時のモノクロ写真 下から上、



田「そのときにあの、出ないかっていってさ」


28,14
>ここで映像が編集で飛んでいる。話が切られているように思える。



田「中学高校の頃かな、忙しかった勉強でしょ、ちゃ(舌打ち?のような口の音)、それからカバンの底に扇と足袋が入ってるわけよ」 スタッフ男性の声?「ほー」(小さい声) 田「おで終わってからバスケットの練習ね、部に入ってたからね、それが終わってから。うめがおかに先生がいらっしゃってね、お能の」 ス男「うん」 田「そこでお能の稽古でしょ、んでうち帰ってきてくる」

映像=指先を右のほほに着けるしぐさの正和

「成績下がるわけよ。どんどんどんどん下がってね、入ったころはたいへんいいせき成績だったんだけど、だんだん(小さく声)、大学出る頃は経済学部だけどね」


>田「おで終わってからバスケットの練習ね」の「おで」はいいね。
正和の話す「うめがおか」とは、梅ヶ丘(梅丘)なのか、梅が丘なのか


~能と花の二夜~能「道成寺」 [DVD]
観世喜正ほか、映画やドラマの出演で、知名度も高めの野村萬斎も出演、視聴するきっかけにしやすいDVDです。字幕で分かりやすいところも好評です。安珍・清姫の伝説と関連した能の有名題材の『道成寺』


毎日過剰に「大谷がー」を叫びまくり(ヒット無しや勝利さえしていない日もw)、「外国がー」「世界がー」(=外国は素晴らしい)を叫ぶグローバリスト共(日本破壊の敵共)の反日テレビマスゴミの世論誘導に騙されず、ぜひ日本に目を向けていただきたい。能も日本の強靭化に必要な要素の一つです。

道成寺 野村萬斎 観世喜正 安珍・清姫

「大谷がー」 「外国がー」 「世界がー」 グローバリスト共=日本破壊の敵共




深まる能と正和のカ・ン・ケ・イ 通っていたのは梅ヶ丘(梅丘)と梅が丘か 現在もある「うめがおか」の稽古場 「公益社団法人 金春円満井会」の金春流なのか?!





梅ヶ丘(梅丘)は、東京都世田谷区の町名。梅丘一丁目から梅丘三丁目、

その梅ヶ丘(梅丘)にある梅ヶ丘駅(うめがおかえき)は、東京都世田谷区梅丘一丁目にある、小田急電鉄小田原線の駅 1934(昭和9)年4月1日に開業した「梅ヶ丘」駅。「国士舘大学 世田谷キャンパス」や「国士舘中学校・高等学校」の最寄り駅

梅ヶ丘 梅丘

もう一つの梅が丘は、横浜市(神奈川県横浜市青葉区)の地名なのか、東名高速道路が南にあり、近い駅は東急電鉄田園都市線の藤が丘駅と青葉台駅です。

横浜市のホームページ
梅が丘 遍歴/由来

遍歴/由来
昭和41年の土地区画整理事業の施行に伴い、西八朔町・北八朔町の各一部から新設した町。古くは都筑郡中里村であった。昭和14年の横浜市へ編入の際、西八朔町・北八朔町を設けた。平成6年の行政区再編成に伴い、緑区から編入。町名は周辺の町名が植物の名前に因むことから、地元の要望により名付けた。




後者の梅が丘ではなく、前者の梅ヶ丘(梅丘)が、正和のいう「うめがおか」のようです。父の阪妻死後、父方か母方とのつながりなのか(阪妻は東京生まれ)、幼少期の住まいの京都を離れ、時代劇の撮影や父の墓参りで京都には行くものの、亡くなるまで基本は東京都内に住んでいた正和、能の稽古のためにわざわざ横浜まで出かけていたとは考えにくい現実があります。

実は現在も能を教えている稽古場が存在します。「公益社団法人 金春円満井会」です。当時と稽古先や法人名などは異なるかもしれませんが、正和の稽古先と何らかの関りがあるところかもしれません。







正和と巡る?!円満井会定例能「橋弁慶」と能の歌舞伎を650年ほど上回る1000年、1300年の歴史






正和が通っていたという梅ヶ丘(梅丘)地域で、現在に能の稽古が受けられるところは、金春円満井会の小田急線梅丘駅徒歩5分の中村宅(中村昌弘さんの自宅?)のみです。金春流の諸先生が運営している「お稽古場」とあり、中村さんもこの先生の一人です。正和が学んでいた能は金春流なのか、これも動画からは不明です。

ここに若き正和が通っていた可能性があります。


円満井会定例能「橋弁慶


円満井会定例能
能「橋弁慶
シテ 中村昌弘
トモ 金春飛翔
子方 中村千紘
アイ 大藏基誠 小梶直人
など
2020年月11月14日 / 矢来能楽堂

なんと、正和が能の稽古に通っていたという梅ヶ丘(梅丘)地域で、現在、能の稽古を教えている中村昌弘さんシテです。

橋弁慶」は武蔵坊弁慶シテ(主演)に配置した有名な能楽作品のひとつ、江戸時代前期に金剛、喜多が、江戸後期から観世、宝生、金春が上演している記録が確認されています。金春流の中村さんとしても重要な作品です。牛若(牛若丸、のちの義経)が登場するものもあります。





シテとは

(1)能の主役。仕手、為手。一曲のなかで絶対的な重さをもつ演者であると同時に、演出、監督の権限を有する。つねに現実の男性の役であるワキに対し、シテは女・老人・神・鬼・霊などにも扮(ふん)し、能面をつける特権をもつ。



シテとは主役を意味します。中村さんが主役の大役を務めています。

現代の能はシテ方の「能楽五流派」と呼ばれる観世流、宝生流、金春流、金剛流、喜多流の流派があります。読みは観世(かんぜ)、金春(こんぱる)、宝生(ほうしょう)、金剛(こんごう)、喜多(きた)

シテ 能楽五流派 観世流 宝生流 金春流 金剛流 喜多流

シテ方とは、シテ(主演)を主に演ずる人たちのグループ

能楽師がもっとも多いのが二十六世宗家の観世清和氏を筆頭による観世流といわれています。

シテ方 観世清和

シテ方の諸々の現宗家=観世流 (現宗家=観世清和). 金春流 (現宗家=金春信高). 宝生流 (現宗家=宝生英照). 金剛流 (現宗家=金剛永謹). 喜多流 (現宗家=喜多六平太).

テレビなどはほとんど取り上げませんが、実に歴史と独自な世界が広がる芸能です。日本の能は室町時代、観阿弥・世阿弥親子によって大成したとされ、この大成からすると650年ほど、親子以前を含めると1000年ほど続いています。

観阿弥・世阿弥親子

また奈良時代の大陸から伝来の能の源流を含めると1300年です。日本にとって、能は出雲の阿国の「かぶき踊り」(今に続く歌舞伎へつながる)からすると600年以上長く、さらに重要なものといえるかもしれません。

出雲の阿国 かぶき踊り

出雲の阿国は日本の芸能に大きく貢献した実在した女性、日本ほど数百年以上前に数多くの女性が活躍した国は他にありません。卑弥呼(存在したとされる)、北条政子、紫式部、清少納言など多数。日本は300年以上前のみだけで、実在した有名な女性たちが数十名以上も存在しています。特に紫式部、清少納言は権力者系ではなく、文化系の偉人です。

もちろん、「女性という区別」はありましたが、これは当たり前、男性と女性は身体と能のつくり、向き不向きも異なります。

外国にように差別がなかったのです。こんな人たちは韓国にはいません。居るとしても権力者の妻くらいです。何故なら強大な差別大国ですからw


卑弥呼 北条政子 紫式部 清少納言




数百年以上前に権力者系以外の有名な女性が居ない朝鮮 ホラふきテレビや学校では教えない韓国(朝鮮半島)の歴史 明治の衆議院議員が見た李氏朝鮮時代






韓流史劇は映画もドラマも大嘘ばかり、大嘘を長年バラまいている。服装そのものさえ大嘘が多い。まず女性が男性と対等は日本の何倍もありえない。


外国だと女性は悪く言えば、多くの国で男の所有物でした。西洋ももちろんですが、中国や朝鮮だと奴隷も多かったという記録も残されています。今でも女性差別が、日本の何倍も格上の反日・韓国は過去の歴史の名残りです。現在の性犯罪大国の韓国がこれを語っています。



学校では教えない韓国(朝鮮半島)の歴史 明治の衆議院議員が見た李氏朝鮮時代「最近朝鮮事情」【なるためJAPAN】
 
優れた過去の大国・日本のおかげで、保護国となれたおかげで、どうにか、こうにか、ありえない優しすぎるサポートのおかげで、ようやく発展できた朝鮮(韓国)ですが、韓国の史劇ドラマは、日本さえも踏みにじる完全な自分たちを都合よく美化、正当化した一方的な大きな嘘だらけです。

ちなみに日本の時代劇ドラマは事実を元に虚構も含んでいます。日本時代劇は韓国史劇と全く違います。正確には韓国時代劇というものはありません。韓国史劇です。

日本時代劇 韓国史劇



テレビマスコミは、相変わらず韓国コンテンツゴリ推しを繰り返し、この現実さえ伝えません、最近は日本テレビの韓国推しもひどすぎる。アナザースカイ(アンミカ回)の後、

日本テレビ「アナザースカイ」(金曜後11・00)7月14日出演

もう一度、アナザースカイ(アンミカ回)の後、日本テレビCM韓国企業の広告を垂れ流す、そのあと大阪の韓国イベントで日本人の男性スタッフ死亡報道、在日の豊川悦司のビール広告の流れもひどかった。1時間で4つの韓国、金がもらえれば、韓国ゴリ押しを週に何度もやりたい放題、やらせたい放題、これは日本人としては許せません。

いつもの「女性たちに韓国へ金を落とせ」と誘導し、騙す日本テレビはもう許されない。

アンミカは日本テレビとつながりが深く、朝のワイドショーや昼のミヤネ屋にも出演中、日本テレビ(韓国テレビ)を許さない
いわせて下さい、それほどひどすぎる、日本人の顔の皮を被ったチョンテレビ、韓国テレビ、それが日本テレビです。





アナザースカイ アンミカ 豊川悦司




テレビマスコミ「埼玉県川口クルド人暴動」完全無視、さらにトルコ人と嘘をつき、マスコミは永続的に「外国や外国人は素晴らしい」を叫び、さらに日本を壊す外国人労働者=移民の増やそうとしている





テレビマスコミ「埼玉県川口クルド人暴動を」完全無視、トルコ人と嘘をつき続けている。マスコミは永続的に「外国がー」(外国や外国人は素晴らしい)を叫び、移民の増やそうとしている 著名な在日ウクライナ人と世論誘導•政治工作ドラマはそう国民の敵NHKの『優しい猫』

さらにマスコミはいわる川口や埼玉県の川口や蕨などで急増するいわゆる、犯罪者予備軍のクルド人問題「埼玉県川口クルド人暴動を」完全無視、これは国難です。トルコ人と嘘をつき続けている。

マスコミは永続的に「外国がー」を叫び、こうした移民による国難を無視、意図的に移民の増やそうとしているが、これ以上、目先の一時的な経済のみを名目に移民を増やすな!合理的とはでなく、移民系そのものが反対、わたしたち庶民が餌食になるだけだからだ。

つまり「中国人は宝だ」(外国人は宝だ)の腐りきった売国迷言を残した岸田政権が、さらにやろうとしている移民政策強化は許されないし、岸田の実弟は移民の外国人を扱う人材系の仕事をしている。メディアとつながり共謀済みだ。外国人労働者=移民そのもの大反対!!


「中国人は宝だ」(外国人は宝だ)の腐りきった売国迷言を残した岸田政権


7月21日の記事、クルド人が女子高生にわいせつで逮捕、マスコミ完全無視、もちろんクルド人擁護ドラマ放送中で大批判中のNHKも無視
埼玉新聞の記事リンク女子高生にわいせつ、友人と待ち合わせ中…男逮捕 「どこに住んでいるの」と声かけ触り「覚えていない」
最初は7月21日の埼玉新聞の記事ですが、この後の数日間でじわじわ記事が増え、ユーチューブ番組(保守系界隈)で広がっているニュースです。全左翼系メディアは無視中


ナザレンコ・アンドリー氏のツイートのリンク←下記ツイートのリンク
彼は在日ウクライナ人で、特に保守系に著名な人物、日本国民に迷惑をかける難民ではなく、きちんと仕事を持ち、ちゃんと滞在している人物です。

<ナザレンコ・アンドリー氏のツイートの引用>

優しい猫はフィクションだからセーフと、世論誘導•政治工作ドラマを擁護する人がいる

「クルド人犯罪者が複数の日本人女性をレイプし、逮捕されたが、自称人権団体からの圧力で不起訴となった。ビザがないので強制送還の対象だが、7回難民申請繰り返し滞在継続。勇敢な入管職員が正義守るべく闘う」

公共放送が入管法改正に合わせて、こんなドラマをやるのもOKなわけ?野党が大騒ぎするだろ。
ま、こんなストーリーなら、ドラマというよりドキュメンタリーになるけどな

午後6:21 · 2023年7月23日




ナザレンコ・アンドリー



難民申請中 トルコ人2人(イスラム教のクルド人) 30代日本人女性を集団強姦




ナザレンコ氏の話す「クルド人犯罪者が複数の日本人女性をレイプし、逮捕」のほんの一部の記事 明日の日本人のわが身です。娘がいる親は不安でしょう。これ以上の移民を断じて許してはなりません。

記事リンク↓
難民申請中 トルコ人2人 30代日本人女性を集団強姦 強盗 ... ABHP.net https://abhp.net › news › NEWS_997360 トルコ国籍の 男性(22)と、少年(16)は、2015年(平成27年)12月27日午前0時半頃、東京都北区のJR赤羽駅構内で、面識のない酒に酔った東京都内に住む30代日本人女性

スウェーデンの性犯罪率急上昇の世界上位の原因がクルド人移民であり、罪もない膨大な白人女性たちが被害にあっています。イギリスやフランス(フランスの暴動の中心もクルド人(若い移民2世)が中心)などの欧米でも、おぞましい時間が急増しています。日本でも起こっています。



トルコ人(イスラム教のクルド人)



日本改革党代表くつざわ氏のド正論と国民の敵NHKのテレビドラマ『優しい猫』





戻りますが、世論誘導•政治工作ドラマは、そう国民の敵のおなじみの国賊NHKの『優しい猫』だー!

優しい猫
世論誘導•政治工作ドラマ『優しい猫』


池袋で周知街宣「埼玉県川口クルド人暴動」「NHKドラマで不法滞在外国人を擁護」池袋は埼玉県民の方も多いです 20230722

日本改革党代表くつざわ氏のド正論、ド正論過ぎるのか?!右的過ぎるのか、なかなか視聴者数が伸びないのが問題点です・・


日本改革党代表くつざわ氏



移民問題と正和の「時代劇への想いはいつも心から離れない」という言葉は通じます。

正和の笑顔はこの強さ

日本の文化や能などの伝統、時代劇を護ることが、永続的な日本人の気持ちが強くあることや高めることが(外国人対策強化の法整備、移民政策廃止、犯罪時の刑罰強化)へつながるのです。




儒教という邪教!!「赤旗」は韓国の広報紙か、嘘とデタラメの韓国ニュース番組全再録、韓国メディアは、すべて“朝日新聞”、反日日本人を「国家侮辱罪」に問え、世界一の「性奴隷大国」韓国、「性奴隷」などどこにもいなかった、朝日新聞がこよなく愛した“従軍慰安婦”





中国と韓国は息を吐くように嘘をつく 単行本



もちろん中東人もクルド人も女性をおもちゃにして嘘をつく 

日本の悪口を世界中で言ってまわって顰蹙を買った韓国の朴槿恵大統領は自滅した。いまも偉そうに日本の歴史にいちゃもんをつける中国の習近平もいずれ同じ運命をたどるだろう。中国の言いなりだったオバマ大統領ですら中国・韓国の嘘に騙されなくなった。中韓がわめけばわめくほどその品のなさに驚きあきれ、ようやく世界は儒教国家のタチの悪さに気がついた。とかくこの世界は見かけとは違う。本当のワルは誰なのかがよくわかる痛快エッセイ。



高山正之

保守系のジャーナリスト高山正之による高評価書籍、
朝鮮半島に騙されるな、

儒教という邪教!!


韓国に日本人の金を落とすほど、日本の国力は落ちていく
日本の国益を好き破壊する好き嫌いを煽る電波各社のやりかたは
いかにろくでもないのか

Kー〇やKー〇〇〇という、
日本人の自虐史観に付け込んだ韓国・宗教コンテンツにはめられ、
朝鮮半島の金づると化した、
どうしようもない~なさけな~い、全日本人壺女性たちへ捧ぐ真実!!




徴用工と従軍慰安婦 韓国、二つの嘘 (月刊Hanadaセレクション) 単行本


目次

総力大特集① 徴用工の嘘
加藤康子(内閣官房参与) 軍艦島元島民が語る“徴用工”の全真相
西岡力 安倍総理に教えます 韓国の無法とこう戦え
潮匡人 「赤旗」は韓国の広報紙か
長谷亮介 韓国政府が作成「戦犯企業」実名全リスト
嘘とデタラメの韓国ニュース番組全再録
室谷克実 こんなに笑える韓国ニュース番組
松木國俊 韓国メディアは、すべて“朝日新聞”

ひと目で分かる!
「徴用工」問題、読む年表

グラフ特集
徴用工という嘘
日本糾弾の拠点

総力大特集② 従軍慰安婦の嘘
櫻井よしこ 「河野談話」という悪霊
渡部昇一 反日日本人を「国家侮辱罪」に問え
山際澄夫 世界一の「性奴隷大国」韓国
諏訪澄 「従軍慰安婦」に入れ揚げたNHK
小野田寛郎 「性奴隷」などどこにもいなかった
松木國俊 朝日新聞がこよなく愛した“従軍慰安婦”
堤堯×久保紘之 【蒟蒻問答】河野洋平を証人喚問せよ!

ひと目で分かる!
慰安婦問題、読む年表

グラフ特集
慰安婦問題の戦犯たち

国連も認めた!
人種差別に反対するNGO日本連合 国連委員会公式サイトに掲載された韓国、反日の実態

今こそ、明治知識人に学べ!
杉原志啓 明治知識人たちの「嫌韓流」

憤激対談
百田尚樹×呉善花 もっと韓国に謝らなアカン!

資料篇
「韓国併合」100年日韓知識人共同声明 日本側署名者リスト

顔行一致
韓国歴代大統領全リスト



特に「赤旗」は韓国の広報紙か、嘘とデタラメの韓国ニュース番組全再録、韓国メディアは、すべて“朝日新聞”、反日日本人を「国家侮辱罪」に問え、世界一の「性奴隷大国」韓国、「性奴隷」などどこにもいなかった、朝日新聞がこよなく愛した“従軍慰安婦”がキャッチーです。

朝日新聞(テレビ朝日、ABAMAも関連)の自虐史観を絡めた各大嘘捏造祭りは最悪です。



加藤康子 西岡力 櫻井よしこ 百田尚樹 呉善花 テレビ朝日 ABAMA





正和と巡る?!能の歴史と魅力





気分の流れも180度転換させて

能の魅力と歴史とは


ようこそ 能楽堂へ_#01 能の歴史と魅力について

右地味ですが、能のわかりやすい動画です。



1000年ほどの歴史のある芸能・能、正和は幼少期から能の稽古に通うなど日本の伝統芸能に親しみ、自分の独自な演技の形成に至ることができました。



マンガでわかる能・狂言: あらすじから見どころ、なぜか眠気を誘う理由まで全部わかる! 単行本
最初の入門は漫画でも良い、まずは観やすい分野から、手軽に国益や日本人にとって重要な、日本の伝統芸能に触れられます。



■目次抜粋
◇1章 能・狂言はじめてさんのギモンに答えます
◇2章 名曲『野宮』を一曲丸ごと実況中継! 能の楽しみ方完全ガイド
◇3章 約60分でサクッと鑑賞! はじめてさんにおすすめの短め曲
◇4章 時空を超えて恋する 能のヒロイン・ヒーロー登場!
◇5章 謡ってみた! 舞ってみた! 演奏してみた! お稽古事としての能を楽しもう
◇6章 まだまだある! 事件ありホラーあり夢オチありのドラマティックな名曲
◇7章 これだけは押さえておきたい名作狂言






正和が芸の肥やしにした、能に関する独自な切り口と注目点、興味がある方はご覧ください、


今回は正和の過去の現実と、能の魅力に迫りながら、日本に侮辱や屈辱ばかり、現在も科学的に何も問題のない処理水を問題にするなど、反日を繰り返し続ける許されない朝鮮半島(韓国)を痛烈に批判する独自な展開でお送りしました。






姉妹ブログの新記事
史上上位!出演で600万人急降下大惨劇 病院メス顔今日子VS国民&ムツゴロウ 年間配給収入3000差薬師丸とがっチンコ「愛があれば大丈夫」






にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : 田村正和, アンミカ, 中村昌弘さん, 高山正之, 金春円満井会, 橋弁慶, 梅ヶ丘, 武蔵坊弁慶, シテ, 能楽五流派,

[ 2023/07/25 21:38 ] レアドラマ探検隊 | TB(0) | CM(6)

「回想・田村正和伝説6」 全日が泣くコトバ『時代劇への想いはいつも心から離れない』 旅番組の同じ2世のアイツ 田村三兄弟無視ダーレダ!「兄は重厚と軽み 正和は艶と陰 弟は無邪気と活気」








「回想・田村正和伝説6」 全日が泣くコトバ『時代劇への想いはいつも心から離れない』 旅番組の同じ2世のアイツ 田村三兄弟無視ダーレダ!「兄は重厚と軽み 正和は艶と陰 弟は無邪気と活気」






田村三兄弟参上なのに無視されたのだーれだ!

「なんかむいてないわ」苦笑する正和の言葉に隠された同じ2世のあの男の最多出演数

1000回越えの旅番組を絡めた2世対決?!

マサヒコとヒューマニズム

そして正和の言葉から、ついに、

全米ならぬ全日=”全日本人が刻むべきある言葉”が伝えられるのである。



今回も従来のテレビドラマブログに収まらない、ドラマ関係者が複数登場l、予想のつかない独自な展開も交えて展開いたします。




前回記事
「回想・田村正和伝説5」「台風で川が氾濫した。父親・田村傳吉は太い竹竿とロープを持って、田村少年を学校まで迎えに来た」 京都の二尊院「阪東妻三郎の墓」







「なんかむいてないわ」苦笑の正和 ”旅のレポーター”発言の二つの選択肢 『いい旅・夢気分』と『水戸黄門』が重なるオトコ






25.41

田村「一度抜いちゃった跡があるんだから」 男の声(スタッフか?)「はい?いつのまにか」 田「要するにほら、あんのんぞくっていうの」 男の声「はい?」 田「が、できて、すごい観光ルートになっちゃったのね。お墓参りに来てもゆっくりできないでしょ」

ーーーーーーーーーーー
↓ココから今回の新しい部分です。


参考動画
田村正和 49歳|プライベートインタビュー


田村正和

26.00
「いやねあのお酒好きだからね。そうでもないんだけど、ときどき甘いもの食べたくなるん」
映像=茶屋で座ってお茶を飲む


(間)鳥のさえずり
26.20
田村「今流行の旅のレポーターやってるみたい」
(間)
田村「あはッ」数名のスタッフの乾いた笑い「フフフフフッ」
スタッフ男性の声「わかって??」(*なんていってるかよく聞き取れない)

田「そう答えなきゃならない。たまたまちょどいいんじゃないですかあとで」
(間)
田「つらいねレポーターって、なにかいうてなくちゃ、しょうがないからね。間を埋めていかなきゃいけないしね」
(間)
田「なんかむいてないわ」

男の声「ふふ」



>”旅のレポーター”という独特な言い回しの正和、

>約27年間にわたりレギュラー放送された長寿番組の『いい旅・夢気分』などの紀行番組する芸能人と言いたげですが、”旅のレポーター”という独自なフレーズです。また、現在も多くのテレビ番組内で”現地のレポーター”など存在しますが、こちらの意味で意味でいったのかもしれません。後者の意味だと場合は”旅のレポーター”とは意味合いが違うように思えます。

いい旅・夢気分 旅のレポーター 現地のレポーター

>『いい旅・夢気分』はテレビ東京系で1986年4月16日~2013年9月18日にかけて約27年間5か月、全1270回放送された長寿番組、レポーターの出演回数とも確認されており、正和の話した”旅のレポーター”という言葉は当てはまる部分があります。


>番組の上位出演数に目黒祐樹の20回(番組最多)、山内賢の18回に驚きました。この両名が多く出演していた。全体のナレーターは大和田伸也が担当し、TBSの『水戸黄門』の格さん二代目(渥美格之進役は5シリーズ=第9部~第13部(1978~1983年))、年数は短いが高視聴率、特に第9部は最高視聴率は43.7%、平均視聴率は37.3%と大成功、民法のテレビ時代劇の歴代上位を記録しています。

目黒祐樹は子役を含むと芸歴は長いわけですが、兄・松方弘樹と比べると名優とは言い難い部分がありますが、こうした俳優以外の実積を含めるともう少し活躍しているように思えます。

>また、日本テレビ系のnews every.(2023年時点、月~金で放送放送中)の渡辺裕太渡辺徹と榊原郁恵の息子)は”現地のレポーター”として登場しています。こちらは番組が派遣したい場所から数分のみ状況を伝えるいわゆる”現地のレポーター”という具合です。


水戸黄門 目黒祐樹 山内賢 

大和田伸也 格さん二代目 渥美格之進 松方弘樹 

news every. 渡辺裕太 渡辺徹 榊原郁恵






誰も予想できない正和からまさかの任天堂スポンサー番組10年半の渡辺徹を偲ぶ激変展開





渡辺裕太の登場から、テレビドラマも絡めて、さらに横道の脱線します。



現地レポーターとは何ですか?
放送局やスタジオを飛び出し、現地からリアルな情報をレポートする職業。 ニュース番組やワイドショーで活躍するが、事件現場、話題のスポットなど、さまざまな形の情報を伝えるレポーターがいる。 物事の発生からの経緯、現状の動向、公の機関の発表内容などを、中継を通して伝達するのが主な仕事だ。




すべては出会い: 渡辺徹の愛され人生 単行本 – 2023/3/28
2023年の新刊「すべては出会い: 渡辺徹の愛され人生」

ほぼ脇役が多い俳優というよりは、出番が多めの司会やタレントとしての方が、広く知られているかもしれない渡辺徹、視聴率が苦戦し始めた頃の『太陽にほえろ!』で演じた通称・ラガー刑事は、小太りな若手、同時に喜劇要員的でした。その後の彼の司会やタレントの活動を予見する役でした。

太陽にほえろ! ラガー刑事

任天堂がスポンサーだった『スーパーマリオクラブ』(テレビ東京系列で1990年10月4日から1993年9月30日)から、『マリオスクール』終了時の2001年3月までの約10年半に及び任天堂のゲーム番組の司会、計10つを越すテレビ番組で司会を務めました。個人的に同番組はリアルタイムで視聴していました。

スーパーマリオクラブ 任天堂 マリオスクール 

スーパーマリオクラブ スペシャル 1992年10月08日
「スーパーマリオクラブ スペシャル」 文化通には非常に堪える動画

スーパーマリオクラブ スペシャル

亡くなる近くまで出演していたNHKラジオの定期出演時(NHKのラジオ深夜便)の話によると、本人は芝居が好きで、l今後はタレント活動はさらに控えて、ドラマや舞台などの俳優として活動していきたいと話していました。

ラジオ深夜便


いい旅・夢気分 ~春の静岡 絶景ドライブ~(渡辺 徹・中島史恵・さとう珠緒)
貴重な渡辺徹の出演回、珠緒と、旅人もやってました。映像的に番組後期の2000年以降だと考えられます。動画内に2008年放送とのコメントがあります。

<コメント選>
・僕は大和田伸也さんナレーション大好きですさとう珠緒さんいい旅夢気分大好きです
・さとう珠緒さんの明るいキャラ、好きだなぁ。こんな人と旅してみたい。
・さとう珠緒可愛すぎん?
・食い過ぎなんだよな〜 これじゃ寿命縮まりますな


さとう珠緒 中島史恵

コメント的のよるとさとう珠緒はおじ様たちに好かれています。性格は明るくて幼さもありながら、ムチムチパンパンの裸体はボイン~、ボイン~、キュ、ボン、ボン!!悲しいことですが、渡辺徹は現実に食べすぎの体系からの糖尿病も早死に影響したものと考えられます。






ライバルとは言えない2世同志を巡る目の~黒~いレアドラマ『参上! 天空剣士




かなり反れましたが、
男の声「ふふ」
~の続きです。



田村正和目黒祐樹などのように、こうした番組に出演したかったもかもしれません。スター(主演)のランクが上なほど旅番組の出演は困難です。田村正和と目黒祐樹だと主演としては何倍も差があります。田村正和は軽く10を越すテレビドラマの主演の代表作、目黒祐樹は残念ながら特にありません。

>しかも二人とも2世俳優、田村正和の父は阪東妻三郎(ほぼ映画主演の大スターの活躍、主演は現存含むと歴代ベストテン入りの210本越え)、目黒祐樹の父は近衛十四郎(映画は助演が多く、主演としては晩年に活躍、映画の主演は現存含むと40本強)の共通点があります。



近衛十四郎


>「今流行の旅のレポーターやってるみたい」「なんかむいてないわ」、という言葉の裏には、『いい旅・夢気分』で観た同じ2世の目黒祐樹の姿があったのかもしれません。目黒はむいていた!!


参上! 天空剣士 コレクターズDVD【甦るヒーローライブラリー 第40集】
目黒祐樹が主演の児童層が楽しめる時代劇を意図のヒーローもの要素・勧善懲悪活劇 1990年4月1日から同年9月30日までテレビ東京系で全26話が放送、制作は松竹です。

参上! 天空剣士

参上! 天空剣士』の解説が登場する特撮好きの女性による動画

9分3秒から『参上! 天空剣士』が登場しています。







阪妻を偲ぶ特別公演 「その田村三兄弟、兄は重厚と軽み、正和は艶と陰、弟は無邪気と活気」は本当なのか!!





26.45

ナレーション「阪東妻三郎の3人の子供たちは、父親を高広んは親父、亮さんはおとうさん、そして正和は阪妻さんと呼んで
偉大なる役者を偲ぶ」

26.57
テロップ 阪妻を偲ぶ特別公演(昭和53年)


映像=阪妻の写真を3人の兄弟が囲んでいる 雄呂血 無法松の一生と演目が書かれている看板
26.59
田村高廣「役者やってるわけだから、って親父を偲んでもらうなら、お寺じゃなくて劇場がいいだろうと思って、ん、それでまあ~ああいうことしたんですけども」

テロップ 田村高廣

>4兄弟で、次男以外はそれぞれが俳優、ある意味恵まれている3兄弟の田村家、天国の阪妻もこの3名の芸能の活動を長く見守っていたはずです。舞台・阪妻を偲ぶ特別公演が1977年(昭和53年)に行われ、これは日本の芸能史の中でも、3兄弟が主要という異例な出来事でした。歌舞伎系だと主要で兄弟が出演するものは多数ありますが、3兄弟はあまり多くないように思えます。これは抜きにしても、3兄弟が主要の舞台は正和の小さな実積の一つになるのではないでしょうか?


田村3兄弟 舞台・阪妻を偲ぶ特別公演



27.10


ナレ「その田村三兄弟、兄は重厚と軽み、正和は艶と陰、弟は無邪気と活気」

テロップ 平成5年1月21日

映像は京都の駅名の描写 眼鏡の正和の立姿

ナ「父・阪東妻三郎の芸風をそれぞれひきついでいる」

>「父・阪東妻三郎の芸風をそれぞれひきついでいる=少し無理やりに思ええるフレーズ、また「その田村三兄弟、兄は重厚と軽み、正和は艶と陰、弟は無邪気と活気」とありますが、これも人によるものがあります。田村亮の演技に無邪気と活気があるのか、個人的には普通なレベルだと思うのですが、おっーと、これは失礼かもしれません。伝えるということは、特に問題を定義する必要性を迫られる場合があり、また批判とも思われる場合もあります。失礼でやめるのか、伝えるためにさらに踏み込むのか、様々です。


>このフレーズは正和の母親がいっていたことからの文字起こしなのでしょうか、この点も気になるところです。俳優というものは芸歴が長いことが評価ではありません。たとえ田村亮が、二人の兄の芸歴を10、20年越したとしても、代表作の数で二人に追いつくのは厳しいでしょう。重要なのは中身です。


田村高廣  田村亮


田村高廣の想い出―日本人への遺言 単行本 – 2006/11/1
田村高廣の想い出―日本人への遺言」


先ごろ亡くなった名優、田村高廣氏。彼の生き方を生涯にわたって律したのは、戦時中の学徒勤労動員における悲劇であった。田村氏が備えていて、いまの日本人がなくしてしまった「日本人としての品格」を記す。「富田メモ」で渦中の人、故松平永芳・元靖国神社宮司の遺訓も収載。



意外な視点から田村高廣に迫る書籍、この書籍はかなりレアです。



田村高廣の想い出―日本人への遺言 富田メモ 

学徒勤労動員 松平永芳 靖国神社宮司






正和2歳の時の名匠・丸根賛太郎とバンツマコンビ 「剣劇王としての父に近いのが三男、正和」 沢村マサヒコとヒューマニズム




上記に登場のナ「父・阪東妻三郎の芸風をそれぞれひきついでいる」
の次に

ナ「剣劇王としての父に近いのが三男、正和」



>「剣劇王としての父に近いのが三男、正和」、時代劇で長年主演をやってる時点でもちろん一番近いでしょう、田村高廣も長編なども含むとテレビドラマ時代「時代劇スペシャル」などの枠で1980年代の主演がありましたが、剣劇系というよりは演技系の要素の強い時代劇でした。高廣は同枠内で丸根賛太郎監督&阪妻の代表作の一つの『狐のくれた赤ん坊』(オリジナルは1945年11月公開=昭和20年)もリメイクしています。

時代劇スペシャル (フジテレビ)
狐のくれた赤ん坊


>『狐のくれた赤ん坊』はいわゆる戦中・戦後にかけて撮影された時代劇です。公開が自身の戦後第一回映画の意味のある作品でもあります。映画は近衛十四郎や勝新太郎でリメイクされています。この時、正和は1943年8月生まれなので、2歳です。この赤ん坊を正和とかけていた部分も隠し味としてあったのかもしれません。

>オリジナルで赤ん坊役を演じたのが、子役の沢村マサヒコ、そうです。のちの津川雅彦です。兄の長門裕之(芸名は沢村アキオなど)同様に子役時代の映画本数は互いに10本ほどと少なめですが、子役としても複数の成功(名作や秀作、ヒット作に出演、一定の貢献)を収めました。この兄弟、田村兄弟以上に非常に深いです。


沢村マサヒコ 津川雅彦 長門裕之 沢村アキオ 勝新太郎


狐の呉れた赤ん坊 [DVD]
沢村マサヒコ(のちの津川雅彦)をおんぶする正和の父の阪妻、この映画公開時の正和は2歳でした。



>阪妻としては人間性の演技を押し出すなど、1943年公開の名作『無法松の一生』の流れを引き継いだ作品で、これにさらに喜劇要素を追加した部分もあります。戦中と戦後直後という剣劇がやりにくい環境と国やGHQの映画の検閲の影響が、この人間性を押し出す演技と向かわせたといえます。結果としてこれが、いわゆる左翼系の映画監督の山田洋次や大林亘彦などの阪妻評価を高めることになりました。左翼系は大衆の娯楽そのものよりも、ヒューマニズムが大好きなのです。

無法松の一生 山田洋次 大林亘彦

ヒューマニズムとは
人間にとって人間が最高で、人間性こそ尊重すべきものだとする、態度・思想傾向・世界観。例、人間が具えるべき理想の資質に誇りをもってそれを伸ばそうとする、キケロの態度や、イタリアのルネッサンス期に始まって欧州に広まった、古典を重んじ教会の勢力に抗して人間性の解放・向上を目指す運動。人文主義。人本主義。




。マスコミは左翼が評価している人間をさらに誇張して取り上げます。ヒューマニズムは広告的な要素とも絡んでいるからです。マスコミが、現実の数字では片岡千恵蔵(戦前は阪妻のライバルの一人)よりも大半で大きく下回る阪妻を、何故か同クラスかのように誇張する理由に、これも関与していると考えられます。さらに千恵蔵の阪妻よりも10年ほど先にヒューマニズム路線で成功しているのですが、

>千恵蔵の場合はこの路線が時代劇だと先駆の1930年代に多いため、多くの名作映画の全部は残っていないこともあります。マスコミは何故か無視しますが、実は阪妻もこのいわゆる喜劇系の路線においては、千恵蔵の、さすがにパクリはかわいそうですが、その流れ、後継を受けているのです。

さらに1943年『無法松の一生』が、千恵蔵と名コンビ済みの稲垣浩ですから、ここも明確な事実を物語っています。

実は田村正和の父は千恵蔵のおかげでこの路線で活躍できたところがあるのです。


稲垣浩 無法松の一生





日本人が嬉しい言葉「父の歳に近づくにつれ、時代劇への想いはいつも心から離れない」の意図





映像=電車の中で本を読んでいる描写

ナレ「父の歳に近づくにつれ、時代劇への想いはいつも心から離れない」


>「父の歳に近づくにつれ、時代劇への想いはいつも心から離れない」について、田村の話したことからだと思われますが、時代劇の重要性を感じている身としては非常にうれしい言葉です。日本映画の父・牧野省三から時代劇の父・伊藤大輔、これを含む時代劇四大巨匠、そして阪妻や千恵蔵、右太衛門などの時代劇を牽引した時代劇六大スター、大名優・月形龍之介を加えた七剣聖、

日本映画の父 牧野省三 時代劇の父 伊藤大輔


>先人への敬意と同時に、未来に残すべき日本の映像文化で唯一の特有と独自を持つ個性、現代劇やアニメは日本の独自性があってもあくまで外国からのものだからです。米国でいう西部劇、いえそれ以上の存在とも言えます。日本映画の最盛期やテレビドラマの最盛期は時代劇と現代劇の共存で成し得たものです。どちらが欠けてもダメでした。現代劇ではできない時代劇だからできる内容があるわけです。

国民的題材も、剣劇も、明朗も、ナンセンスも、悲壮美も、風刺も、喜劇も、義理も、人情も、展開も、装飾も、撮影も、悪党も、ヒーローも、女優も、脇役も、その俳優も、さらに数えきれないほど、時代劇だからこその魅力がありました。



日本人としてドラは田村正和の言葉に感謝、先人の血と汗の蓄積が染み込んだ大切な日本独自な映像文化の時代劇、現在の日本の俳優たちにも、活躍がどうだとか、そうした部分ではなく、こうした先人への感謝の具体的な言葉を期待しています。



「父の歳に近づくにつれ、時代劇への想いはいつも心から離れない」、外国勢力の浸透が日本文化の破壊を続ける現代、だからこそ、全日本人が再び、心に刻むべき言葉にように思われます。日本人が日本人である意味を自覚し、その価値を高め、強固に歩みだすことが求められます。




姉妹ブログ 2023,6,1公開  *ゲスいのか、ゲスいのか?!
ずっーとメスでいたいの~小泉今日子57歳を丸裸 自分の汚れた尻は隠して他人の綺麗な尻をめくるゲスい女

姉妹ブログ 2023,6,15公開  *還チカオンナと「まっ赤な女の子」
只今「まっ赤な女の子」厚木市立睦合中学校出身バァ~ヤ勇往邁進 国民に迫るホラー越え還チカオンナの現怖







にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : 田村正和, いい旅・夢気分, 目黒祐樹, 渡辺徹, 渡辺裕太, 大和田伸也, 参上!, 天空剣士, 田村高廣, 沢村マサヒコ,

[ 2023/06/25 18:07 ] レアドラマ探検隊 | TB(0) | CM(7)

「回想・田村正和伝説5」「台風で川が氾濫した。父親・田村傳吉は太い竹竿とロープを持って、田村少年を学校まで迎えに来た」 京都の二尊院「阪東妻三郎の墓」




「回想・田村正和伝説5」「台風で川が氾濫した。父親・田村傳吉は太い竹竿とロープを持って、田村少年を学校まで迎えに来た」 京都の二尊院阪東妻三郎の墓」





諸刃の剣か、諸刃の刃なのか

俳優とは楽器以上に繊細なもの、

身体へ常に負担をかけて演じていく、そこにあの病が襲いかかったとしたら、

名優も一人の人間、ひとたまりもないのかもしれない。


日本を代表する映画スターも、一人の身体という衣を背負った魂

その田村正和と父の芸名を壊した親子としての感動エピソードは、ぐっとくるものなのか?

テレビマスコミのように感動の押し売りではないのか?果たして

彼の眠る京都の二尊院の過去と現在 芸名と本名の墓と、あの世界記録俳優の芸名のみの墓とは


数多くの波乱を含んで、「回想・田村正和伝説5」の開錠(=間違えていない)です。





田村正和




前回記事  2023年時点存命の日本の芸能界を代表する名優の正和へのまさかの突然な殴打
「回想・田村正和伝説4」 正和へ某名優暴言集「変わってますよね、やっぱり」「おんなじですよ、印象は、ほとんど黙っててね」の仰天 親父と永遠の京都府久美浜海岸




正和「親父のあれが、その、中に入ってた。その時、すごく泣いたなーっていうアレですね」






22.03
>ちょうど全体の半分となる44.06に到達

残「映画みたいですね。これ見てると・・」

>3人がカメラへ歩く

テロップ 正和

田「んん、ひひっ」

・声と同時に田村の笑い顔が左下に表示される。


22.15 
ナレ「田村正和はこのホームムービーを宝物の一つにしている」


↑前回記事の最後の部分
ーーーーーーーーーーー
表記
田村、田⇒田村正和
残間、残⇒残間江里子
ナレ、ナ⇒ナレーション(山寺宏一)
>独自解説の部分

ーーーーーーーーーーー
↓ココから今回の新しい部分です。


参考動画
田村正和 49歳|プライベートインタビュー



22.03 
残間「あの田村さんの場合はお父さまがお亡くなりになったとき9歳」 田村「そうです」(言葉を濁すように言う)
最期の最期のことはおぼえてますか?」 「んんん、何しろあれですよあのー、いびきかいてて寝てたいんしょうですね~」
残「はあ~」(そうですかと言いたいような)

映像=手をあご部分につけて考えるそぶりの田村

田「脳溢血(のういっけつ)ですけどねー、まあ、学校呼び出されて、すぐ帰んなさいってことで帰ったらいびきかいて寝てたという」 残「ん~」


>脳溢血(のういっけつ)は高血圧がおおきな要因とされています、阪妻も血圧が高かったようです、現代にように健康な食事が行いにくい時代、いくら千両役者とはいえ、健康的な食事が困難な戦中の苦しさを潜り抜けてきました。戦中がなければ阪妻の死は1953年よりも後になっていたかもしれません。正和が話している”いびきの症状”もこの脳溢血や高血圧とつながりがあるとされています。

>俳優は感情を出すことも求められる仕事、演じるということそのものが身体へ、一般人では考えられないような負担を生じさせているわけです。阪妻といえば、喧嘩っぱやい役柄も大得意としていたわけですが、この俳優としての魅力が身体の負担を高めていたのかもしれません。まさに諸刃の刃です。



脳溢血 高血圧 いびきの症状 脳溢血=高血圧=いびき




テロップ=最後の作品「あばれ獅子」(昭和28年)監督大曾根辰夫 

田「後は覚えてないですね~あとそれ、別に悲しいとも何とも思いませんでしたしね」 残「うーん」

田「ただそのー、焼き場行ってその、親父のあれが、その、中に入ってた。扉が閉まりますよね。鉄の、その時、すごく泣いたなーっていうアレですね」 残「んー」




>”親父のあれ”というフレーズが独特な表現、あえて遺骨だといわないことに重みや思いを感じさせます。遺骨といわないことが逆に生々しささえ感じてしまいます。考えすぎでしょうか。




23.08 

ナレ「阪妻の最期の作品となったあばれ獅子(じし読み)はここ、京都映画撮影所で撮影された。

テロップ 京都映画撮影所
ナ「しかし、作品は未完のまま」 (間)
ナ「突然、この世を去った阪東妻三郎の葬儀は、この撮影所でたくさんの映画人がも守る中、執り行われた」




葬儀のフィルムが残されています。もちろんニュース映画以外のものもあります。


阪東妻三郎 あばれ獅子 阪東妻三郎の葬儀





正和の父の遺作『あばれ獅子』 大作家・子母澤寛の功績 新選組と座頭市と股旅物 さらにあの忠治も顔を出す?!






あばれ獅子』、個人的にハイビジョン版も視聴しています。もちろんネタバレはしません。阪東妻三郎が、現代劇の代表作の『無法松の一生(1943)』や『王将(1948)』でみせた人間性を押し出した演技の流れを継承していえる作品です。『あばれ獅子』はいわゆる勝海舟や親子鷹としても有名な話、時代小説の大成功者の一人の子母澤寛(子母沢寛)の原作です。



子母澤寛 子母沢寛 無法松の一生(1943)  王将(1948)



映像化だと、勝新太郎の「座頭市シリーズ」の元となる随筆『ふところ手帖』、片岡千恵蔵の戦前戦後の「弥太郎笠」(1934~1955の計3本)と1954年に『新選組鬼隊長』(近藤勇主演)として映像化された「新選組始末記」も代表作、「座頭市」、「弥太郎笠」や「天狗の安」、「紋三郎の秀」などの複数の股旅物の代表作、新選組題材の主に3つに貢献した人物です。また「国定忠治」の原作も代表的です。


ふところ手帖 座頭市シリーズ 片岡千恵蔵 弥太郎笠 新選組鬼隊長 近藤勇 新選組始末記 新選組題材 国定忠治


ふところ手帖 (中公文庫) Kindle版
「座頭市シリーズ」の元となる随筆『ふところ手帖』





「国定忠治」は国民的な時代劇題材や日本映画題材、舞台題材として知られ、国民舞台・新国劇の劇作家でもあった行友李風に次ぐ、作家系の人物における代表的な題材としています。国定忠治は、時代劇の父こと時代劇の大巨匠・伊藤大輔の「忠次旅日記シリーズ」(時代劇そのものや国定忠治題材の国民的な広がりに大きく貢献)などのように、映画監督兼原作兼脚本家の映画、原作ではなく脚本家のみの映画(原作表記が存在しない映画)が多いところも特徴です。



行友李風 時代劇の父 伊藤大輔 忠次旅日記シリーズ 映画監督兼原作兼脚本家


あばれ獅子 [VHS]


貴重なVHS版、DVD版は商品化されていないようです。個人的にはCS放送のHD画質版で視聴済みです。



新国劇は戦前から戦後にかけて、数十年にわたって非常に高い人気を誇って、時代物を得意とした国民的な劇団です。特に男性ファンが多かったことでも知られています。現在はこのような日本の独自な文化に寄り添った劇団は存在しない、非常に残念です。現代は情けないことに外国被れ舞台や、アニメ系や漫画系の2.5次元舞台など、さらに女性向けばかりが大半という、「多様性ガー」のマスコミが無視する悲惨な現実、「多様性ガー」をうたいながら客は女性中心、日本にとって悲しい現実を浮き彫りにさせます。この点からも新国劇はさらに評価されるべき、見習う部分がある劇団です。



外国被れ舞台 2.5次元舞台



股旅物というと、長谷川伸(全体が股旅物の代表作)がいますが、この股旅形成と牽引の長谷川に次ぐ、股旅物の代表作が多いのが子母澤寛だという事実は何故かあまり知られていません。これは映画化における功績が強いため、置き去りにされてきた部分があるのでしょうか、未だにきちんと評価されていないようです。

映画化数は日本映画歴代ベスト10入りの約120本の超大作家です。これは同時に、単一の作家における生前中、または死後も含めた映画化作品数の世界歴代上位を意味しています。この時点で、記録として世界的作家ともいえます。


長谷川伸 股旅物






大作家・子母澤寛の功績 受賞後にさらに功績上昇 今や「菊池寛賞」くらいでは足りないのだ!!






受賞歴は1962年の功労賞の一つ「菊池寛賞」までが最高です。これは受賞系としてはかなり高い評価です。この受賞時は新選組や股旅物や親子鷹の評価がありましたが、座頭市が世間的に定着する前や、新選組題材における先駆な功績が大きくなる前の時期であり、現在としてはさらに高い評価といってよいでしょう。なので受賞では一概に評価できません。ましては受賞歴のみで評価するのは完全なナンセンスです。これは彼の功績からもわかります。


菊池寛賞


新選組物は千恵蔵を明確な最初の成功として、1963年に市川雷蔵の『新選組始末記』として主人公を山﨑丞(やまざきすすむ)の視点を変えて映画化、テレビドラマは中村竹弥主演版と平幹二朗主演版の「新選組始末記」(いずれも主演は近藤勇)として1960年代と1970年代に大ヒットまでとはいえませんが、好評を博しました。


中村竹弥 平幹二朗 市川雷蔵 山﨑丞


国民的大衆作家の司馬遼太郎が「新選組血風禄」や「燃えよ剣」」や「燃えよ剣」で影響を受けるなど、「新選組始末記」は後世に続く新選組物題材の流れも作りました。また映像作品としても貢献、2004年の大河ドラマ『新選組!』の脚本の三谷幸喜が、東映の千恵蔵の新選組映画にヒントを受けたと遠回しに話すなど、子母沢寛の影響も受けています。

子母澤寛は、片岡千恵蔵と戦前戦後通じて題材数においてもっとも大きな縁がありますが、阪妻は数度のみの縁があり、「天狗の安」を1934年と1951年に主演で映画化しています。そしてこの遺作で未完の『あばれ獅子』に至ります。

司馬遼太郎 新選組血風録 燃えよ剣 新選組!  三谷幸喜


菊池寛賞」の菊池寛は大衆小説・、戯曲、伝記も得意、上位の代表作に含まれる時代物の『忠直卿行状記』(1918年)は、片岡千恵蔵主演で1930年に千恵プロオールスター映画として公開され、1960年に市川雷蔵でもリメイクされています。『藤十郎の恋』(1919年)は、長谷川一夫で1938年と1955年にオールスター映画で公開、

現代物の『真珠夫人』(1920年)は、1927年~1950年の間に計4度の映画化、2002年のテレビドラマ(昼ドラ版)も話題になりました。また文藝春秋社を興し、芥川賞、直木賞、菊池寛賞の創設者としての二刀流の功績の持ち主です。

そして近代史をテーマにした内容も残しています。

【稀少復刻版】菊池寛「大衆明治史(全:国民版)」ーGHQ発禁の明治近代化史 (響林社文庫) Kindle版

「大衆明治史」は戦中の1943年のが刊行とされています。現時点で270円で読めます。通には評価されています。「大衆明治史(全:国民版)」製品のレビューから、オリジナルは戦後GHQにより禁書にされ、「上・下巻」2冊で発行の下巻しか残っていなく、国立国会図書館のデジタルコレクションに収められて誰でも読むことができるが、この「大衆明治史(全:国民版)」は下巻のカット部分もあるが、上巻も含まれているものと考えられるようです。





正和出演の「徹子の部屋」とつながる阪妻と千恵蔵の友情の「天狗の安」 テレビドラマ初の伝説の時代劇スター中村竹弥の「親子鷹」






1934年の「天狗の安」は阪妻の阪妻プロ時代の数多くある代表作と一つといってよいでしょう。1951年版は東映で映画化、阪妻プロの元敷地を、片岡千恵蔵が主演大スター兼取締役時の東映が引き継ぎ、阪妻を迎えた映画『天狗の安(1951)』が実現しています。阪妻と千恵蔵の両名の友情や、元自分の会社があった古巣、さらに子母沢寛という意味でも深いつながりを感じさせます。田村正和も千恵蔵と阪妻のつながりは比較的理解していたようです。



天狗の安 天狗の安(1951) 片岡千恵蔵=主演大スター兼取締役


田村正和が2011年に放送されたテレビ朝日系列の「徹子の部屋」の出演時、映画の子連れ狼のPR出演以来の18年ぶりの番組出演、父親の話となり、「千恵蔵さん、右太衛門さん~」(共に日本映画史上最大の最盛期を形成)と一言を発しています。千恵蔵とは1970年代前半のテレビドラマで半年間の相手役を演じています。ですが市川右太衛門とは、息子の北大路欣也との少ない共演を通じて薄いつながりに留まっています。田村正和の活動が路線に乗り始めた1970年代前半の頃、映像路線をほぼ引退していたこともありますが、市川右太衛門と共演はできませんでした。



徹子の部屋 北大路欣也 市川右太衛門


二大巨匠の伊藤大輔や溝口健二などと共に阪妻の葬儀への映像記録が残る右太衛門、良きライバルであり、正和の父を尊敬していたというエピソードの残る右太衛門の話は聞いていたことでしょう。


溝口健二


映画『あばれ獅子』は、のちの勝海舟の父・勝小吉と、のちの勝海舟・当時は勝麒太郎、そこに小吉の妻(海舟の母)のお信、いわゆる時代劇の家族の話でもあります。阪妻とお信役の山田五十鈴(日本歴代を代表する女優の一人)の掛け合いの個性、事実上4番手の島田虎之助役の超名優・月形龍之介の好演も光ります。『あばれ獅子』は映画としては名作や秀作とは言い難いと判断していますが、阪妻の遺作としての意味、価値がある作品です。



勝海舟 勝小吉 勝麒太郎 山田五十鈴 島田虎之助 月形龍之介



テレビドラマは中村竹弥主演版の『親子鷹(1964)』も制作されています。中村竹弥は、テレビドラマ生まれの初の時代劇スターと称され、多数の高評価作やスマッシュヒット作に主演しました。

『親子鷹(1964)』は怪談物など時代劇の巨匠・中川信夫も複数回にわたって監督として参加しています。これも意味があるものです。中川信夫は、現在の監督の一部の先人の真似と違い、現在に監督にできないほどに時代劇の雰囲気作りが非常に上手です。戦前からの時代劇の名手たちはやはり違います。


親子鷹(1964) 中川信夫


その雰囲気がテレビドラマを通じて伝わってきた印象が残っています。時代劇は、装飾やリアルさ、時代考証の細かさ以前に、本物の時代劇としての雰囲気も重要なのです。雰囲気を作るための監督の演出、現場作り、特に俳優やその演技は重要です。

信念のために人のために命さえも捨てる男として、良き夫として、またのちの勝海舟の父親としての顔、たまにみせる男の度胸と愛嬌、映画ではほぼ省かれた見せ場に至る中間的な以外の部分を長く描き、全体的には物足りない話数も感じましたが、部分的に評価できるテレビドラマです。



父子鷹(上)(新潮文庫) Kindle版

父子鷹の映像版は製品化されていないようです。

父子鷹(下)(新潮文庫) Kindle版

あえて小さく下巻も







そびえる父の墓「小倉山 二尊院」 田村正和は父の遺作と同じ松竹の京都映画撮影所で時代劇映画を撮影した








映像は田村の拝一刀が大五郎を抱く描写

ナ「あれから40年、同じ京都映画撮影所で田村正和は時代劇映画を撮影した」
23.32
テロップ 京都・嵯峨野

ナ「京都を訪ねると田村正和は必ずこの嵯峨野へと足を運ぶ二尊院、ここに阪東妻三郎の墓がある」

おごそかな曲

映像は小倉山 二尊院の看板の描写


↓からgoogle検索の小倉山 二尊院へ飛べます。
小倉山 二尊院



小倉山 二尊院



上で検索すると、右側に二尊院と写真が表示され、下にたどると075から始まる電話番号の下に「埋葬地: 阪東 妻三郎」と表示されます。阪東妻三郎の墓は、戦前のライバルの片岡千恵蔵の墓と同様に、映画ファンや芸能通、時代劇ファンにおなじみの有名な史跡となっています。

埋葬地: 阪東 妻三郎



<小倉山 二尊院の引用>
拝観と交通

拝観時間
9:00~16:30(受付終了)
休  日
なし
拝観料金
一般 /
大人(中学生以上):500円
小人(小学生以下):無料

団体(30名以上)/
大人(中学生以上):450円
小人(小学生以下):無料

※障害者手帳をお持ちの方は、無料で拝観いただけます。
(受付で障害者手帳をご提示ください)

【TVCM】2012年 盛秋「二尊院」そうだ 京都、行こう。




23.49
田村「ぼくがーあのーこの仕事したいと親に言ったのが、小学校親父がいる頃ですからね~」

映像=眼鏡と白っぽい茶色風な服装で花束を抱えて歩く田村

田「7つか8つですかね、なりたいといったわけです。なんでいったか知りませんけど、とりあえずいったわけです。それからずーっとそのつもりでいましたねー、ですからその、ん-今こういう、とても活気のある人がたくさん出てきて、いろんな分野で活躍してらっしゃいますけどもね、僕があくまでも、その芝居しかしない芸能人でありつづけたいというのはやはりそういくことですね」

映像=カメラが上から下を見下ろすように田村の姿をとらえている。



>やはりやりたいことの芝居だけで貫ける一つでやれるに越したことはない、田村正和は恵まれていたのだろうか?もう十年デビューがずれていたら、多くのタレント活動をやらざる得なかったもしれない・高橋英樹などの現在は、俳優というよりも年にドラマに出るか出ないか程度のほぼタレント状態になってしまった。日活の先輩の小林旭を遠回しの追いかけているのだろうか、彼は元映画俳優の歌手だが、元俳優状態の都合がよい存在でもある、なんということだろう、落ち目のテレビ業界のタレントだ・・・



田「親父の生きざまを見てはいな、いませんでしたけど、おふくろから聞いていると、それで小学校のときにせっかく、あのー阪東妻三郎の後を継ぐと言ったんですからね」


映像=歩く田村の姿と音楽



>「親父の生きざまを見てはいな、いませんでしたけど」の部分についてですが、「いな、」は間違えではなく、このように言い間違えているように感じるため、この「いな、」と書いています。言い間違えている部分が田村正和らしいといえます。後輩との共演のVTRやドラマのメイキング(ユーチューブ動画でも確認できるもの含む)ではみせていない一面です。また正確には芸名を継いだわけではありませんが、世間的には俳優と継いだことには変わりありませんし、広告などには出演が多数あったものの父とほぼ同様に俳優を貫きました。時代が変化しつつも、きちんと俳優を継げたのです。





京都好きが書いた、ほんとの京都の見どころ 京都観光シリーズ 004 二尊院 Kindle版







”親子の絆”を感じさせる「台風で川が氾濫した。父親・田村傳吉は太い竹竿とロープを持って、田村少年を学校まで迎えに来た」 「阪東妻三郎又田村伝吉氏墓」と書かれた看板⇒同一と芸名のみの墓








映像=「田村家累代墓」と墓に書いてある

24.52
「台風で川が氾濫した。父親・田村傳吉は太い竹竿とロープを持って、田村少年を学校まで迎えに来た」

映像は墓の側面に年数と「田村傳吉」と書かれている

映像=ほうきで墓の周りをはき

ナ「時代は無声映画からトーキーへと移り変わった」





田村家累代墓


>「台風で川が氾濫した。父親・田村傳吉は太い竹竿とロープを持って、田村少年を学校まで迎えに来た」、この下りはぐっと胸に来るものがあります。父親の芸名阪東妻三郎が一人の父親としての田村傳吉として、映画の役でもみせていないことでしょう。現実に息子と向き合った”親子の絆”を感じさせるエピソードを短文で伝えています。



映像=田村が墓に花を添える描写

ナレ「阪妻は夜明けから大声をあげて丹念した」

映像=墓の前にしゃがんで手を合わせる田村

田村正和にとってこれが父親と偉大な役者、二つの忘れられない姿である。



25.20
間と曲

「阪東妻三郎又田村伝吉氏墓」と書かれた看板



>「阪東妻三郎又田村伝吉氏墓」という表記が何とも言えない、阪妻は本名と芸名の墓が同一です。実はほとんどの芸能人が同じです。実は片岡千恵蔵は芸名の墓と、本名の植木正義の墓が異なるようです。芸名の墓は京都にあって公に知られています。また、美空ひばりは本名の加藤和枝名義の墓、石原裕次郎は芸名と本名が同じのため石原裕次郎の墓です。

>一概に言えませんが、2023年に生誕120年の片岡千恵蔵(主演は現存含む390本=長編系映画世界最多など膨大)はなんと二つの墓、それだけ格上、真に功績があると考える説もあります。芸名の墓はファンなどの大衆向け、本名の墓は家族や親類向け、知人などと考えられます。芸名と本名が同じ人もいますが・・・それは抜きとしての場合です。千恵蔵は、姉妹ブログの映画のほうでもその一端を取り上げています。


阪東妻三郎又田村伝吉氏墓 植木正義  美空ひばり 加藤和枝 石原裕次郎





25.41

田村「一度抜いちゃった跡があるんだから」 男の声(スタッフか?)「はい?いつのまにか」 田「要するにほら、あんのんぞくっていうの」 男の声「はい?」 田「が、できて、すごい観光ルートになっちゃったのね。お墓参りに来てもゆっくりできないでしょ」


>突然、スタッフとのやりとり、決まりきったのみではない独直な展開です。



<引用>

アンノン族(アンノンぞく)とは、1970年代中期から1980年代にかけて流行した現象を表す語。 ファッション雑誌やガイドブックを片手に一人旅や少人数で旅行する若い女性を指した。 旅行の主役として女性客が重視される最初の契機となった現象



アンノン族



二尊院 : Nison-in Temple - Kyoto Saga Arashiyama

2019年にされた動画、外国人と思われる人物が投稿しています。Annaという名前だけで日本人かもしれません。この方は日本の多くの観光地を訪れており、抑えた分数で投稿しています。この動画は3分36秒と全体の中でもかなり短めです。

果たして正和が訪れた阪妻の墓は登場するのか、よく見ると終盤に1993年のVTRの登場と同じ道、さらに・・・?








姉妹ブログの新記事  
俳優なのに、栗林中将を演じて何も学ばなかった?彼のドラマ話も登場
家族全壊執行人・渡辺謙がアレを語った リンフーのお前さんは「黄島からの手紙で栗林中将を演じて何も学ばなかったのかね?」


姉妹ブログのウラのウラ記事
偽善好きアイマスファンが推す、「推しの子」少女アニメの観ぬ反日国韓国の朝鮮人大量動員の真実に迫る その証拠写真アリ 三国人とはどことどこと、どこ? 観て観ぬふりの偽善者たちがアニメ業界を壊し、日本さえも破壊する。
売国アニメウォッチ2023年5月号 朝鮮人70名大規模動員「アイドルマスター シンデレラガールズ U149」に反日三国人100名判明を徹底解説






にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : 田村正和, 阪東妻三郎, 二尊院, 子母澤寛, あばれ獅子, 菊池寛賞, 新選組始末記, 中村竹弥, 大谷翔平, 植木正義,

[ 2023/05/25 18:58 ] レアドラマ探検隊 | TB(0) | CM(8)

「回想・田村正和伝説4」 正和へ某名優暴言集「変わってますよね、やっぱり」「おんなじですよ、印象は、ほとんど黙っててね」の仰天 親父と永遠の京都府久美浜海岸




「回想・田村正和伝説4」 正和へ某名優暴言集「変わってますよね、やっぱり」「おんなじですよ、印象は、ほとんど黙っててね」の仰天 親父と永遠の京都府久美浜海岸







出会いが、出会いが、正和を変えていく、さらに彩っていく、

ん、もしや、陰で暴言も言われたし、裏切られもした?


電波を通じて、正和へ送り届けられた「変わってますよね、やっぱり」「おんなじですよ、印象は、ほとんど黙っててね」など、2023年4月時点で存命の某名優の大先輩の暴言とは?

日本映画を代表する歴代巨匠の発言「あれちょっと、この子と違うぞと思ったのはね、あのー今の若い俳優さんみたいにね」は次のオファーに結びつかない嘘だったのか?


京都府久美浜海岸”を巡る正和の謎とは



独自な展開と解釈で迫る「回想・田村正和伝説」の4回目です。





前回記事
「回想・田村正和伝説3」 自宅の庭で枯葉を燃やして一人静かに過ごすのが好きな僕は泣いちっち 「過去の話をしちゃいけない」おばさんAKANAGA









「高校1年生で木下恵介先生のその映画で初めてキャメラの前で芝居らしい芝居を初めた」 親子を結び付けた巨匠 ”親父と永遠”






18.46 テロップ 「旗本愚連隊」(昭和35年)監督福田晴一 また田村高廣(正和の兄で名優)の名前も表記

・写真が写る、そこにデビュー時の田村の姿もあり、

田村正和「あの、おや、兄貴の主演の映画にちょっとキャメラテストみたいな形でちょっと出たことがあったんですよね」



↑前回記事の最後の部分
ーーーーーーーーーーー
↓ココから今回の新しい部分です。


>ここは一瞬、おやと話す、何かに驚いたのだろうか、ただ単に間違えたのか?



参考動画
田村正和 49歳|プライベートインタビュー


18.46付近からリスタートです。

旗本愚連隊 福田晴一 田村高廣











田「それで高校1年生で、木下恵介先生のその映画で初めてキャメラの前で芝居らしい芝居を初めたということですけどもね



>田村正和がこのように自分の芸能活動の現実に関与した恩師のことを話している映像証言は非常に貴重です。

木下恵介は、正和の父の阪東妻三郎の現代劇の代表作一つ『破れ太鼓』(1947年公開)を監督した過去、この映画は阪妻が雷親父を喜劇要素を交えて演じた名作、監督の弟の木下忠司(日本映画最多音楽本数の日本映画史上上位の大音楽家)も俳優として出演、木下忠司の代表作の映画音楽は80本を越し、代表的は150近くです。代表的本数は日本映画史上の歴代最多です。両方とも世界的な記録です。


テレビマスコミが死去時に「受賞ガー」などと同時に、強靭な「外国ガー」を叫んでいた左翼活動家の坂本龍一の代表作の映画音楽は大目に見ても、な、な、なーんと、4本です。それだけ木下忠司は活躍、またテレビドラマでも10本を越す代表作があります。坂本龍一のテレビドラマの代表作は、皆さんご存じの通り、ゼーーロ、でーす。両名の映画の代表作だけでも軽く20倍以上の差があります。

また、木下忠司は、兄の木下恵介の映画の大半の音楽を手掛け、コンビのみで代表作が軽く10本を越しています。木下恵介木下忠司も形成し、木下忠司木下恵介を形成しています。日本映画史上において、兄が監督の歴代ベスト10に含まれる巨匠、弟が音楽の歴代ベスト3の巨匠という、歴代上位の映画兄弟(兄弟という面において事実上1位)といえます。


木下忠司の音楽の歴代ベスト3の巨匠=担当本数、代表作数、代表作の比率、担当作の観客動員、受賞作品数、娯楽系と監督系の互いの成果、関与した巨匠数、この総合的において


木下恵介 坂本龍一 破れ太鼓









「昼ドラ」や、わーははははは、韓流ドラマがやっぱりパクってた巨匠木下映画の人間関係ドロドロ展開








その後、阪妻の息子の正和は『永遠の人』に比較的出番の多い助演で出演、主要の5番手からは外れているとみていますが、10番手圏内の役柄で出演しています。田村正和が出演した40本強の全映画の中で、もっとも名作といっても良い作品です。マスコミが田村の1本だけ選べというとこれを挙げることでしょう。

『永遠の人』は、マスコミが大好きな、いわゆる監督主義の映画であり、はっきり言うと左翼的な路線でもあり、家族や友人とワイワイと楽しめる大衆的な娯楽作ではありません。



永遠の人



『永遠の人』の中で、高峰秀子が主人公の女性が、仲代達矢が演じる男性に無理やり身体を襲われる衝撃的シーンなども登場、複雑な感情と愛憎の人間模様が入り混じり、男女や家族、周囲を含めたドロドロした濃厚な30年を描いています。いわゆる1960年以降の映画やテレビなど、ドロドロな人間関係の「昼ドラ」の概念に、木下監督の影響が存在していますし、現在は韓流が木下監督をパクったところも多数が存在しています。


高峰秀子と仲代達矢は日本映画を代表する名優です。高峰秀子は十分にスターでもありましたが、どちらかといえば実力系路線で監督系映画と縁がある名優です。仲代達矢はスターの要素は薄く、実力系路線、監督系の映画に非常に縁が強い名優です。田村正和はテレビドラマを代表するいわゆる個性派のスター俳優、この異なる3共演が実現しています。


高峰秀子 仲代達矢



韓流の様々なドラマや映画の日本のパクリが大半です。韓流が面白いや新しいと思う人は、歴代の日本映画や歴代の日本のテレビドラマの名作たちをまったく知らない、ご存じのない、実におめでたい方々なのです。このような事実の一部さえも伝えてくれる映画です。







南朝鮮が日本国や日本人そのものにしてきた数多くの反日活動や侮辱行為を許してはなりません




南朝鮮はこれといった文化や歴史さえもなく、他国のパクリばかりです。あるとすれば差別、地位や金への執着、芸能もほとんどが日本やアメリカのパクリから成り立つものでありながら、政府のお金で外国にゴリ押ししている(売りつけている)最悪な状況です。ただちにこんな人間としてありえないやり方を是正させる必要が求められます。


【米国が韓国を痛烈批判】韓国の株式市場は南アフリカ以下!先進国扱いは到底無理。中国と同じで市場操作。韓国電力でも資金難。



テレビが多額の南朝鮮からの金ほしさや日本人を在日騙す在日立てから、ガン無視する南朝鮮の現実、彼女は非常に優秀です。



<皆様の優秀コメント>
・経済破綻して己を知った方がいい

・新興国ではなくて珍興国の間違いでしょう。ギャグ漫画のような民族ですから。

・えっ!K国って、先進国の仲間入りをしたことがあるんですか?知らなかった、勉強不足でスミマセン!

・あの国に言葉は通じない
中国みたいに効果的に締め上げを行い
悲鳴は静観しつつ追い打ちが正しい取り扱い

・中国と同じで市場操作。中国忠誠心染み込んでレッドチーム



さんざん日本に「おねがい、おかねほしーの」のゆすりたかりをして成り立つ南朝鮮、現在はいわゆる先進国(先進国とは思えないが)で最悪な経済の急激な悪化、犯罪が横行し、若者の自殺は日本以上に後を絶ちません。日本は南朝鮮と安全保障以外で協力も関与してはなりませんし、これまでや南朝鮮が日本国や日本人そのものにしてきた数多くの反日活動や侮辱行為を許してはなりません。



いいか、さっさと燃やしたいマスゴミ=ナニカグループ共、これが普通な日本人の庶民の声だ、よーく、聞け!




【日韓関係修復は不可能】韓国の反日過激派・議員団体が訪日し、嫌がらせ計画立てる!日韓議員連盟が面会拒絶。通貨スワップは絶望的に。


NHKをはじめ韓国をしてい奴らそのものが、国民の敵、国賊だということが良くわかる、マスコミも、朝鮮人大量動員の壺アニメもいっしょだ!日本国民ならぜひ目覚めててください。



<優秀コメント>
・もう二度と日本の土地に足を踏み入れないでくれ❕❕
何度も何度も同じ繰り返しに心底嫌気が指す❗😠
恩を仇で返す輩に鳥肌が立つわ❗❗

・何故制裁しないのか?
断交すれば良い。

・相手にしてはいけない。
どれだけ、恩を仇で返されてきたか。
どれだけ、嘘で日本を貶めてきたか。

・日本のテレビ、新聞はうそをつきます。ちょうせん、しなの人もうそをつきます。立憲もうそをつきます。ハヤシ、モテギ、コウノ、ニカイもウソをつきます。

・朝日、毎日新聞、共同通信は未だ汚染水と言っているのかな?




4つ目のコメントについて、野党は全体がひどいありさまだが、公明党(創価学会)は許せない最悪だ、自民党は国民の未来のためにさっさと手を斬れ、さらに自民党の中にいる最悪たちの親中野郎と親韓野郎も許せない、中国と非常に近い多くの情報があふれているシナ〇郎はさっさと野党へ下るべきだ!






永遠の人と佐田啓二 木下と黒澤は人気を二分はキャッチコピーの嘘!!







人生の矛盾や不条理、人の愛おしさ、苦しみや喜び、反戦など”人間”という部分に深く踏み込んだ映画監督の木下惠介、

2022年に生誕110年を迎えました。

「人間とは愛らしいもの、どうにかして幸せになってほしい、こうした気持ちで映画を作っている」

そのまんまではありませんが、このような意味の言葉を残しています。



木下惠介生誕100年「永遠の人」 [DVD]

木下惠介生誕100年のときにリリースされました。


あえて映画の詳細は書きません。出番が多いことから、佐田啓二のみではなく、仲代達矢がダブル主演扱いされています。

女優大国といわれた松竹の戦後の最盛期を代表する男性主演俳優が佐田啓二です。佐田啓二は、松竹の現代劇の男性俳優で最多観客動員だと考えられます。全主演のみで1億は越していたと考えられます。ですが、日本の全社の歴代ではベスト10に含まれるか、含まれないかのレベルです。また中井貴一の父が佐田啓二です。


佐田啓二 中井貴一



<画像リンク先の引用>

米アカデミー賞外国語作品賞ノミネート
5幕構成で黙々と展開される憎き夫への究極の復讐劇!


●阿蘇の大自然を背景に四半世紀にわたる女の憎悪の念を情熱と哀愁のフラメンコに乗せて描く、名匠・木下惠介監督の“闇のクロニクル"!
●名コンビたる高峰秀子と夫役の仲代達矢とのクライマックスの静かな対決と、ラストの奥深さも大いに見ものである。


<ストーリー>
1937年、九州・阿蘇の小作人の娘さだ子には隆という恋人がいたが、負傷して戦地から帰ってきた地主の息子・平兵衛に犯されてしまう。入水自殺を図るも果たせず、やがて隆にも去られて、平兵衛と結婚するのだが……。
■1961年度キネマ旬報ベスト・テン第3位
■第16回毎日映画コンクール女優主演賞(高峰秀子)/男優主演賞(仲代達矢)


【木下惠介生誕100年について】 日本映画最盛期、黒澤明監督と共にその人気と評価を二分し、国民に愛された巨匠。
『二十四の瞳』『カルメン故郷に帰る』『楢山節考』など数々のヒット作を生み出し、世界的評価も高い稀代のストーリーテラー木下惠介監督が2012年12月5日生誕100年を迎えます。




あえて書きますが、黒澤明監督と共にその人気と評価を二分は嘘です。他にも国民に評価された監督は同時期に多数います。一概に言い切れない要素だからです。ちなみに両者は互いに日本映画歴代の通算観客動員では上位に含まれません。この時点で”人気と評価を二分”は大嘘です。

二人がデビュー当時から、深く言えば助監督時代から、長年にわたってライバル視されたことから、”人気と評価を二分”とフレーズを誇張したものと考えられます。


名作なので、いつの時代に視聴しても良い内容です。ただ現在の伝えてくれることを当たり前とした映画を、映画だと考えている視聴者は、一定の挑戦が求められます。良い映画の一つは、時に苦しさや痛みを伴うものです。



今視聴すると同・田村正和の主要出演の東映の反社系の娯楽作品1973年の『女囚さそり 701号怨み節』(1974年の東映の正月映画)や、やくざ路線の1979年の『日本の黒幕』の方がわかりやすく、変に考えることなく視聴でき、堅苦しくなくて良いと思う方もいるかもしれません。やくざ路線という面では、子供には良くないといえますが、大人の娯楽作品です。

女囚さそり 701号怨み節 日本の黒幕








巨匠・木下恵介の正和へのまさかの手厚い仕打ち 「あれちょっと、この子と違うぞと思ったのはね、あのー今の若い俳優さんみたいにね」⇒本当にそう思っていたら次も出演をオファーするはずなのですが一度もないまま(涙)






19.08 テロップ 「永遠の人」(昭和26年) 監督木下恵介 仲代達矢と表記

>映画「永遠の人」の劇中のシーンが流れ出す。

田村の役「お父さん写真機こうたい(買ってほしい)もんなもっとるたい」

仲代の役「そげんなことなら、うちに帰ってお母さんにたかりなっせ」 田「おかあさんにいうのはいやばい、おとうさんそればしっとってひどかねえ」 仲「お前時計ばかっおういてやったばかりだろうが」 田「こんばいこんばい、今度は今度 しれば帰っからねえ」 仲「うん」


19.26
テロップ 映画監督木下恵介

>この番組の放送された1993年は木下監督はまだ存命でした。2023年から振り返ると30年前です。実は木下監督はこの映像出演していた時、この番組が放送されたときは満80歳です。当時の存命の映画監督、巨匠としてはかなりの高齢です。

木下恵介「あれちょっと、この子と違うぞと思ったのはね、あのー今の若い俳優さんみたいにね」

>台詞なしの「永遠の人」の田村の映像 

>木下監督は、今の大勢の誰かのコピーのような同じような演技をする若い俳優とは違って、正和に光るものを感じたということです。巨匠に認められた瞬間でもあるのですが、正和を起用したのは、この「永遠の人」だけです(笑)、本当にそう思っていたら、次も出演をオファーするはずなのですが・・・一度もないまま・・・これは何を物語っているのでしょうか、



木「無邪気に飛び込んでこないで、なんか一つひねったね。性格でね、面白い、性格の子だなあーと思いましたねー」

>母親役の名優・高峰秀子も映る 


19.48


仲代の役「せっかく、写真機ばこうてやろうと思っちょったけ、なしてば喧嘩ばっかすっとか」 田村の役「なしてか知らん」


>「面白い、性格の子だなあーと思いましたねー」=木下監督もこれまで多くの名優を直接みてきた中で、他にはない個性がり、将来が有望な俳優だと思ったということでしょう。



*記事タイトルの親父と永遠監督は、『破れ太鼓』の主人公の雷親父と、『永遠の人』の永遠、この2本の田村親子をつなぐ監督が木下恵介です。



木下惠介生誕100年 「破れ太鼓」 [DVD]



木下惠介生誕100年は、2012年の100周年時のリリースです。







名優の言葉が脳天に突き刺ささる「おんなじですよ、印象は、ほとんど黙っててね」 名優の頭に浮かんだ「あのイメージを壊すっていうのは」のあのイメージとは何なのか?








20.00 

テロップ 仲代達矢

仲代達矢「もうこんな可愛らしい坊やでね。おんなじですよ、印象は、ほとんど黙っててね。んーまーあのー、やっぱりシャイで、久しぶりに本格的にやってね(共演して)、覚えてるつったら、もちろん覚えてますよっていってつって、変わんないね相変わらずっていったんですけど、相変わらずシャイでね2枚目でね。そういう意味じゃー、うーん、今度の子連れ狼もすごい素敵だったけども」


>映像は大五郎役子役の映像から田村の顔 

>仲代達矢の「おんなじですよ、印象は、ほとんど黙っててね」は、ちょっと田村正和を悪くいっているようにも思えるしゃべり口調です。いい意味で変わっていないってことだとは思えますが、テレビドラマ中心ではありますが、正和とて、かなり積み上げたものがあるわけですし、考えているように話しつつも、意外とドストレートな名優の言葉が脳天に突き刺さります。


仲「あのイメージを壊すっていうのは田村さんにしても、すごい度胸がいったことだと思いますよ」



>「あのイメージを壊すっていうのは」のあのイメージとは、過去の「子連れ狼」のテレビドラマ版の萬屋錦之介(1970年代前半まで中村錦之助名義)や、映画版の若山富三郎のどちらのことを言っているのかは不明、または両方を指しているのか、正和のようにしなやかや繊細さではなく、錦之介や若山が演じた拝一刀の激しい豪傑なイメージということでしょうか、仲代達矢の頭の中にはどんなものが、どんな風に浮かんでいたのでしょう。


萬屋錦之介 若山富三郎








仲「それをスパーとイメージを変えたところにね。ただもうほんとにある意味では詩情溢れる時代劇なので、変わってますよね、やっぱり」




>「変わってますよね、やっぱり」は田村正和が変わっているということでしょう。正和ファンは怒りそうな発言、仲代さん、あんたも、自分専用の稽古場の壁一面に台本を書いて頭に台詞を焼き付けるなど、そこそこな変わりもんだと思うのですが・・それが映画全体にあふれているということでしょう。俳優の個性が全体に定着する作品もあり得る、これも時代劇の幅の広さを語る魅力の一つです。

>2023年から30年前の仲代、2020年付近の印象からするとまだ若い、仲代の顔やしゃべり口調 「つったら」「つって」というしゃべり癖が印象に残ります。










京都府久美浜海岸を巡れ 2023から約70年前の田村親子はココにいた!!









>映像 田村の拝と仲代の烈堂が浜辺で向き合って対するシーン

20.48 
テロップ 久美浜海岸


>音楽は外国曲

山寺宏一のナレーション「拝一刀がわが子の目の前で柳生烈堂と闘い、自らの生きざまをみせた京都府久美浜海岸、父である阪東妻三郎もかつてこの地を訪れている」

「そのとき阪妻さんが泊まった旅館を田村正和は好きなホームビデオに収めた」


>貝を拾い、座っているサングラスの田村の描写

拝一刀 山寺宏一 
京都府久美浜海岸



21.09 
テロップ 松月旅館 正和さんが撮ったホームビデオ

「父親の阪妻さんもホームムービーが好きだった。1年に1度の京都久美浜海岸での家族旅行の模様を映像に残していた」


松月旅館


>テロップ 松月旅館 正和さんが撮ったホームビデオ=他は呼び捨てなのに、ここは何故か正和さんとさん付け



京都府北部|丹後半島|久美浜|小天橋観光協会PV



>1950年代前半まで、田村親子はココにいた!2023年からだと70年ほど、少なくても田村家4人が存在していた思い出の場所


<動画引用>

京都府の北西部・京丹後市久美浜町にある風光明媚な景勝地です。
町は日本海と久美浜湾に挟まれた地形が天橋立に似てることから小天橋と呼ばれるようになりその美しい海岸線は山陰海岸国立公園に指定されています。
全国水浴場88選に選ばれた「小天橋海水浴場」をはじめとする海水浴場(箱石浜、葛野浜、蒲井浜)が白砂青松のロングビーチにあり夏は海水浴で賑わいを見せています。
昔からの漁師町は新鮮な魚介類や民宿、旅館も多数あり、美味しい食材を求め日本全国から観光のお客様がいらっしゃいます。
歴史に残る神社仏閣も多数存在し時代探索もお楽しみいただけます。
天然温泉も豊富で外湯、内湯で日ごろの疲れを癒せます




小天橋観光協会 小天橋海水浴場







「でしょうね」が即答から「んん、ひひっ」笑いのワケ ふんどしNOだが水着YES 田村一家のホーム・ムービー 高廣(当時22才)正和(当時7才)






21.19
テロップ 田村一家のホーム・ムービー

残間「この時ご自分の家でこのムービーを回してらしたわけですか?」 田村「そうですねー」(小声)
田「僕が7つか8つのころといいますと40年前ですか?」 残「ええ」(yesの意味)

テロップ 田村高廣(当時22才)

テロップ 正和(当時7才)

残「ホームムービーなんてあるおうちなんてなかったですよね」 田「でしょうね」

「海水浴だって、こんな、今ある(笑う)あのーちゃんとした水着着てるおうちなんてなかった頃合いじゃないですか」
「ふんどしが多かったですね」 


>「でしょうね」が即答

>残間=残間里江子

残間里江子

21.45
>映像は阪妻が海水に潜る
>映像が流れながら、左下に田村の顔が表示される

田「こういうの見ているとやっぱりもっと生きてほしかったなあーと思うなー」 残「うーん」

残「今でも子煩悩ですね」 田「すごいですね」 残「ねー」 田「うーん」


>田「うーん」=正和自身にはできないような返答ぶりに思えます。


テロップ 亮(当時4才)

残「やっぱりうちと外のお顔をご自分の中でしっかり持っていたんでしょうね」 田「うう~、ですかねー」



>「うう~、ですかねー」=自分の知らない顔があるのかと思うように、疑うような悲しさも含んだ絞り出すような口調


田村亮


田村亮=お笑い芸人のロンドンブーツ1号2号とは別人の同姓同名の俳優、田村正和の弟、阪東妻三郎の四男

ロンドンブーツ1号2号


22.03
>ちょうど全体の半分となる44.06に到達

残「映画みたいですね。これ見てると・・」


>3人がカメラへ歩く

テロップ 正和


田「んん、ひひっ」


>声と同時に田村の笑い顔が左下に表示される。何故、笑ったのだろうか、「こんなものが映画であるはずがない」と思ったのだろうか。または「ほんとだ映画みたいだ」と思ったのだろうか、



久美浜小天橋 京都府京丹後市

上から眺める景色、ここに4人がいたのでしょう。



22.15 
ナレ「田村正和はこのホームムービーを宝物の一つにしている」





映画チラシ 「阪妻映画祭」無法松の一生、王将、血煙高田の馬場、紫頭巾、破れ太鼓



何故、この顔写真なのだろうか、あえて顔の写りが悪い写真を選んでいるのだろうか、いくらでも良く写っている写真はあるためでしょうか

父を知って正和の理解も深まります。貴重なチラシです。代表作から8本を公開、記事上部で登場の『破れ太鼓』も含まれています。








姉妹ブログの新記事 
謎の37分映画や「新事実」を含んだ日本にとって意味があるものです。
片岡千恵蔵生誕120年 「新事実名匠巨匠外コンビ」 頭巾顔が腐った日本映画界にくさび打つメッセージ 謎の37分映画 歴代編集者と伝説兄弟 監督進出歴戦脚本家




にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : 木下恵介, 仲代達矢, 木下忠司, 拝一刀, 京都府久美浜海岸, 子連れ狼, 萬屋錦之介, 若山富三郎, 坂本龍一, 田村亮,

[ 2023/04/25 16:52 ] レアドラマ探検隊 | TB(0) | CM(6)

「回想・田村正和伝説3」 自宅の庭で枯葉を燃やして一人静かに過ごすのが好きな僕は泣いちっち 「過去の話をしちゃいけない」おぱぁAKANAGAKEIKO






「回想・田村正和伝説3」 自宅の庭で枯葉を燃やして一人静かに過ごすのが好きな僕は泣いちっち 「過去の話をしちゃいけない」おぱぁAKANAGAKEIKO





今回は、トンネルを抜けサングラスで海辺にたたずんで何を思う正和

愚連隊と正和をめぐる福田と高田姓の男性の登場

さらにマスコミやメディアのやり方に女性感をめぐって、事実上「女性の自由の権利を奪うな」発言で物申していた正和

でも、27歳で結婚した正和の妻は100点満点?など、ありえない「過去の話をしちゃいけない」おばサマも絡めて、

伝説の一端へ独自な切り込みをいれていきます。「僕は泣いちっち」は誰のことなのか!


田村正和







前回記事
 「回想・田村正和伝説2」 おば様たちが襲った正和VS長嶋茂雄は完敗?祖母ドアップの衝撃 兄の田村登司磨さんと愛娘さきちゃん成城学園の恩師の金さん







「過去の話をしちゃいけない!」いやーんばかーんお花畑おばさま 普通な現実男「大丈夫ですか?未来がどうなるかなんて自信もっていえるわけないじゃないですか」






物事は話した瞬間から過去になります。つまりは明確な物事のほとんどが過去なのです。世の中そのものが無数の細かな過去の蓄積で現在が成り立ち、確定していきます。ココで明確な事実の話ができるようになります。

これはドラマにもつながる部分です。

テレビドラマやネットドラマも、多くの多くの作品の蓄積から現在に至り、テレビドラマに至るためには、1800年代末期からのサイレント時代から存在する映画は切っても切り離せません。

現在は過去に早変わりしていします。1秒後はすでに過去、0.1秒後もすでに過去、ドラマを視聴しているときも、今観ているシーンが同じ場面内だとしても、1秒前はすでに過去になっていきます。


【NISA】「全額突っ込む」ひろゆき説は正しい?夏野剛&荻原博子&森永卓郎と投資を考える

ABEMAの「変わる報道番組 #アベプラ - ABEMA」で流れるあのCMの切り抜きともつばがります。

荻原博子
ひろゆき 夏野剛 森永卓郎

変わる報道番組 #アベプラ - ABEMA




自称経済ジャーナリスト・萩原博子「過去の話をしちゃいけない!・・(続く)」 他の出演者の苦笑 ひろゆき「大丈夫ですか?未来がどうなるかなんて自信もっていえるわけないじゃないですか・・・」、この展開は7分49秒からです。

過去の話をしなくて何の話をする?今回も当然ながら、過去の話です。少なくても、現時点では、すべての物事が、未来の話や将来はわかりませんから当然です。

2023年、NHKラジオ第1(R1)の朝のニュース番組に萩原博子の出演を確認しています。ABAMAいやーんばかーんな左寄りとお花畑な経済トークを展開しています。視聴者を馬鹿にしているのだろうか、おばさま以前に、起用するNHK側に問題があります。

ABAMA NHKラジオ第1 


5キロ痩せたら100万円 「健康」は最高の節約 (PHP新書) 新書 – 2023/1/27

「過去の話をしちゃいけない」おばサマの新書が高評価



ここからも、当然ながら、どうなるのかわからない話にならない不透明な未来ではなく、未来の可能性にもつながる現実の過去の話です。もちろん過去にも様々な解釈がありますが、現実を見ることが、個々の未来の可能性につながます。


今回も前回の流れを踏襲した、本題パートの田村正和 に迫ります。







「意外な趣味に焚火(たきび)がある。自宅の庭で枯葉を燃やして一人静かに過ごすのが好きという。それが田村正和の日常である」






田村正和 49歳|プライベートインタビュー


14.08 ナレ「田村正和は・・F1観戦に行くほどの車好きである。愛車を走らせてどこへともなく一人旅を楽しむ」

映像 高速道路をサングラスをかけて運転する車内の描写


>果たして、高速道路をサングラスをかけて運転としゃれこみ、テレビドラマを代表する大スター田村正和の行き先に、何が訪れるのか?


*下からが今回の部分です。上が前回記事の最期の部分です。


ナレーション「そしてゴルフも好きである。しかし教わることも嫌いなら、練習もしない。ところが腕前はなかなかのものと仲間たちに評判だ。意外な趣味に焚火(たきび)がある。自宅の庭で枯葉を燃やして一人静かに過ごすのが好きという。それが田村正和の日常である。

・トンネルを経過する描写


<コメント>何もやっても様になる田村の姿、その真逆で、焚火(たきび)が趣味だという部分に注目、俳優は自分の過去を背負いながらいい意味で消去していくことで、次ぎの役に素直に向かい合えるのかもしれません。

「枯葉を燃やして一人静かに過ごす」という部分は印象的、田村の俳優としての、真摯な役や作品への向き合い方と、この焚火(たきび)が趣味だということはどこか、結びついているようにも思えます。過去の役を心や頭の中で清算し(=枯葉を燃やして)、一人静かに役を模索するのでしょうか



・録画の状態が悪く音声が飛ぶ 4,47~115.52

15.08 録画の状態がおかしいのか、投稿者の録画ビデオの「再生」の文字が表示


テロップ 葉山   

<コメント>車を出て海辺にたたずむ田村


田村「4.5年経って、それでもって、まだ1万いってない。いかに運転しないか」


正和はどこに立ち尽くしたのか? 下記リンクは葉山の海辺のグーグルマップです。
葉山の海辺のグーグルマップ


葉山

<引用>

葉山町は、神奈川県の三浦半島西部に位置し、三浦郡に属する町。 現在、郡内唯一の自治体となっている。御用邸のある町として有名である。










女性は社会に出て働けマスコミVS正和VSズバズバ攻め残間江里子のみつどもえ  自由を奪う女性の生き方に物申す






15.37 残間「でも27歳でご結婚なさったんですよね。あの結婚しない人生ってのは考えなかったんですか?」 田村「ええ」(はいという意味) 残「それはそうしようと思った?」 残「ええ」(はいという意味) 残「うん、でもあの、続いているあのーご家庭っていうかおうちですとー、古いいろんな伝統やしきたり


テロップ 聞き手 残間里江子 

>残間に名前は2度目の表記


なんかもおありでしょうけど、そういう家族の反対とか全然なくて、スムーズにそこはいったんですか?」 田「ええ」


・左側に田村の顔

残「お母さんも気に入ってくれて?」 田「ええっ、僕はもう基本的にもう、本人同士が愛し合っても、周りのあの親、
兄弟たちが気に入ってくれなえれば、けして結婚しないと思ってましたからね。やはり家族全体が祝福してくれる、うー結婚、
当人同士が良いだけでは駄目だという風に思っていますけどね」


残「喧嘩したりは?」
16.31
田「ないですね」 残「ないですか最近は?」 田「最近は 若いころはやはり、取り分け喧嘩したりしましたけどもね」 残「ん~決定な危機ってものは無いんですか?」 田「んーー、ないですねえ~」 残「んーーー」 田「まず~」 (間) 田「すぐ最近離婚ていうのがあるけどもねえ~」 残「そうですよねー結婚15年以上経ったカップルの離婚すごく増えてるんですよね」

田「ん~ですね、僕の場合は考えられないですね。だから僕の奥さんが彼女以外の女の人に代わってことは、ちょっと考えられない」 残「ん~~もうあのー、満点だっていう風に?」 田「そうですねー」 残「ん、あの、あんまり働く女の人好きじゃないと聞いたんですが」 田「んというよりも彼女みているとねー、めい一杯ですよ」 残「んー」 田「エネルギーの使い方が主婦業だけでねー」

17.29
残「まー」 田「その、僕のこと娘のこと、家のこと、やるだけで、あれ以上、あれ以外もう一つ仕事持つということはちょっとできないと思うし、もしも持てたとして、僕に使うエネルギーが減ると思うんですよね」 残「それは嫌だ?」  田「それでは、こま、こまるというところなんですけどね」 残「んー」 


<コメント>女性自身の生きるための自由な選択肢を無視して、異様な政治やマスコミらは、女性も男性と同じように働けと背中を押すような狂っt現代、田村正和もこの現状に疑問視していたということでしょう。女性自身の自由を無視し、女性は働かなくてはならないのだろうか?女性の選択肢の専業主婦や家事手伝いは悪いのだろうか、この疑問を投げかけてくれる正和の発言、「んというよりも彼女みているとん、めい一杯ですよ」の部分です。一人の人間として身に染みます。



田「んというよりも彼女みているとん、めい一杯ですよ」 残「んー」の部分についてですが、残間は田村の意見について賛同していないのかもしれないと思えます。返しの「んー」が、疑問府とも受け取れるためです。女性はこうあるべきだと、田村が妻のことから決めつけているようにも、思えたからでしょうか?



田「だからそうですねー今は仕事の話というのは、僕は家庭内に持ち込むほうなんですけどね」 残「んー」 田「あの今日あったこと気に入らなかったこととかは~


・数秒再生が表示されるが音声は飛ばず

奥さん相手にしゃべってますけどねえ」 残「どういう反応ですか?」 田「んん、って聞いてますよ」 残「どんなふうにですか、伝言鳥(ちょう)のようにちゃんと静かに聞いてくださるんですか?」 田「まあある程度の意見も向こうも言いますけどもね」

18,15 この春化、一瞬奥で何かの声(聞き取れない)「はい?」といっているようにごそっと聞こえるがなんだろうか、薄気味悪さも感じる。


残「そこくらいですね。本当の自分の本音みたいなものが明かせるのは?」



<コメント>具体的にあまり言わない田村に対して、残間せめるなぁ~ そもそも、田村の家庭のことや奥さんとの関係がプライベートとしてはかなり重要な部分ではあるため、攻めてもらわないと残間がインタビューをしている価値さえ怪しくなります。これぞ彼女だから迫れる部分です。








デビュー作の「旗本愚連隊」と安定しない〇〇に関するワードの謎







18.21 左下に「華の時 田村正和.」と小さくテロップが表記、CMへ飛ぶ前だからだろうか?

田「そうです。そこ、だけです」 残「だけですか?」

<コメント>ここで音声と映像が飛んでいる

残「なさったんですよねえ、それはご自分から何かに、例えば何かのあの作品にっていうのではなくて?」 田「いえっ、いやいやあのーあとー」

<コメント>何かストレスがあるのか、なんて伝えるか悩んでいるのか、数秒間、手で顔を抑える田村 ここまでの動作はインタビューパートにおいて最大か?

田「この仕事いずれやりたいって長男も知ってましたしね」 残「えー」 田「長男はそのころ松竹であの、自分の映画撮ってたくらいのポジションにいましたからね、まあどうせやるんだから、ちょっとやってみようっことで、中学3年のときに~




18.46 テロップ 「旗本愚連隊」(昭和35年)監督福田晴一 また田村高廣の名前も表記

・写真が写る、そこにデビュー時の田村の姿もあり、

あの、おや兄貴の主演の映画にちょっとキャメラテストみたいな形でちょっと出たことがあったんですよね」



旗本愚連隊



<コメント>長男といってもたり、兄貴といってみたり、兄・高廣を表現するワードが安定していない、なにか不満やストレスがあるのだろうか?


旗本愚連隊』は、当時の社会問題になった愚連隊を時代劇に風刺し、世の中に不満を持つ若者たちの生きざまを青春群像としても描いています。田村高廣にとっても意味のある主演作、松竹としては力を入れた作品ながらヒットせず、高廣はその後も主演として振るわず、主演から助演俳優に降格を余儀なくされます。その後、松竹の文芸の現代劇映画の助演俳優や相手役、勝新太郎の相手役の大映映画「兵隊やくざシリーズ」などから、徐々に評価を集めていくこととなります。正和はそんな兄の苦悩から評価への流れも横目にみていたことでしょう。



旗本愚連隊 田村高廣 勝新太郎 兵隊やくざシリーズ



旗本愚連隊」の原作は村上元三(次郎長物のなどの時代劇の有名な原作者)の『大久保彦左衛門』であり、その大久保彦左衛門役は助演の名優の柳永二郎が演じています。脚本に時代劇の父こと巨匠・伊藤大輔も参加し、原作を若者目線に広げて脚色しています。正和は脇役で出演しています。

村上元三 大久保彦左衛門 柳永二郎 伊藤大輔



引用

愚連隊(ぐれんたい) 不良青少年集団の総称。現在の半グレ、暴力団、暴走族などの源流である。 概要 第二次世界大戦後に台頭した、青少年によるアウトロー集団>ギャング。





*この見出し題の〇〇に関するワードの謎の〇〇に含まれる2文字は高廣です。







正和とホリプロに所属、ヒット第1号タレントが合体 たき火が趣味と「僕は泣いちっち」




下の動画は、田村正和のデビュー作「旗本愚連隊」、守屋浩による「旗本愚連隊」(=「御意見無用 旗本愚連隊」)が主題歌です。







守屋浩は1960年からのできたばかりのホリプロに所属、ヒット第1号タレントとなり、「僕は泣いちっち」の大ヒット、NHK紅白歌合戦に1,960~63の4年連続出場、当時は売れている歌手ばかりの出場していた時代の紅白の最盛期、川地民夫主演で1960『僕は泣いちっち』(日活)の映画版が制作され、自身も助演出演、股旅物などの主演映画も制作されました。時代劇の1961『守屋浩の三度笠シリーズ 泣きとうござんす』と『守屋浩の三度笠シリーズ 有難や三度笠』(両方が股旅物)も公開しています。


守屋浩 御意見無用 旗本愚連隊 僕は泣いちっち 川地民夫 

守屋浩の三度笠シリーズ 泣きとうござんす 守屋浩の三度笠シリーズ 有難や三度笠



守屋浩は、東映の現代劇女優のイメージも強めの、本間千代子と結婚していたことでも知られています。彼女は歌手として人気は一時的に高い支持を集めたものの、演技面はほぼ良い作品や良い役柄に恵まれず、さらに主演女優としての適性は弱く、

1960年代前半に東映の取締役に出世してきた岡田茂(のちの東映二代目社長、のちに日本映画のドンともいわれる)の方向性と、彼女の個性のアイドル的な路線が嚙み合うものではなかったといわれています。ですが売り出し当初、東映の初代社長の大川博に気に入られていたことでも知られています。

本間千代子 岡田茂 大川博


本間千代子 ゴールデン☆ベスト



(決定盤)守屋 浩大全集



<引用>

商品の説明
内容紹介
もう一度聴きたい、青春の男性スター

収録内容

DISC 1
01 夜空の笛
02 僕は泣いちっち
03 夜のため息
04 檻の中の野郎たち
05 俺のあの娘
06 泣かないで帰ろう
07 想い出は消えはしない
08 癪な雨だぜ
09 おヽ青春
10 ボン・ボヤージ
11 達者でいるかよお母さん
12 俺から行くぞ
13 泣きべそ列車
14 よせよ恋なんて
15 俺は銀座の騎兵隊
16 銀座のシイチョウや朗
17 俺でない俺が泣いている
18 東京へ戻っておいでよ
19 泣きとうござんす
20 怒っているんだぜ

DISC 2
01 有難や節
02 月のエレジー
03 明日は東京の空の下
04 しょんがない節
05 茶摘み畑は恋畑
06 われらのライフルマン
07 長いお下げ髪
08 大学かぞえうた
09 見ちゃった聞いちゃった
10 君と会う散歩道
11 がまの油売り
12 今歩いているこの道は
13 ぼくはお天気上天気
14 旗本愚連隊
15 姉さんの嫁入り馬車
16 学生小唄
17 やっつけろ節
18 巨人軍の歌(共演:若山 彰/三鷹 淳)
19 まるはち祭り(共演:島倉千代子))
20 星空に両手を(共演:島倉千代子)









吉永小百合を破った千代子さん 共産党に近いナニカグループのAKANAGAさん つながる活動家の岸恵子もあっち系 赤旗信者の恐怖






1964年の本間千代子の人気のピーク時は、ブレイク時の吉永小百合のブロマイド売り上げを上回ったこともあったとされています。

少しそれますが、日本の文化(映像文化の安全保障)を守ることにもつながる、少しピリリと辛い、唐辛子の現実も伝えます。


本間千代子がブロマイド売り上げを上回ったこともあった吉永小百合は、赤旗読者でも知られています。まさに日本共産党(中国共産党)に近いAKANAGAさんです。



また、平和ボケの9条論者の教祖です。日本人に多い他人事の自分だけが良ければよいという、事なかれ主義も同様、戦争の抑止は、話し合いや友好では解決しません。逆に相手による侵略や浸透、分断、時間稼ぎを深めてしまいます。これは国だけではなく、人同士もほぼ同様、ストーカーの事件も同じです。


吉永小百合 

AKANAGA=平和ボケの9条論者の教祖 事なかれ主義


AKANAGAの現実をご覧ください、(↓リンク) 日本のために目覚めよ!!団塊世代含むいわゆるサユリスト 新聞赤旗に吉永小百合が、つまり共〇主義者ということです。
核兵器禁止条約 今こそ日本批准 NGOイベントで声 吉永小百合さん“被爆国として発信を”



有名ですが、岸恵子(KEIKO)もあっち系 新聞赤旗に吉永小百合と岸恵子の名前が同時掲載、この現実をご覧ください。吉永小百合の名前は何度も登場しています。
全国に「派兵反対の音」 吉永小百合さん、岸恵子さんらメッセージ


岸恵子は、日本の芸能界に反発してフランスへ、意気込んだはいいものの、フランスで大して活躍できず、お金稼ぎは日本人相手の日仏の往復の活動、存命だと”国葬反対おばさん”こと落合恵子と競う外国論者、いわゆる左翼思想(オパヨ)でも知られる名女優です。

吉永小百合は彼女を尊敬していると、何度も映像インタビューで話しています。現実に映画界や芸能の10年ほどの先輩でもあり、実力派、吉永とは頃なる演技の路線、左翼活動家としての部分の尊敬に留まらず、演技のないものねだりの、敬意を感じている部分がありそうです。

岸恵子 日本共産党 AKANAGA 国葬反対おばさん 落合恵子



防衛、さらに国内の安全保障の邪魔をする危険分子(中韓朝系)の排除ですし、反撃能力も有効でしょう。話し合いや友好はあくまでも効力の弱い、もしものときのカードにしか過ぎません。オパヨ、AKANAGAさん、彼女もナニカグループなのでしょうか、



日本共産党に近いAKANAGAさん&KEIKOさんは、まるで、「共産党と強いつながりがあるColabo代表仁藤夢乃さん」のようだ

またナニカグループというと・・・


興味がある方はご覧ください マスコミ総出で無視する現実です。日本人に知っていただきたい、わたしたちの収めている大切な税金、公金の不正使用の疑惑、NPO問題、NPO法人は一度全てを抹消するべきだ!
共産党と強いつながりがあるColabo代表仁藤夢乃さん動画


中国とつながる太陽光詐欺師の三浦瑠麗夫妻ともつながる。実は両名とも、事件疑惑前までは、国民の敵のテレビマスコミが散々素晴らしいと何度も持ち上げていた人物だ。


ナニカグループ Colabo 仁藤夢乃 NPO問題 NPO法人 三浦瑠麗






全ての日本人へ映像で知る中国侵略の2023年 【突撃!現地ルポ】三浦瑠麗・橋下徹・小池百合子が知るべき上海電力「岩国メガソーラー」の真実【デイリーWiLL】 






【突撃!現地ルポ】三浦瑠麗・橋下徹・小池百合子が知るべき上海電力「岩国メガソーラー」の真実【デイリーWiLL】
https://www.youtube.com/watch?v=XgyCJf6feCI

全ての日本人へ

テレビマスコミが長く問題にすべき、現地レポの真実をご覧ください。騙し討ち、テレビマスコミガン無視中の中国侵略の現実

橋下徹 小池百合子 上海電力 岩国メガソーラー デイリーWiLL


<名コメント引用>
・美しい日本の国土をこんなに破壊しておきながら、何がSDGSだ。何か太陽光発電だ。

・三浦瑠麗、国会で「中国人に日本の土地を売れ」と発言してましたね。
三浦瑠麗を国会に招致したのは誰?

・恐らく全部根っこは繋がっているという事なんですね。
地検には正義のために、国益のために妨害に屈する事なく、捜査していただきたいです。

>すべてナニカグループ(売国、反日、左翼、共産主義者、友好論者、平和論者、外国主義、自虐史観、在日など)といえます。

・外国人に上地売るのを禁止する法律を速く作るべきですネ。

・この愚行は必ず追求しなければならない。

>追及

・岩国のみなさんのお話を伺っていて、つくづく三浦さん、橋本さん、小池都知事の罪深さを感じました。岩国のみなさん、本当にお気の毒です。人命にも関わって来るのではないでしょうか。制限なしのGATS協定に加入した外務省は、やはり罪ではないでしょうか?外務省は真剣に考えてGATS協定の見直しを早急にするべきと思います。日本の国土が無くなります!



GATS協定 平井宏治 経済安全保障アナリスト


>動画内の経済安全保障アナリストの平井宏治が、かねてから言っているとおり、さっさと「GATS協定」を見直し、日本の土地を外国が買えなくさせることが重要です。


「僕は泣いちっち」のように、日本人や自国が泣いちっちだと困ります。





これぞ国士・北村晴男が語る高市早苗を不当に追い詰めるナニカグループ あのTBSで長寿番組のラジオを続け、夫が元フジテレビのAKANAGAも・・・




これぞ国士・北村晴男、これで普通な常識人、ため息が出る男の橋下徹に見習っていただきたい。


政治家・マスコミが高市議員を潰そうとする理由とは?


北村晴男 北村弁護士 高市早苗

反日政治家や野党、反日マスコミ、在日やスパイ勢力の危険(中韓、北露など)、安全保障、9条擁護の護憲派、についても語っています。これらは全てつながっている。あのTBSで長寿番組のラジオを続け、同時に夫が元フジテレビのAKANAGAも・・・

橋下徹





もしもの可能性「大スターの死が数年伸びていれば」 名匠福田晴一と田村正和、さらに高田浩吉の運命も変化していた




「旗本愚連隊」の監督の福田晴一は、1952年の田村の父の大スター阪妻の死去の大きな打撃の余波から、松竹が時代劇映画のそのものの方向転換を余儀なくされ、松竹は、正和の父の阪東妻三郎に次ぐ、事実上の時代劇の序列2番手に位置付けていた高田浩吉を主演として強く押し出します。

ですが、超大作のオールスター映画に関しては、歌舞伎俳優の主演に頼ることが多めであり、高田の評価はそこまで高くはありませんでした。阪妻が存命であれば、高田以上のオールスター本数を消化していたものと考えられます。

福田は、戦前の1930年代に松竹時代劇の三大スター(松竹加茂下三羽鳥)に位置付けられた高田浩吉とコンビを組み、松竹版「伝七捕物帳シリーズ」(松竹版は1954~1959)を8本中7作、喜劇系の伴淳三郎と花菱アチャコの「二等兵物語シリーズ」を10本中9本手掛けました。

松竹加茂下三羽鳥 伝七捕物帳シリーズ 伴淳三郎 花菱アチャコ 二等兵物語シリーズ 


*松竹の「下加茂の三羽烏」=林長二郎、高田浩吉、坂東好太郎 林長二郎は東宝移籍後に長谷川一夫の名義


高田浩吉=唄う映画スター第1号とも称された時代劇の大スターで、主演映画本数は日本映画史上歴代ベスト10(公式9位、現存含むと10位)の170本に及ぶ、戦前と戦後の両方で主演数は80本を越えを記録(歴代5名のみ)、片岡千恵蔵、市川右太衛門、長谷川一夫、嵐寛寿郎に次ぐ、歴代5位の映画主演の大スターを長期間にわたって維持しました。

「弥次喜多」の題材や「伝七捕物帳シリーズ」が上位の代表作、時代劇の有名題材・股旅物の主演数は歴代上位、だが時代劇六大スターに含まれず、通算主演120本強の月形龍之介に次ぐ、またはそれより上の、事実上の7、8番手に数えられた存在です。さらに歌手としても唄う映画スターの先駆者として、1930年代から複数のヒット曲を記録し、時代劇俳優兼歌手としては歴代上位数選に含まれます。


月形龍之介 弥次喜多 坂東好太郎 林長二郎 長谷川一夫 

唄う映画スター第1号


戦前と戦後の両方で主演数は80本を越え=片岡千恵蔵、市川右太衛門、長谷川一夫、嵐寛寿郎、そして高田浩吉の世界で5名のみの大記録

片岡千恵蔵 市川右太衛門 嵐寛寿郎








その高田主演の「伝七捕物帳シリーズ」(松竹版は1954~1959)の重要な1本目は東映から出向の巨匠・松田定次、その助監督を経た福田は、1950年代の松竹の時代劇映画のホープ的存在として、1960年代付近まで比較的活躍をみせました。もちろん巨匠レベルまでは届きませんが、名匠といえる活躍ぶりを残しています。

松田定次

また、福田は松竹を出て以降は成人映画の監督として複数のヒット作を残す明確な成果を挙げた人物です。特に田中純一郎が一般映画監督から転向した成人映画の総明記の貢献者の一人に挙げています。田中純一郎は、日本映画界に貢献した映画評論家の草分けで、評論や書籍などから幅広く高い評価を受け、映画評論家初(初?)の紫綬褒章を受章しています。


田中純一郎



ub33226喧嘩奴ポスター 高田浩吉 角梨枝子 桂木洋子 近衛十四郎

高田浩吉と福田晴一の名コンビは映画14本を記録しています。両名のコンビ1本目は、伝七の2本目「伝七捕物帳 黄金弁天」に次ぐ、コンビの2本目がこのポスターの1955『喧嘩奴』です。映画はCSで録画しています。作詞家でも知られる関沢新一が脚本参加、彼は東宝中心に70本ほどの映画の脚本を手掛けていますが、この映画は数少ない松竹映画の脚本です。




伝七といえば1973年からのテレビドラマ版は、中村梅之助(四代目)が演じ、計180話を越すスマッシュヒットとなりました。

喧嘩奴 伝七捕物帳 黄金弁天 中村梅之助 関沢新一


1953年の阪東妻三郎の死去が数年伸びていれば、高田浩吉ではなく、福田晴一と阪妻がコンビを組んだと考えられます。福田の松竹時代劇の巨匠・大曾根辰夫(大曾根辰保)も阪妻コンビを継続していたでしょうが、そうなっていれば、福田の松竹における評価も変わり、成人映画行きがなかったかもしれません。また松竹の1960年からの時代劇映画の本数の縮小が遅れ、同年の高田浩吉や近衛十四郎の東映への移籍がなかったかもしれませんし、または数年ずれていたといえます。

大曾根辰夫 大曾根辰保 近衛十四郎


阪妻の三男の男の田村正和の松竹映画時代は現代劇がメインでしたが、時代劇メインや両方が多くなっていた可能性もあります。その後のドラマ時代の活動も変化していた可能性も大いに考えられ、

正和と福田の互いの運命に影響を与えた阪妻の死の余波は塑像に絶するものがあり、東映が松竹に勝利した1956年は成し得ていたのでしょうか(1956は松竹が戦後初めて1位の座を譲って片岡千恵蔵などの力で東映1位、松竹2位)、


最盛期の映画会社のパワーバランスさえも左右したかもしれません。田村正和の父はそれほどの大きな存在でした。







姉妹ブログの新記事
ハリウッド君「安全保障破壊してお金ほしーの」史上最悪ポリコレ7冠の侵攻 米親分VSアジ子分のゲ・ン・ジ・ツ


姉妹ブログのウラ記事
第95回米国アカデミー賞 モンローはもろく沈んだ「60歳女性という概念」をぶち壊した女優と「穴であるマス」 映画111本主演64本の「あゝ偉大なトニー・カーティス」




にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : 田村正和, 荻原博子, ひろゆき, , 旗本愚連隊, 守屋浩, 本間千代子, 福田晴一, 残間里江子, 高田浩吉,

[ 2023/03/25 20:33 ] レアドラマ探検隊 | TB(0) | CM(7)

「回想・田村正和伝説2」 おば様たちが襲った正和VS長嶋茂雄は完敗?祖母ドアップの衝撃 兄の田村登司磨さんと愛娘さきちゃん成城学園の恩師の金さん






「回想・田村正和伝説2」 おば様たちが襲った正和VS長嶋茂雄は完敗?祖母ドアップの衝撃 兄の田村登司磨さんと愛娘さきちゃん成城学園の恩師の金さん






今回は、驚愕のカメラはとらえていたおば様たちが襲った正和の瞬間、さらに成城学園の恩師の金さん、突如アップの田村の祖母の顔の表情、田村の実兄の田村登司磨さんと田村の愛娘のさきちゃんの謎、さらにさらに、長嶋茂雄と田村の貴重なツーショットの瞬間をカメラはとらえていました。


さらに千恵蔵御大の子供の、日本人が、どぉーしても~、わすれちゃ~ならねぇ~日本映画史上を代表する男女名子役の植木基晴植木千恵と正和についても迫ります。





前回記事「回想・田村正和伝説」 敷地1000坪邸宅の坂本龍馬おやじ VS近所に居そうな西岡おっちゃんさんスゴイ人 名優・佐分利信自ら格下アピール





日本の芸能史に記録と記憶の両方を残す「歴代・親子対決」 田村正和阪東妻三郎 最大のライバル片岡千恵蔵植木基晴植木千恵 記録か芸歴か







息子・田村正和と父・阪東妻三郎の親子は、互いが2023年は生誕120年の記念年の片岡千恵蔵と共演しています。

正和とは2クールの26本のテレビドラマ『世なおし奉行』、阪妻とは現存含むと映画15本ほどの共演、『忠臣蔵 天の巻・地の巻』、『維新の曲』など多数、日本の映像系ナンバーワン主演俳優の千恵蔵に関しては映画ブログの方で取り上げています。

リンク→片岡千恵蔵生誕120年 今後成し得ぬ巨星 随一「主演コンビ名匠40」驚愕「成功名匠24」脅威「二回り下名匠5の激震」

片岡千恵蔵は、長男・植木基晴、戦後の日本映画や最盛期でもっとも活躍した男児の子役、子役の主要キャスト数は最盛期の日本映画で最多の9本を記録、また主演や主要の千恵蔵2本の1000万人観客動員の映画に出演、出演は20本強

植木千恵は、戦後の日本映画や最盛期でもっとも活躍した女児の子役、基晴の妹、映画史上最多の男児役を多数演じる。千恵蔵が主演や主要の1000万人観客動員を記憶した映画に子役最多の5本出演など大記録、子役史上戦後最多の映画約50本に出演、千恵蔵の子供は、映画史上に記録と記憶を残した大物の男児と女児の子役でしたが、残念ながら両名とも子役時代が終わるころに芸能界を引退しています。

その点、阪妻の息子・田村正和は中学生の少年期にデビューしており、子役時代を経験しないことで、活動をやめる機会に至ることがありませんでした。子役として映画史上の歴代記録を残した息子と娘、テレビドラマ最多のヒット作に主演した息子、どちらも記録と記憶の功績は消えません。果たして子供においては、どちらが功績を残したといえるのでしょうか


芸能は年数よりも、その中身が上だからです。50年活動しても中身がない場合はろくな評価を受けませんし、たった5年間でも多くの記録や大功績、知名度を誇るほうが世間体は上になってしまうものだからです。たとえば山口百恵など、活動年数が短く、1970年代の女性系の上位の功績を数路線で残しており、この部類の入りそうです。


田村正和 阪東妻三郎 

片岡千恵蔵 世なおし奉行 忠臣蔵 天の巻・地の巻 維新の曲 山口百恵




極論・芸歴60年強の正和は負けたのか 日本芸能史に燦然と残る大物子役スター兄妹の大衝撃砲 植木基晴植木千恵の驚愕




田村正和は、芸歴60年ほどだったが、生涯で40本強の映画出演、主演は10本、明確な出演の代表作は助演の『永遠の人』『風林火山』などの数本、主演はなし、さらに深く迫ることも出来ますが、映画ではほとんど結果が残せませんでした。一方、植木千恵は子役のみの活動ながら映画出演50本弱、しかもヒット作は20本以上、代表作は軽く10本を越す。これも現実です。


こうした現実から目を背けてはいけません。事実は事実です。


長男・植木基晴
戦後の日本映画や最盛期でもっとも活躍した男児の名子役、片岡千恵蔵の長男、子役の主要キャスト数は最盛期の日本映画で最多の9本を記録、また主演や主要の千恵蔵2本の1000万人観客動員の映画に出演、出演は20本強 日本映画史上の大巨匠の内田吐夢の監督作に5本出演の功績、『血槍富士』、『黒田騒動』、『逆襲獄門砦』(主要で千恵蔵の息子役を好演)、『暴れん坊街道』、『どたんば』、子役概念の時期が終わる頃の1959年に芸能界を引退

長女・植木千恵
戦後の日本映画や最盛期でもっとも活躍した女児の名子役、片岡千恵蔵の長女、基晴の妹、最盛期の映画史上、女児の子役の最多数の男児役を演じる。千恵蔵が主演や主要の1000万人観客動員を記憶した映画に子役最多の5本出演の大記録子役の戦後最多の映画50本強の出演数も大記録、また美空ひばりの名作『ひばりの森の石松』に上位キャストで出演、掛け合いも披露、小学校卒業時期の1960年に芸能界を引退


植木基晴 植木千恵 

内田吐夢 美空ひばり ひばりの森の石松 逆襲獄門砦 血槍富士 黒田騒動 暴れん坊街道 どたんば




植木千恵の計5本の計1000万人以上の観客動員映画

1956『赤穂浪士 天の巻 地の巻』  =大石の娘のおくう役 千恵蔵は立花左近役 準主役的
1956『曽我兄弟 富士の夜襲』 =箱王役  千恵蔵は源頼朝役 主演の東千代之介、中村錦之助に次ぎ3番手の主要
1957『任侠清水港』 =清吉役 千恵蔵は清水次郎長役=主演
1958『任侠東海道』  =千代吉役 千恵蔵は清水次郎長役=主演
1959『忠臣蔵 桜花の巻 菊花の巻』 =大石の娘のお空 千恵蔵は大石内蔵助=主演


赤穂浪士 天の巻 地の巻  立花左近 曽我兄弟 富士の夜襲 源頼朝 東千代之介 中村錦之助 任侠清水港 清水次郎長 任侠東海道 忠臣蔵 桜花の巻 菊花の巻 源頼朝




千恵蔵の長女の植木千恵は、1950年代に日本人が映画館でもっとも観た子役です。なんと出演した映画50本近くで観客動員は軽く1億人を越していたと考えられるためです。1億人よりは1億5000側に近いとも言えます。これは1億人越えは日本映画の子役史上、植木千恵だけだと考えられます。また同時に映画子役の通算最多観客動員です。千恵蔵の凄さは、子供二人が歴代上位の子役、しかも男女、コレもあります。


戦後の日本映画や最盛期でもっとも活躍した実の子供の名子役が男女の二ついる大記録に貢献した千恵蔵と、テレビドラマ史を代表する多作のヒット本数を記録した阪妻の息子の田村正和、果たしてどちらが、どちらとも別な土俵でナンバーワンの記録と記憶の両方を残しています。

正和の兄・田村高廣(映画やテレビドラマの上位の助演をメインとして長く活躍)は長く活動のクレジット表記のトリが任さられた名優ですが、残念ながら、歴代1位の記録や1位の功績や上位も特にありません。田村亮は名優までは・・・疑問符が付きます。

芸能の評価上、テレビよりも、映画のほうが活躍すると評価が格上という事実において、子役のみの10年に満たない芸歴であっても、今後に困難な大記録を2人の男児と女児の子役が残したわけで、千恵蔵側の親子に軍配があるといえます。


現在もマスコミやテレビがこの芸能の大功績の事実を無視(テレビ局が好きな芸能人のみを忖度する事実上の隠蔽)していることも驚きです。歴代子役の超大スター・植木基晴や植木千恵に関しては、詳しく映画ブログの方でもとりあげようと考えています。


前半は田村正和関与の、記録系における親子対決を展開してみました。






田村四兄弟のゲ・ン・ジ・ツ 「役者を継ぐ気はなかった」阪妻の次男の正和の兄・田村登司磨さん





後半は継続系の前回記事からの流れのパートです。



5.41 テロップ 「王将」(昭和23年) 監督 伊藤大輔

前回の記事の最期の↑からの続きです。



田村正和 49歳|プライベートインタビュー

今回は上記動画の5.44からのスタートです。

5.44 ナレ「この時、膝に抱いているのが次男のとしまさん、兄弟の上と下では18歳の開きがある。これはおばあちゃんとの珍しいスナップ」

写真 祖母の顔のアップ 

<コメント>祖母の名前は不明・・・

ナレ「長男高廣さんは役者を継ぐ気はなかった。次男登司磨さんは芸能界ではない道を進んだ」
テロップ  長男 田村高廣
テロップ  次男 田村登司磨さん

ナレ「そして兄二人を追うように俳優になったのが、末っ子の亮さん、その兄弟の中で唯一役者宣言をした正和少年は、自宅での父の衣装合わせや打ち合わせに同席を許された」

テロップ 四男 田村亮

6.18 写真 小学校5年生の頃
ナレ「小学校の頃から能を学び、近所の少年たちとチャンバラごっこをして、父の真似をして遊んだという」

<コメント>小学生のときに能を学ぶことは芸能にとっては良い情操教育だとも伝えてくれています。普段の生活の言葉や音程など違うものだからこそ、感性を刺激するはずです。彼の芸能の肥やしになっていたのか?

田村登司磨さん

6.25 テロップ 京都・嵯峨野小学校 隣りの家に住んでいた 脇野善武さん

脇野「まあ遊びといいましても、当時はチャンバラばっかりでしたね、わたしなんかはちょっとやられ役でしてね。
常に、彼予約?しましたけど、なかなか助けに来てもらえなかったような記憶もありますけど・・」



6.39
テロップ 阪東妻三郎(享年51歳)

田村「僕が九つのときにいなくなってくますからね、親父の姿というものをたまに生きざまも対なものは、今はおふくろ、90歳で元気にしてますけど、おふくろから聞いたりしてそういうものを見てます。あのーおふくろにしては早くにあのー、おやじとおふくろが一つ違いですからねえ50歳の頃に、時におやじを亡くしたわけですけどねえ、やはりまあーああいう世界に生きた人でしたから、きっと、かなり~遊んだでしょう」 残間「んん~」 田「しかし、親父をほんとに尊敬してますしね、母親」 残「う~ん」


田「おふくろは尊敬してて、素晴らしいりっぱな役者のところへ嫁いできたことを、すごく、あの~まっ侍の娘なんですけどね、
えと、とっても、今でも100パーセント幸せだったと」 残「ふーん」 田「いうふうなことを聞いててね」


映像 左に田村の透明の顔のアップ、右側に引きの田村の座る描写

田「そうはいいませんけどね、話を聞いてて、ああよかったんだな、おふくろこれでと思いますね」



<コメント>6,39から部分に着目します。田村と残間のやり取りの中で、田村「きっと、かなり~遊んだでしょう」 残間「んん~」、残間も自分の父親は





田村VSミスタージャイアンツ長嶋茂雄 立教大学の校歌も覚えるほどの大ファン=小声連発のど緊張の田村は完敗か?!





7.42
テロップ 平成5年1月11日 有楽町マリオン
曲 英語曲

ナレ「母親は三男の正和が一番父親の性格に似ているという」

<コメント>大の阪妻ファンだった映画監督の大林宣彦は、高廣が阪妻似ているといっていました。これは性格は含まない見た目と雰囲気という部分だと思われます。

脇野善武さん 大林宣彦 京都・嵯峨野小学校 有楽町マリオン


ナレ「父親阪妻には人間嫌いの伝説があった。うちにかかってきた電話も本人自らが先生は只今ご不在ですときってしまったほど」

テロップ 新春特別試写会

ナレ「田村正和もまた人前が苦手」

8.3 テロップ 大五郎役 壮田優志
「さらに何事にも夢中になる集中力も父親譲り、小学校時代~」



<コメント>大五郎役の壮田優志は、セントラル子供タレントに所属し、小学校の卒業時期に芸能界を引退したようである。映画出演は『子連れ狼 その小さき手に』のみの、また田村正和とはフジテレビ系の長編時代劇の『乾いて候』(1993年)でも共演し、映画とテレビで1本ずつの共演、2023年2月時点で35歳、田村との共演を子役時代の”良い思い出”として、今も覚えていることでしょう。

最高視聴率31.1%を記録した1995年の大河ドラマの『八代将軍吉宗』、22時台ながら最高視聴率23.2%の『恋も2度目なら 第1シリーズ』(1995年、明石家さんま主演)にも出演、一部のドラマファンは認知している存在かもしれません。



壮田優志 大五郎 八代将軍吉宗 恋も2度目なら 明石家さんま







田村VSミスタージャイアンツ長嶋茂雄 立教大学の校歌も覚えるほどの大ファン=小声連発のど緊張の田村は完敗か?!



「小学校時代~」からの続き

8.14 
「~立教大学出身の家庭教師と神宮球場へ行って、六大学野球に夢中になった」

テロップ 長嶋茂雄
映像 長嶋とあいさつする


ナレ「その当時活躍していたのが長嶋茂雄さん、正和少年は立教大学の校歌も覚え、
長嶋選手に熱烈な声援を送り、長嶋選手がプロ野球に進むと、正和少年も大の巨人ファンとなった。

8.38 田村正和のとって長嶋茂雄さんはそれほど、憧れの人
田村「ありがとうございます」
 

<コメント>声が非常に遠い
音 舞台あいさつで会場の拍手


8.44 長嶋「素晴らしい映画で、ほんとに、何年ぶりなんですか?」 田「13年ぶり」(小声) 長「あ、そんなアレですか、それじゃずっとその間(かん)、テレビとか」 「ええ」(小声)


<コメント>田村は長嶋を前に、かなりの緊張しているようだ。これも珍しい場面、長嶋らしい独特なしゃべりが続く、実は田村のしゃべりも影響を受けているのかも、しれないw

壮田優志 長嶋茂雄

長「大五郎とのふれあいとか、いや、敵方では烈堂そのものがね、さいごのあにー生命をたつときに、
大五郎のあの関わり合いの場面なんて泣けてきますよね」




【田村正和】一周忌 Masakazu Tamura【子連れ狼 その小さき手に Kodzure ōkami】前編①ダイジェスト 【慟哭 どうこく】修羅の道へ・・・【追悼】

これは2020年前半に騒がれている問題のあると騒がれているファスト映画とも言えますが・・・






田村親子が通った頃の成城学園中学校や高等学校 元担任・大平金次郎さんが語る 2020年映像から感じる正和少年と愛娘さきちゃんの面影





9.05
ナレ「一度こうと決めたらぜったいにゆずらない頑固さも父親阪妻さんに負けてはいない

学校ではスポーツ万能、勉強もAクラス、記念写真ではいつもいいポジションに収まる静かだが、
意志のはっきりした少年だった」


写真 成城学園中学校の頃

ナレ「中学から成城学園に通いカメラで写真を撮ることに興味を持ったようだ。今もロケ先でホームビデオをよく回している

映像 田村の様々な顔の描写の連続演出

9.37
ナレ「高校時代、兄高広の撮影現場を見学にいったことがきっかけで松竹大船と専属契約」

映像 成城学園高等学校 

ナレ「映画に出演しながらの学校生活で勉強のほうは成績が下がる一方、しかし、スポーツはバスケっとに熱中
、バスケットと映画2足のわらじで高校生活を送っていた」

10.18 ナレ「口数は少ないがいうべきことはびしっという正和少年を同級生の女生徒たちは光源氏とあだ名して
ひそかにあこがれていたという」


10.25 大平「あのー英語を担当しておりましたので」

テロップ 高校時代の担任 大平金次郎さん

大「英語はまあよくできました。読ませますとね、発音がいいんでいいし、声が低いし、渋いんで、、新橋演舞場でやるように、わたしねーよませつときこえないもんでね、もう少し、ちょっと大きいことでしゃべれっていって、それでも聞こえないんで、教壇を降りてそばまで行きましてね。

あのーお嬢さんにさきちゃんというお嬢さんがありますが、たまたま私のクラスになりまして、親子そろって担任したわけですけど、とくにあのー先ほど言いました英語なんか読ませますとね、読み方が正和君そっくりなんですよね、さきちゃんが、先生、今日今日誕生日よなんていっで、そうかいってお花送ったりしましたりしてねー」




<コメント>田村親子そろって、生涯の自慢場足になってしまった元先生、この話をどこでどれくらいしているやら、この映像の時70歳以上なのだろうか 娘のさきちゃん、当時は田村さき(漢字不明)だったようだ。

<コメント>田村正和の愛娘は田村早紀 田村沙紀、田村沙希なのか、それともこれ以外なのかはわかりませんが、よみは「さき」です。芸能系のレポータや芸能関係者などは漢字をご存じかもしれませんが、芸能デビューしておらず、一般人のようなのでこれ以上の詮索はやめておきます。



成城学園中学校高等学校 2020

田村親子が別年代に通ったころの成城学園中学校や高等学校と、この動画の2020年の映像は、大きく違う景色だと思われますが、そのどこかに必ず面影が残っているはずです。



成城学園中学校 成城学園高等学校 大平金次郎さん 新橋演舞場 さきちゃん


さんぽガール 神原もえさん 成城学園前編 Kindle版


この美女?ん。美女なのか!の神原もえさんと田村親子のの成城学園を巡れます。
彼女が美女なのかの疑惑もスッキリ




神原もえ







おば様たちの群れに囲まれる田村 まさに目の前にある危機 まるでいいたいけな少女が狼たちに迫られた






11.16
テロップ 平成5年1月15日 三越日本橋店
「田村正和が成人式の日、母と娘の記念日に招かれた、田村正和にも同世代の一人娘がいる
彼は阪妻さんのように子供に直接意見はしない、しつけや教育はすべて妻にゆだねているそうだ

ドラマでは家族とだんらんする父親、娘と散歩をするシーンを演じることがあるが」


テロップ 「成人式を迎えるお嬢様の集い」

「田村正和はそれをいっさいしない、家庭の中では娘と一切しゃべらず、部屋にこもって、一人で本を読んでいることが多い
自ら出たドラマを家族と一諸に観ることもない、しれぞれの部屋で見た後その感想を聞く、田村正和は家族の中でも、そえほどシャイで照れ屋な夫である」


<コメント>当時で、主催側からお嬢様というのが(笑) しかも引きこもりてきな父親だと伝えるようなナレーションが独特~家庭の中では娘と一切しゃべらず、部屋にこもって、一人で本を読んでいることが多い~から

三越日本橋店 成人式を迎えるお嬢様の集い


12.20 握手する田村
田村「ありがとう」

映像 おばさんたちに囲まれる田村

<コメント>まさに目の前にある危機で、ホラー 少女が狼たちに



ナレ「ちゃんって女の人にもてるだね、拝一刀の子役を演じた大五郎をはあまりの人の多さに驚いていたという」

12.41 聞いている男「魅力を一言でいうと」 女性1「あのワンポーズですよ」

女性2「全部、すべて、性格とか、用紙とか、芝居とか、特に素敵なんで」





子連れ狼 その小さき手に [VHS]



貴重すぎるVHS DVD版やブルーレイ版が求められます。





残間里江子戦 田「さーどうでしょうかー」(小声) 残「気になりませんか?」 田「なりまー、せん」(気になっているように言う)はドローなのか?





12.51 田村と残間の再び対面シーンへ

残間「父親がね田村さんだとあの、うれしい反面制約されることも当然ありますよね」

田村「ですからあのー、一緒に出掛りません。向こうが嫌がります」 残「あーそうですかー」

田「歩いてても離れていきます」 残「んー」 田「ですから、あのーんー、あと日本では一緒に手をつないで、どこか行くみたいなことはまずないですね」 残「んー」 田「したがってだから最初にいったように、ニューヨークに行ったときとかね」 残「えー」 田「ロケで、ローマにいったり、そういうときには必ず呼んで、まその、日本でできない、一緒に、ね!デパートいったり、どこかいったり、というようなことはいろいろ楽しいですけどね」

残「お父さんの仕事はそれこそ、継ぎたいっていう気持ちは?」 田「全然ないですよ」 残「ないですか、もうそろそろあの」 田「今珍しいですよね、みんな仕事持つでしょ」

残「えー」 田「彼女の本だしもなんか」 残「今大学生でしたよね」 田「大学出たらどっかで働くみたいなことを、もう大学出てちょっと遊んだら結婚したいっていってますね」 残「まあそういう意中の人がいるん」 田「さーどうでしょうかー」(小声) 残「気になりませんか?」 田「なりまー、せん」(気になっているように言う)

残「あははは、そうですか、どんな人でもいい連れてくれば?」  田「一応面接はします」、 顔が笑う田村 残「うふふふ」



<コメント>娘のことに対しては自由にしたらいいという気持ちと、良い人生を歩んでほしいという気持ちが交錯する父親の気持ちを感じ取れるやり取りです。田村も俳優ではあるが、普通な父親でもあることが感じ取れます。こうした普通な素顔は知りたくない人もいるかもしれません。







田村正和インタビューで直接対峙した残間里江子の書籍は阪妻親子を語る?





もう一度 花咲かせよう-「定年後」を楽しく生きるために (中公新書ラクレ) 残間里江子 (著)

残間里江子の書籍「もう一度 花咲かせよう-「定年後」を楽しく生きるために」の特に「もう一度 花咲かせよう-」の部分は田村や阪妻とつながる部分があります。

阪妻は稲垣やそのコンビを組んできたライバルの千恵蔵の大影響で再ブレイク、田村正和は1984年からの『うちの子にかぎって…』(田村は小学校の教師役)で再ブレイクし、その後数多くのヒット作へ、1980年代から2000年代の活躍につなげています。



14.08 ナレ「田村正和は・・F1観戦に行くほどの車好きである。愛車を走らせてどこへともなく一人旅を楽しむ」

映像 高速道路をサングラスをかけて運転する車内の描写




>果たして、高速道路をサングラスをかけて運転としゃれこみ、テレビドラマを代表する大スター田村正和の行き先に、何が訪れるのか?






姉妹ブログの新記事 片岡千恵蔵生誕120年 今後成し得ぬ巨星 随一「主演コンビ名匠40」驚愕「成功名匠24」脅威「二回り下名匠5の激震」







伝説の?田村正和のインタビュー後の残間里江子は一体、どっちへ向かったのか!!







フリーアナウンサーなのか、プロデューサーなのか、それとも…

田村とのインタビュー対決を無事にこなしたその後の彼女は一体どうなった。



残間里江子さん(プロデューサー)9月29日OA

引用

静岡放送のアナウンサーを経て、編集記者、会社設立。山口百恵さんの「蒼い時」や、2007年ユニバーサル五輪国際大会のプロデュース。そして、現在は会員制ネットワーク「クラブ・ウィルビー」を運営している。山口百恵さんとの交流や、生島ヒロシさんとの番組のエピソードなど。





田村正和のインタビュー後の彼女は一体どうなったのか。動画の音声は何を伝えてくれるのでしょうか。




にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : 田村正和, 長嶋茂雄, 残間里江子, 阪東妻三郎, 成城学園, 壮田優志, 田村登司磨さん, 植木基晴, 植木千恵, 片岡千恵蔵,

[ 2023/02/25 19:24 ] レアドラマ探検隊 | TB(0) | CM(7)
AD
チワワドラのタグクラウド

チワワドラの過去ログ +
ドラのすべてを↓でご覧ください

2024年 04月 【1件】
2024年 03月 【1件】
2024年 02月 【1件】
2024年 01月 【1件】
2023年 12月 【1件】
2023年 11月 【1件】
2023年 10月 【1件】
2023年 09月 【1件】
2023年 08月 【1件】
2023年 07月 【1件】
2023年 06月 【1件】
2023年 05月 【1件】
2023年 04月 【1件】
2023年 03月 【1件】
2023年 02月 【1件】
2023年 01月 【1件】
2022年 12月 【1件】
2022年 11月 【1件】
2022年 10月 【1件】
2022年 09月 【1件】
2022年 08月 【1件】
2022年 07月 【1件】
2022年 06月 【1件】
2022年 05月 【1件】
2022年 04月 【1件】
2022年 03月 【1件】
2022年 02月 【1件】
2022年 01月 【1件】
2021年 12月 【1件】
2021年 11月 【1件】
2021年 10月 【1件】
2021年 09月 【1件】
2021年 08月 【1件】
2021年 07月 【1件】
2021年 06月 【1件】
2021年 05月 【1件】
2021年 04月 【1件】
2021年 03月 【1件】
2021年 02月 【1件】
2021年 01月 【1件】
2020年 12月 【1件】
2020年 11月 【1件】
2020年 10月 【1件】
2020年 09月 【1件】
2020年 08月 【1件】
2020年 07月 【1件】
2020年 06月 【1件】
2020年 05月 【1件】
2020年 04月 【1件】
2020年 03月 【1件】
2020年 02月 【1件】
2020年 01月 【1件】
2019年 12月 【1件】
2019年 11月 【1件】
2019年 10月 【1件】
2019年 09月 【1件】
2019年 08月 【1件】
2019年 07月 【1件】
2019年 06月 【1件】
2019年 05月 【1件】
2019年 04月 【1件】
2019年 03月 【1件】
2019年 02月 【1件】
2019年 01月 【1件】
2018年 12月 【1件】
2018年 11月 【1件】
2018年 10月 【1件】
2018年 09月 【1件】
2018年 08月 【1件】
2018年 07月 【1件】
2018年 06月 【1件】
2018年 05月 【1件】
2018年 04月 【1件】
2018年 03月 【1件】
2018年 02月 【1件】
2018年 01月 【1件】
2017年 12月 【1件】
2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【1件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【1件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【4件】
2012年 02月 【1件】
2011年 12月 【7件】
2011年 11月 【29件】
2011年 10月 【32件】
2011年 09月 【32件】
2011年 08月 【32件】
2011年 07月 【32件】
2011年 06月 【27件】

チワワドラ最近記事
AD
チワワドラ生き様(全記事)
「七剣聖」 映画・テレビドラマ・芸能史に輝く世界の金字塔 世界1位の日本を誇れ

  • 世の中に多様な映像スター(主演俳優)の概念を定着させ、映画だけではなくテレビドラマ、時代劇映画、時代劇のテレビドラマ、映像芸能の世界に大きな足跡と幅広い影響を与え続ける世界の金字塔


  • 7名の総主演映画数は最低でも1600作、総出演数は2400作に上り、これは世界歴代に前人未到の功績


  • 片岡千恵蔵 市川右太衛門 長谷川一夫 嵐寛寿郎 阪東妻三郎 大河内傳次郎 月形龍之介を歴代トップ7と称して『七剣聖』と呼ぶ(左から主演数順)

  • 七剣聖のほかに、片岡千恵蔵 市川右太衛門 長谷川一夫 嵐寛寿郎 阪東妻三郎 大河内傳次郎を『時代劇六大スター』(時代劇形成の戦前1920年代後半から1940年代かけてトップ6の意味と大きな活躍、その黄金期から戦後にかけて)と呼ぶこともあり
  •  
  • 特に観客動員1の東映は片岡千恵蔵と市川右太衛門のトップ、長谷川一夫は大映のトップとして戦後の映画黄金期(特に7年連続観客動員8億人の1955~1961)のいわゆる”黄金の7年”に多大な貢献と功績をもたらす、膨大な後輩たちやテレビドラマに大きく影響

  • これらは未来や海外に伝えるべき重要な事実

  • AD 生き生き旅立ち
    日本のために「ゲンジツ」知ろーよ(# ゚Д゚)
      【ゆっくり解説】韓国韓流映画、人気なさ過ぎて観客数水増しして大量書類送検

    >韓国の映画業界は日本の何倍もおかしく、数字の嘘は基本だが、日本で考えられない枕営業数や考えられない差別、多彩な不正。まず日本のように「松竹」、「東宝」、「東映」、「角川」(左から映画事業開始順)のように大手映画会社は1社も存在していない。独立系のみの自質共産主義の業界、これは好き嫌いという個人の低レベルの概念ではなく、日本人はもう少し日本の大手映画会社に感謝しても良いと思う、日本の先人への感謝これは基本である。

    <ブラボーコメント>

    ・そもそもK国やC国が出す数字なんて、信じる人いるの?

    >騙される数パーセントの韓国馬鹿信者がいる。ほんとコロっと騙されるのだ。韓国はマスコミとグルになり「頭の悪い若い女性や若年層」を狙い打ちしている捏造オンパレードの罠。韓国関連に日本経済のためにぜったいお金を流すな!!自分で自分たちの首を絞めるな!

    2024.5.6更新   【日韓関係は修復不可能】韓国が日本に挑発行為!反日過激派議員団が嫌がらせで竹島上陸…日本は日韓通貨スワップを中断し、窮地の韓国経済にトドメ刺すべき

    >4月30日、韓国の政治家17名が日本固有の領土の竹島に上陸、ちなみにNHKはテレビのニュースで無視したのだ。最新会心動画。彼女は最高だ。マズゴミたちが9割無視しているフツーな事実を伝えてくれるからだ

    <ブラボーコメント>訳・ブラコメ

    ・日本のマスコミは何故報道しない?

    ・入国禁止、支援禁止にすべき。

    ・東海大学准教授の金さんを強制送還せよ!

    >「遠山の金さん」は日本人の栄誉だが、東海の金さん(反日韓国人)はイランのだよ~

    ・暗ミカも付けるでよ〜。

    >腹の底は反日で、お金ほしーのから日本にしがみつく韓国人アンミカ、便所コ〇ロギのような性根がやばい、ただちに母国朝鮮半島へGO

    ・おい、キシダ フィフィさんはこれほど日本のことを思って心配しているんだぞ、聞いているか。

    >純日本人の皆様、日本をマイナスにする平和ボケや自虐史観や偽善者をやめ、”ほどよき保守的な愛国心”(ロシアや中国のような強靭な極右の愛国心はNO)を取り戻せ!

       

    韓国、BTSのビルボードチャート不正対策でやらかしばれる【ゆっくり解説】

       

    <ブラボーコメント>

    ・複数買いを除外できるビルボードの技術力すげえな

    ・流石に正式な数を掴もうとする世界のビルボードは流石ですね。民放のカウントダウン番組、日本のオリコンとかは普通に複数買いを認めたりしてますよね。昔のラジオ番組とかは、ハガキ1000枚送れば1000ptにされていて、10週連続とかもありえたもんだけどな~。そういう身内のノリでヌルいことは許さんの精神、流石ですわ。

    ・何であんなのが売れてるのかサッパリわからなかったけど納得しましたわ

    >”目先の利益優先主義のパン食い競争”はさっさと中止せよ‼ 日本は2010年くらいからの壺元グループのAKB48以降、複数買いの不正行為で、嘘の大人気や嘘の国民的が作成&続いている。立花孝志氏によるとこれにまっさきに乗ったのが、生え抜きの会長をクーデターにように追い出し、〇通(韓国推しを開始されたとされる)と強固な関係になったと話のあるNHKだ。日本の韓流の売り上げも同じ、複数買いの不正行為のため、KーPOPの購入者の人数は相当少ない。またビルボードのようにまっとうなランキングになるほうが、日本の企業や広告の正常化や強靭化にもつながり、企業のイメージさえ上昇するのだ。

    ・日本の場合はKに乗っ取られたメディアが買ってるんでしょう 一定のファンはいるでしょうけどコラボ商品が捨て値で投げ売りされてても残ってるんだから人気はないと思う

      【朗報】韓流がごり押しされていたNetflix、ランキング仕様変更した結果韓国ドラマが完全消滅【ゆっくり解説】

    >捏造と嘘、虚言、不正のみの超大国の現実、理想不可能な夢じゃなくて

    現実みよーよ。ゲ・ン・ジ・ツ

    <ブラボーコメント>

    ・やっと対策したのか。ずーーーっと前から言われてて韓国ドラマとか韓国映画とかがTOP10で表示されるから邪魔だったし不愉快だったからもうネトフリ解約しちゃったんだよね。

      【海外の反応】韓国「不正だらけ…」Netflixが韓流ゴリ押しを禁止にした結果➜韓国全ランク外!日本アニメが上位を独占www 韓流ブー

    >外資系の韓国(中韓)とお金でつながった世論誘導(韓国推しの不正広告)に嘘に騙されるな、これはアップルやグーグルのストアでも同様だ。中韓やキルギスも関係はNO

    <ブラボーコメント>

    ・稚拙なごり押しを許している日本のTVメディアがもっと情けない。

      【K-POP再生回数、ねつ造】韓国音楽協会が声明!「不正行為が常態化」米ビルボードも集計基準変更。K-POPの不正を牽制。   【韓流の嘘】AppleMusicの統計でもK-POPよりJ-POPのほうが人気があることが判明してしまう【ゆっくり解説】

    <ブラボーコメント>

    ・それでもK-POPをゴリ押しをする紅白歌合戦とレコード大賞

     
    (TДT)―サ・イ・ナ・ラ・中国―(TДT) 定期更新
     

    2024.4追加 

    【ゆっくり解説】中国政府の隠蔽に人民大激怒!とんでもない量の放射能検出で2000万人以上が犠牲になるも一切報道しないワケ。

    >テレビマズゴミたちが無視する有能動画です。他国の侵略、放射能被害者たちの隠蔽、歴史や現在の捏造、大ウソ、威圧、数字の改ざん、支那(シナ)という大きな赤ん坊の現実の一端、日本政府はただちに中華系食品類や中華系アプリをすべて停止させよ。大人以上に日本を担う子供たちの未来が危険だ。

    <ブラボーコメント>

    ・マスコミは ここの報道しないし 黄沙の放射能汚染レベルも 追求もしない 最低な対応

    >マスコミ=マズゴミ、まず~いごみです

       

    ・C国からの食料品輸入、マジで止めて欲しい 自炊なら避けられるが、外食だと素材や調味料の原産地分からん

    ・これが黄砂で日本に飛んでくるの、ほんと勘弁してくれって思う

    ・世界一、がん患者の割合が多いのが中国であることは周知の事実ですが、更に増えるかも…

       

    2024.4追加 

    【危険アプリ!】もしスマホにこのアプリが入っていたら即削除!【i phone Android 共に紹介】

    上記の動画の14:06から「TikTokも同様に危険!」のパートです

    >中国系(=韓国系)のアプリは全て削除しましょう、2024年4月に宣伝が強靭な「Temu」もです。無料でも中国国内の在庫ばかりで処分したいだけのドローンなんざほしくねえよ!当然ながら「原神」、「ブルーアーカイブ」、「勝利の女神:NIKKE」などの中韓ゲームアプリも同様です。仮想敵国の中国や、中国とつながりの強い反日国の韓国に金を流す馬鹿過ぎるファンは困ったものだ

    <ブラボーコメント>

    グット1330越えのブラコメ↓

    ・TikTokも海外じゃストアから削除依頼してますからねぇ、日本じゃ政府が利用してる始末

    ・TVでも「人気のTikTokで…」とか、やたら推してきますよね。

       

    >推す理由は、テレビが韓国系同様に中国系からお金をもらっているからです。2024年3月に「〇貞〇ね!消えろ!カスなど」の男性差別や膨大過ぎる暴言を配信サイトの生放送で話し、さらに炎上の極フェミタレントの「あの」(26歳ってwこいつにちゃんなんて付けるな)が、テレビ東京(中国を常に宣伝の親中過ぎる放送局、2024年4月~6月に中国アニメ「ブルーアーカイブ」も堂々と放送中)の自身の深夜TV番組で何度もTikTokやTikTok LIVEを宣伝しています。2024年4月現在のTikTok LIVEは配信者そのものが超激減中(な~んと、22時台で4人もありました)

       

    ・中華アプリは全部ヤバいで あとLINEを公共機関や政府自治体が使うのはまじ狂ってる

    ・TikTokは死んでもインストールしない。本当はLINEも嫌だけど仕事でも使わなくちゃいけないから入れてる( ; ; )いっそ、中華アプリと朝鮮アプリは法律で禁止して欲しいです。iPhoneもそのうちStore以外からもダウンロード出来るようになるみたいなので気を付けたいですね。

    >まさに皆様正論

          【中国】若者失業率が60%を超えた!?もう隠せない経済崩壊【ゆっくり解説】

    <ブラボーコメント>

    ・仕事探しに、日本に来るな!!

    ・GDPは宛にならないランキングです。経済ランキングなら中国はかなり下の方。ちなハントーは最下位

    >デマだらけのテレビマスコミは10~20と伝えるがそれは嘘だと言われている。専門家によると40以上とされ、現実は40~60の範囲か?

    ・衰退の仕方が、三国志時代前から同じで、全く歴史から学ばない国でww

    ・破滅へ全力疾走😂🎉

      【ミヤネ屋独自】中国の元”スター記者”激白!中国共産党『言論弾圧』の実態 伝えられない不都合な真実「もう中国には戻れない」

    <ブラボーコメント>

    ・中国にもこの様に勇気ある行動、言論を貫く人がいることに、希望を見ました。頑張って下さい。

    >ミヤネ屋で数少ない評価内容、NHKとつながりのあるCCTVに言論統制された男性 果たしてこの人は本当に信じられるのだろうか?

    日本のマスコミが隠す中国の軽く、1京を越す債務?

        中国の債務が「1京3000兆円」という驚愕事実が発覚し、誤魔化してきた経済崩壊が決定的に!【ゆっくり解説】

    <ブラボーコメント>

    ・日本に入国する中国人にはさらに注意が必要。日本の福祉が食い荒らされます。

    ・3年前のコロナ禍で帰国をしました。その頃既に北京でさえ、自給自足をして生活する市民を見てびっくり。川は汚染物質で臭いのにその水で野菜を作り食べていました。もちろん私の工場も立ち行かなくなったので、その前に畳んだのです。考えてみれば、もう5年も前に中国はダメになってたんだね。❤

     

    ・素晴らしく良く纏められた動画だった。自称ではない「神回」。